本文へ
文字サイズ
標準
最大

研修医の1日

このページを印刷する

脳神経内科コース

神経病院に来て1年以上が過ぎました。未熟さを反省する日もあれば、成長を実感する日もあり、毎日楽しく働いております。

ある日の1日

8時20分 出勤

8時30分 診察準備

カルテ記載

受持ち患者さんの治療方針のディスカッションやカルテ記載をします

毎週火曜日には新入院患者のプレゼンテーションで指導医の先生方から指導を受けますので、毎日緊張しながら治療方針を検討しています

12時00分 昼食

13時00分 病棟業務

ベッドサイドでの診察

各病棟患者の回診をします

患者さんの状態は常に変化しますので、一時も気が抜けません

判断に迷うときは、指導医の先生の指示を仰ぎながら、自分の臨床能力を高めていくよう努力しています

16時00分 医局会(毎週火曜日)

学会発表リハーサル

毎週火曜日に行われる医局会では、症例検討や抄読会を行っています

この日は翌週に迫った学会発表に向け、リハーサルを行いました

指導医や先輩医師から厳しく指摘や質問されるので緊張しますが、学会発表はやった分だけ必ず身になります

18時00分 医局にて

仲間との談笑

日々、レジデントの仲間たちと、受け持ち症例に関する論文を調べたり、学会発表や院内カンファレンスの準備したりし、研鑽しています

同期や先輩後輩とのつながりは今後の自分の医師人生にとってとても重要な財産になると思っています

19時00分 退庁

忙しい日々ではありますが、当直などは均等に割り振られており、若手医師にとって勉強する時間は十分に確保されています

もっとも診断をつけることにさえ苦労する症例も多いので、それでも時間が足りないのが実状です

当院は脳神経内科専門医を目指す方にとっても、また内科研修の一環として脳神経内科領域の研修を行いたい方にとっても、大変恵まれた環境にある病院だと思います

脳神経内科に興味がある先生は、一度当院に見学に来ていただければと思います

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ