本文へ
文字サイズ
標準
最大

神経眼科

このページを印刷する

概要

神経眼科とは、視覚系や眼球運動系などの機能を詳細に調べて、それらの伝達路障害の場所や程度を明らかにし、それらの情報を基に正しい診断や治療に貢献する学問です。したがって、神経眼科は、眼球とその付属器を主に扱う眼科学の一領域と考えるよりも、脳神経内科、脳神経外科、神経放射線科、耳鼻咽喉科や神経耳科などが重なり合う機能領域を扱います。具体的には、視力障害や視野障害などの視覚系障害、複視や斜視を含む眼球運動障害や眼振を含む異常眼球運動、眼瞼運動や瞳孔の障害などです。これらの障害を的確に診断を行った後、その原因の治療にふさわしい診療科を選択します。それらが眼科的な治療で扱える範囲と判断された場合は、神経病院神経眼科に入院し、手術やその他の治療を行います。

神経病院での神経眼科の役割

  1. 入院された方の快適な視機能を確保するための、適切な眼鏡の処方や指導を行ないます。
  2. 入院された方の視機能を妨げる眼科疾患(白内障、緑内障など)の診療と、手術を含む治療を行ないます。
  3. 脳神経内科で入院された方では、視覚機能障害や眼球運動障害の検査や診断、障害の程度の判定などを行ないます。
  4. 脳神経外科で入院された方では、視力や視野検査などの視機能検査を行ないます。
  5. 神経眼科で入院された方の処置、検査、手術などを行ないます。

神経眼科の入院について

神経眼科は7B病棟に1.5床をもっています。これは白内障、緑内障、斜視、眼筋麻痺、眼瞼下垂や眼瞼障害などの手術や視神経炎やぶどう膜炎などの治療に使われています。神経病院の性格と設備の上から、入院されておられる方を除き、緊急手術や外来手術の対応ができません。外来受診者の緊急手術や外来手術の必要な場合は、すべて多摩総合医療センター手術室で対応していただく、あるいは対応しています。

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ