本文へ
文字サイズ
標準
最大

当科の診療実績

このページを印刷する

(1)退院時主病名にみる疾患状況
疾病区分 22年
(構成比)
23年
(構成比)
24年
(構成比)
25年
(構成比)
26年
(構成比)
①腫瘍 101
(11.5%)
82
(10.1%)
80
(9.5%)
121
(12.1%)
103
(10.5%)
(a)頭蓋腫瘍 70
(7.9%)
62
(7.6%)
50
(5.9%)
91
(9.1%)
49
(5.0%)
神経膠腫 28 24 21 20 17
髄膜腫 8 7 8 8 9
神経鞘腫 10 16 5 8 3
(癌)転移 3 0 2 0 0
脳下垂体腫瘍 1 0 0 0 0
胚細胞性腫瘍 0 0 0 0 0
血管芽腫 3 0 3 1 0
頭蓋咽頭腫 0 3 1 0 0
類上皮腫 3 0 1 0 0
血管腫 7 5 5 29 16
頭蓋骨腫瘍 0 3 1 2 0
悪性リンパ腫 1 0 0 1 1
その他 6 4 3 22 3
(b)脊髄腫瘍 31
(3.5%)
20
(2.5%)
30
(3.6%)
30
(3.0%)
54
(5.5%)
神経膠腫 10 7 12 2 14
神経鞘腫 10 6 10 3 15
(癌)転移 1 0 0 2 1
血管芽腫 1 0 0 3 4
血管腫 1 0 2 5 12
髄膜腫 1 0 2 0 3
骨軟骨腫 0 0 0 0 1
脂肪腫 5 7 2 4 2
その他 2 0 2 11 2
②脳脊髄血管障害 49
(5.6%)
41
(5.0%)
64
(7.6%)
87
(8.7%)
54
(5.5%)
狭窄・閉塞 8 13 7 7 4
動脈瘤 8 6 1 17 7
脳内出血 5 1 1 1 2
AVM 2 1 20 10 16
CCF 7 8 5 2 0
モヤモヤ病 8 5 8 10 3
不明SAH 0 0 0 1 0
骨髄血管障害 6 5 7 8 1
その他 5 2 15 31 21
③外傷 16
(1.8%)
21
(2.6%)
19
(2.3%)
16
(1.6%)
15
(1.5%)
慢性硬膜下血腫 5 11 9 3 1
骨折 3 5 6 8 4
(亜)急性頭蓋内血腫 0 1 0 0 2
軽傷頭部外傷 0 0 0 0 0
脳挫傷 0 0 0 0 0
脊椎損傷 6 2 3 4 1
むち打ち症 0 0 0 0 7
その他 2 2 1 1 0
④脊椎疾患 190
(21.6%)
172
(21.2%)
187
(22.2%)
146
(14.5%)
147
(14.9%)
Disc、骨棘 105 89 97 74 69
脊柱管狭窄 60 55 65 39 52
後縦靱帯骨化症 16 7 4 7 10
黄色靱帯骨化症 2 7 9 12 9
環軸脱臼 6 10 11 12 5
頚椎弯曲異常 0 0 0 0 0
その他 1 4 1 2 2
⑤機能的外科疾患 426
(48.4%)
353
(43.5%)
406
(48.2%)
551
(54.9%)
585
(59.5%)
てんかん 297 234 291 439 467
振戦 2 4 7 9 6
パーキンソン病 39 31 38 46 53
痛み 15 17 7 7 5
顔面痙攣 8 10 12 7 2
痙性斜頚 45 42 25 13 25
めまい(含むメニエール) 2 0 0 1 1
その他
(ジストニア含む)
18 15 26 29 26
⑥水頭症 13
(1.5%)
10
(1.2%)
15
(1.8%)
5
(0.5%)
12
(1.2%)
⑦奇形 38
(4.3%)
61
(7.5%)
20
(2.4%)
29
(2.9%)
19
(1.9%)
脊髄空洞症 8 5 3 5 3
狭頭症 0 6 3 2 1
アーノルドキアリ奇形 7 14 4 3 6
くも膜嚢胞 12 12 1 5 6
髄膜瘤 0 0 1 1 0
Dandy - Walker 0 0 0 0 0
その他 11 24 8 13 3
⑧炎症 10
(1.1%)
19
(2.3%)
12
(1.4%)
11
(1.1%)
11
(1.1%)
神経炎 0 0 0 1 0
脊髄炎 0 5 0 0 1
髄膜(脳)炎 2 1 5 2 5
脳膿瘍 0 1 2 1 0
脊髄肉芽腫 0 0 0 1 1
膿脊髄硬膜化膿瘍 0 0 0 0 0
その他 8 12 5 6 4
⑨末梢神経疾患 28
(3.2%)
27
(3.3%)
23
(2.7%)
20
(2.0%)
28
(2.8%)
神経線維腫 1 6 3 1 4
肘管症候群 0 1 1 2 1
手根管症候群 11 12 9 9 20
胸郭出口症候群 13 3 6 3 2
癒着性ニューロパチー 0 0 0 0 0
その他 3 5 4 5 1
⑩頭痛 2
(0.2%)
3
(0.4%)
4
(0.5%)
1
(0.1%)
0
(0.0%)
⑪腰痛 8
(0.9%)
13
(1.6%)
3
(0.4%)
2
(0.2%)
4
(0.4%)
⑫その他 0
(0.0%)
10
(1.2%)
9
(1.1%)
15
(1.5%)
6
(0.6%)
合計 881
(100.0%)
812
(100.0%)
842
(100.0%)
1,004
(100.0%)
984
(100.0%)
注1:
各年とも、1月1日から12月31日までの退院患者
注2:
他科への転出を含む。
(2) 手術件数及び術式内訳
区分 22年度 23年度 24年度 区分 25年度 26年度
総計 344 391 380 総計 407 418
Major Operations 計 319 333 342 Major Operations 計 385 407
(1)脳腫瘍摘出術 18 18 22 (1)脳腫瘍摘出術 25 14
神経膠腫 5 6 9 開頭摘出 16 9
髄膜腫 1 3 4 開頭生検(注①) 2 1
神経鞘腫 4 2 2 定位的生検(注②) 4 0
(癌)転移 1 0 0 経鼻手術 0 0
脳下垂体腫瘍 0 0 0 頭蓋底手術 1 0
血管芽腫 0 1 1 その他 脳腫瘍 2 4
類上皮腫 1 1 2      
頭蓋咽頭腫 0 2 1      
胚細胞性腫瘍 1 0 0      
血管腫 3 2 2      
悪性リンパ腫 1 0 0      
その他 1 1 1      
(2)脊髄腫瘍 30 26 26 (2)脊髄腫瘍 24 36
神経膠腫 11 5 2      
髄膜腫 2 0 2      
神経鞘腫 5 12 7      
(癌)転移 1 1 0      
血管芽腫 1 0 0      
血管腫 2 2 8      
肉芽腫 0 0 0      
骨軟骨腫 0 0 0      
脂肪腫 5 5 5      
その他 3 1 2      
(3)血管系 9 28 6 (3)血管系 6 4
動脈瘤直達手術 2 21 2 動脈瘤手術(破裂・未破裂合算) 2 2
脳内血腫除去術 0 0 0 脳内血腫除去術 0 0
AVM摘出術 5 3 1 AVM摘出術 0 0
血管吻合術 1 2 3 血管吻合術 4 0
EDAMS、EMS 1 0 0 EDAMS、EMS 0 2
内膜切除術 0 0 0 内膜切除術 0 0
その他 0 2 0 その他 0 0
(4)脊椎疾患 84 74 83 (4)脊椎疾患 81 101
椎弓切除術 21 18 28 脊髄AVM(硬膜動静脈瘻含む) 3 7
弓切+facetectmy 0 0 0 変形性脊椎症 46 44
LOVE法・拡大開窓術 9 21 16 椎間板ヘルニア 8 8
Disc摘出+前方固定 4 5 10 OPLL(OYL含む) 9 8
椎体切除+前方固定 1 0 0 脊髄空洞症(注④) 3 0
脊椎管拡大術 37 26 22      
環軸奇形・脱臼 2 3 0      
その他 10 1 7 その他 12 34
(5)機能的脳外科 143 145 177 (5)機能的脳外科 219 219
定位脳手術 29 26 27 定位脳手術 17 27
不随意運動症 24 23 27 不随意運動症・DBS 15 24
痙性斜頸 0 0 0 不随意運動症・破壊術 2 3
いたみ 0 0 0 痙性斜頸 0 0
膠腫試切(注②) 5 3 0 いたみ 0 0
てんかん手術 62 55 63 てんかん手術 128 113
脳葉切除術 18 28 30 顕微鏡下のてんかん手術 87 66
皮質切除 7 1 5 迷走神経刺激装置植え込み術 24 40
脳梁離断術 14 5 14 電極植え込み術 16 7
MST 11 2 6 再掲)脳腫瘍摘出術 (10) (7)
頭蓋内電極留置術 5 4 8      
てんかんに関連する他の手術 7 15 0 その他 1 0
脊髄後角破壊術(DREZ) 0 1 0 微小血管減圧術(注③) 4 3
脳脊髄電極埋め込み 2 10 17      
その他(IPG植え込み等) 50 53 70 その他(IPG植え込み等) 70 76
(6)末梢神経外科 20 26 22 (6)末梢神経外科 15 23
微小血管減圧術(注③) 5 12 12      
三叉神経切除術 0 0 0 三叉神経切除術    
顔面神経切除術 0 0 0 顔面神経切除術    
末梢神経吻合術 0 0 0 末梢神経吻合術    
手根管解放術 12 12 9 手根管解放術 13 23
Guyon管解放術 0 0 0 Guyon管解放術 1 0
尺骨神経転移術 0 0 0 尺骨神経転移術 1 0
腓骨神経減圧術 0 0 0 腓骨神経減圧術    
胸郭出口症候群 1 1 1 胸郭出口症候群    
その他(腫瘍など) 2 1 0 その他(腫瘍など)    
(7)奇形 14 10 4 (7)奇形 13 10
脊髄空洞症(注④) 3 1 1      
髄膜瘤形成術 0 0 0 頭蓋・脳奇形 1 7
アーノルドキャリ奇形 6 4 1 脊髄・脊椎奇形 12 3
狭頭症 0 2 0      
その他 5 3 2 その他 0 0
(8)炎症 1 3 2 (8)炎症 0 0
脳膿瘍排膿摘出 0 0 1 脳膿瘍排膿摘出 0 0
その他 1 3 1 その他 0 0
(9)外傷 0 3 0 (9)外傷 2 0
開頭硬膜外・下血腫除去 0 1 0 開頭硬膜外・下血腫除去 2 0
その他 0 2 0 その他    
(10)その他 0 0 0 (10)その他    
Minor Operations 計 25 58 38 Minor Operations 計 22 11
(1)慢性硬膜下血腫 3 12 8 (1)慢性硬膜下血腫 8 0
洗浄血腫除去 3 12 8 洗浄血腫除去 8 0
シャント(注⑤) 0 0 0      
(2)水頭症 19 25 19 (2)水頭症 14 11
V-P シャント(注⑥) 7 9 8 シャント手術(注⑥) 5 5
L-P シャント(注⑥) 0 1 0 内視鏡による水頭症手術(注⑦) 1 4
再建 7 10 8      
V-A シャント(注⑥) 0 1 0      
外誘導 0 0 0      
その他 5 4 3 水頭症・その他 8 2
(3)腫瘍減圧試切(注①) 0 2 0 (3) - -
(4)頭蓋形成 2 3 5 (4)頭蓋形成 0 0
(5)CCF要栓術 0 0 0 (5)CCF要栓術 0 0
(6)再開創(miner) 0 11 1 (6)再開創(miner) 0 0
(7)その他 1 5 5 (7)その他 0 0

下記の理由により、平成25年度以降 統計項目の名称を部分的に変更した。

  1. 開院30年を迎え、開院当初と疾病概念が変化し、これまでの枠組みにあてはまらないもの、どこに分類するのが適当か判然としないものが増えてきたこと。
  2. 腫瘍病理名など、他の統計から情報が入手可能なものを極力省き、脳神経外科学会に施設報告として毎年送られる症例登録の枠組みに併せるため。
    ※腫瘍・血管系・脊椎疾患等大項目は極力残し、旧来からのトレンドを把握する際に与える影響が最小限になる様に配慮した。
    注①
    Minor Operations・(3)腫瘍減圧試切は、Major Operations・(1)脳腫瘍摘出術・開頭生検に移行
    注②
    Major Operations・(5)機能的脳外科・定位脳手術はMajor Operations・(1)脳腫瘍摘出術・定位的生検に移行
    注③
    Major Operations・(6)末梢神経外科・微小血管減圧術はMajor Operations・(5)機能的脳外科・定位脳手術・微小血管減圧術に移行
    注④
    Major Operations・(7)奇形・脊髄空洞症はMajor Operations・(4)脊椎疾患に移行
    注⑤
    Minor Operations・(1)慢性硬膜下血腫・シャントは削除
    注⑥
    Minor Operations・(2)水頭症のシャント(V-P、L-P、V-A)はMinor Operations・(2)水頭症・シャント手術に統合
    注⑦
    Minor Operations・(2)水頭症に内視鏡による水頭症手術を新設

最終更新日:2016年3月29日

ページトップへ