本文へ
文字サイズ
標準
最大

当科の実績

このページを印刷する

多摩総合医療センター・小児総合医療センターの連携を密に多くの検査を実施している。
放射線科専門医が、CT・MRI・核医学の全検査について画像診断レポート(画像診断管理加算2算定)作成している。
脳・神経専門病院として、職員一人ひとりが専門職としての意識を高揚させ、技術の習得に向けて積極的に取り組んでいる。また、医療安全を継続する上で、日常的に職員間や患者・家族等に対し、コミュニケーションを大切にしている。
神経放射線科のMRI検査とRI検査の詳細については、以下である。

① MRI検査(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)実績

H26年度部位別
MRI検査実績 1.5Tと3T

② CT検査(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)実績

CT検査は、平成24年度3,231人、平成25年度2,606人、平成26年度2,519人である。平成26年2月に待望の80列MD-CTの導入にし、短時間検査による患者サービスと検査効率の向上に寄与している。また、当日検査も迅速に対応できる体制を組み、随時対応している。検査種別では、頭頚部CTが全体の44.4%を占める。

H26年度CT検査

③ 核医学検査(RI; Radioisotope:ラジオアイソトープ) 実績

核医学検査は、平成24年度1,299人、平成25年度1,330人、平成26年度は1,626人と大幅な検査人数増加に繋がった。平成28年1月に、新規核医学装置の始動を開始し、患者サービスと検査画質の向上に寄与している。脳疾患診断薬が開発され、その検査数が増加となった。検査種別では、神経病院の特徴である脳疾患鑑別による脳血流スペクト検査が主流である。

RI検査種別件数

最終更新日:2016年3月29日

ページトップへ