本文へ
文字サイズ
標準
最大

当科の主な医療設備

このページを印刷する

聴覚機能検査機器

オージオメーター 音や言葉の聞こえを調べる器械です。
インピーダンスオージオメトリー 鼓膜の動きをみたり、あぶみ骨筋反射を調べる器械です。
耳音響反射 内耳の働きを調べる器械です。

平衡機能検査機器

重心動揺計 立位でのふらつき具合を調べる器械です。
電気眼振図計 動く光の点や線を見ることによって、通常とは異なる異常眼球運動や眼振を検出する器械です。通常は、椅子に座って調べる器械を用いて行なわれますが、当院では、椅子に座ることが困難な患者さんに対応できるように、ストレッチャーに仰向けに寝たままで検査ができるように、特別注文の天井つり下げ式のドームを設置しています。
赤外線カメラ 暗所にて出現する眼振を検出する器械です。

鼻咽喉頭および気管観察機器

鼻咽腔電子内視鏡システム 鼻咽腔や喉頭、気管内を観察し、観察した像をコンピューターで取り込んで、保存、写真として印刷できる器械です。
喉頭内視鏡 喉頭内を観察する内視鏡です。
気管支内視鏡 気管内を観察する内視鏡です。
耳鼻咽喉科診察ユニット 耳鼻咽喉科診療を行なうために必要な薬品や、吸引装置、送気装置、スプレー等を装備した器械です。通常の一般耳鼻咽喉科診察では、このユニットの横に電動椅子が設置され、患者さんが座って診察や処置を受けるスタイルをとることが多いのですが、車椅子やストレッチャーを使用している患者さんに対応できるように、電動椅子を取り払って、バリヤフリーの診察室を設けています。

耳処置用機器

手術用顕微鏡 診察室にて、局所麻酔下に鼓膜切開、鼓膜換気チューブ留置、中耳炎術後処置ができる、可動式顕微鏡で、前述の広いバリヤフリーの診察室において、呼吸器装着中の患者さんでも、ストレッチャーに乗ったままで処置を受けることができます。

その他の機器

高周波メス 気管切開孔周囲にできた肉芽を、出血を避けながら切除することができる器械です。止血にも使用しています。
酸素、吸引配管 呼吸不全や高度誤嚥をきたしている患者さんを診察する際に必要な装備です。呼吸器使用患者さんにも対応できます。万一、酸素が必要な場合にも即座に対応できます。

最終更新日:2016年3月29日

ページトップへ