本文へ
文字サイズ
標準
最大

神経小児科

このページを印刷する

治る小児神経を目指して 神経小児科部長 熊田 聡子

診療科長からのメッセージ

小児神経の病気は治療法の無い難病と思われがちです。しかし、最近の医療の進歩により、新しい薬や、酵素補充療法、遺伝子治療などの新しい治療法が開発されています。また脳外科的な治療も大きく発展しています。小児期の神経難病の中にも、治癒や症状軽減の期待できる病気が増えてきました。

診療科長からのメッセージの画像

神経病院には神経を専門とする多くの診療部門がそろっています。私達神経小児科は、院内の他部門と密接に連携するとともに、院外の施設とも積極的な情報交換や交流を行い、神経難病のお子さん達に的確な診断と最適の治療が提供できるよう、日々努めています。

神経小児科部長 熊田 聡子

最終更新日:2016年3月29日

ページトップへ