トップ > 東京ERについて

事業案内 東京ERについて

東京ERについて

都立病院では、365日24時間の安心と患者中心の医療を目指し、いつでも、誰でも、様々な症状の救急患者に対応できるよう、広尾病院、墨東病院、多摩総合医療センター及び小児総合医療センターに東京ER(総合救急診療科)を開設し、総合的な救急医療体制の充実を図っています。
*ERとは、救急処置室を意味する英語emergency roomの略語です。

東京ERとは

救急患者の診療は、その程度に応じて、

  • 入院を必要としない軽症患者を診療する初期救急入院や手術が必要な患者を診療する二次救急
  • 生命にかかわる重症・重篤な患者に対して、高度な医療体制のもとで診療を行う三次救急(救命救急センター)

に分けられています。これは、限られた人員や設備の中で効果的に救急医療を提供するための仕組みです。
東京ERでは、いつでも、誰でも、様々な症状の救急患者が受診できる体制を構築しています。初期救急と二次救急患者の診療は「救急診療科」で、生命の危機を伴う重症・重篤患者が対象となる三次救急の診療は「救命救急センター」で、専任の医師が担当しています。
来院された方に対しては、まず看護師が問診を行い、どのような症状なのか、重症で早急な診療が必要な方かどうかを判断いたします。そのため、症状に応じて診察の順番が入れ替わることや、重症な患者の診療がたてこむような状況の場合には、数時間以上お待ちいただく場合があります。

東京ERの診療体制
東京ERの診療体制

より適切に利用していただくために

  1. ERは救急専用です。一般の診療は行っておりません。専門的な治療が必要な場合等は再度来院していただくか、他の医療機関を紹介することがあります。
  2. 症状や状況によっては対応できない場合もあります。受診の際は以下の番号にご連絡ください。
  3. 症状によって順番が前後します。状況によっては数時間以上お待ちいただく場合があります。
  4. 治療は応急処置、検査は緊急的なものとなり、薬は原則として一日分のみの処方となります。
  5. 入院が必要な場合でも、病床の状況によっては転院していただく場合があります。
  6. 休日・夜間診療所の受診もご検討ください。

また、持病のある方や薬を飲んでいる方は、どんな病気でどんな治療を受けているのか、どんな薬を飲んでいるのか、病気に関する情報を医師に伝えることが大切です。ご本人が話せない場合には、ご家族や周りの方が薬の現物や袋を持っていくなど、病気に関する情報を医師に、より正確に伝えられるようご協力をお願いします。

東京都医療機関案内サービス

 URL http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp
 TEL 03-5272-0303 (24時間)

 外国語による相談は 03-5285-8181 (毎日9:00~20:00)
 ※対応言語:英語、中国語、韓国語、タイ語、スペイン語

  • 東京ER・広尾 03-3444-1181(代表) 救急受付 内線2406
  • 東京ER・墨東 03-3633-6151(代表)
  • 東京ER・多摩(総合) 042-323-5111(代表)
  • 東京ER・多摩(小児) 042-300-5111(代表)