トップ > 紹介予約制について

紹介予約制について

紹介予約制について

紹介予約制とは

都立病院では、救急の場合を除いて、かかりつけ医などの地域の医療機関からの紹介を受けて患者さんの診療を行っています。かかりつけ医とは、健康や病気のことを気軽に相談したり、身体に不調がある時はいつでも診察してくれる身近な開業医のことです。
かかりつけ医は、精密な検査やより高度な治療が必要と判断した時には、高度な医療機能を持つ病院や専門病院に患者さんを紹介しています。専門病院などへの紹介が必要な場合、かかりつけ医は診断内容を書いた紹介状(診療情報提供書)を書き、患者さんに手渡します。患者さんは、紹介された病院に予約をし、紹介状を持って受診します。このようなしくみを紹介予約制と言います。

都立病院で紹介予約制を進める理由

都立病院で紹介予約制を採用しているのは、かかりつけ医などの地域の医療機関等との役割分担の考え方に基づき、都立病院の医療機能である高度専門医療などを、都民の皆様に適切に効率よく提供するためです。
そのため、都立病院では地域の医療機関と連携し、都立病院への紹介がスムーズに行われるように努めています。もちろん、緊急を要する場合には紹介や予約は不要です。

紹介状がない場合は

都立病院では、原則として、紹介状がない場合、治療費に加え、非紹介患者初診加算料として1300円がかかります。
紹介予約制の趣旨をご理解いただき、都立病院をご利用いただけるようご協力をお願いいたします。

かかりつけ医がいないかたは

かかりつけ医を持つメリットは、継続的に健康状態が管理できることです。日頃から受診していれば、既往症や服薬の状況、家族構成や生活環境を把握したうえで、総合的に診断し、必要があれば病状に応じて最も適切な病院、診療科を紹介することが可能になります。そういう意味で、かかりつけ医をもつことは非常に重要です。現在かかりつけ医がいないという方も、是非、家族ぐるみで診察してもらえる身近なかかりつけ医を持って、健康管理していくことをお薦めします。

かかりつけ医

お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課
電話 03-5320-5806