本文へ
文字サイズ
標準
最大

リハビリテーションを受けている難病患者さんの特徴

このページを印刷する

*過度な安静や活動性が低下することで筋力や心肺機能の低下、関節が硬くなるなど様々な症状が発生する事。その結果身体機能が低下する

障害の変化に合わせたリハビリを実施することはもちろん、現在の身体能力を最大限発揮するために生活環境を整えることが大切です。日常生活すべてがリハビリです。

病状の進行に伴い身体能力は変化していきます。現在の身体能力を評価するだけではなく、一歩先を予測しながら生活環境を整え、日常生活で実際に患者さんができるADLの方法を助言することが大切です。

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ