本文へ
文字サイズ
標準
最大

リハビリテーション科

このページを印刷する

機能障害・活動制限・参加制約に対するリハビリテーション・アプローチを行っています リハビリテーション科医長 日野創

診療科長からのメッセージ

神経病院は入院専門病院ですので、当院のリハビリテーションは一部を除き入院中の患者さんに対して提供しています。

進行性の神経難病の方は、療養生活のなかで増悪時や胃瘻や気管カニューレの交換など医療的ケアのための入院と、緊急一時やレスパイトなどの入院を繰り返すことが多く、一人の患者さんから見ると、療養生活の節目節目で当院のリハビリを受けている方が多いです。

一般的に、神経難病というと「原因不明で治療法が未確立」のものが多く、単純に「リハビリしても治るわけではない」とその意義や有効性に否定的な意見もあります。

しかしながら、患者さんはリハビリを希望する方が大半で、多くの方は退院時にリハビリをしてよかったという感想をお持ちになります。

リハビリ診察

当院のリハビリ科では、理学・作業・言語聴覚療法という切り口から、少なくとも入院前の身体機能の維持とさらなる向上、およびそれぞれの個別の療養上の困難さや課題に関して動作の工夫や用具や機器の活用を図っています。さらに、患者支援センターと連携し、在宅訪問することもあります。

施設基準としては脳血管等リハビリテーションと運動器リハビリテーションを届け出ております。さらに地域療養支援室と連携し在宅訪問をすることがあります。

また支援者支援と交流の機会として神経難病リハビリテーション地域研修会を秋冬年2回実施しています。

病気や障害の治療としての有効性を探り高めていくことだけではなく、患者さんの生活の質の維持のための提案や工夫を、地域関係者と一緒に取り組んでいくことを目指してます。

リハビリテーション科医長からのメッセージ

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ