本文へ
文字サイズ
標準
最大

薬剤科

このページを印刷する

概要

当科は、薬剤師8名(常勤5名、非常勤2名、臨時1名)、薬剤作業3名という少人数で構成されています。薬に関する様々な業務に従事し、医薬品の安全管理、適正使用に努めています。

調剤業務

内用・外用


錠剤の調剤


散剤の調剤

医師が発行した処方せんに従って、患者さま毎にお薬を調剤しています。
当院では嚥下困難な患者さまの割合が高く、散剤(錠剤を粉砕、カプセルをはずすことも行います)の処方が多数を占めています。また患者さまや介護者が安心して、服用、介助できるよう、特殊な薬品を除いて錠剤を一包化し、錠剤や散薬の分包紙には患者名・服用方法・薬品名等を印字しています。定時処方薬は患者さま毎のトレーにセットして提供しています。
糖尿病薬、ジギタリス、ワルファリン、抗がん剤、副腎皮質ステロイド剤などの初回投与時には、処方医への確認を行い、投薬の安全性向上に貢献しています。

注射

注射処方せんに基づき、患者さま毎に調剤、セットして提供しています。薬用量、配合変化、相互作用のチェックを行っています。

薬剤管理指導業務

薬剤師が病棟に赴き、患者さまに直接お薬の説明を行っています。また医師から依頼のある患者さまには効能効果や使用上の注意事項を記載した画像付きの「お薬説明書」を提供しています。

その他

  • 製剤業務
  • 抗MRSA薬のTDM(薬物血中濃度モニタリング)
  • 医薬品情報業務
  • 薬品管理業務
  • 薬事委員会や治験・受託研究審査委員会の事務局
  • ICT(感染対策)チーム、NST(栄養サポート)チームの一員

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ