本文へ
文字サイズ
標準
最大

チーム医療

このページを印刷する

多職種の医療スタッフが連携し、患者さんに最適な医療を提供できるよう努めています

チーム医療とは

それぞれの患者さんに最も適した医療が提供できるよう、複数の医療スタッフが各部門の垣根を越えて連携し、治療にあたることを言います。
当院では、あらゆる神経・筋難病に対応できる専門病院として、各部門の専門家達が協力し、患者さんにとって最適な医療が提供できるよう日々努めています。

NST・褥瘡対策活動

神経・筋疾患患者の摂食・嚥下運動機能障害や栄養障害、褥瘡等に対して、栄養状態の評価と適切な栄養管理、及び褥瘡の改善を目的として活動しています。
NST、褥瘡それぞれのラウンドチームがあり、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、保健師等で週1回(褥瘡は隔週1回)回診を行い、栄養管理方法や処置方法について提案します。


定期的にラウンドし患者さんの栄養状態をチェック

各部門が意見を出し合い患者さんの処置方法等を検討

地域療養支援検討会議

地域療養支援室では、外来通院が困難な患者さんが、退院後、地域において安定した療養生活ができるよう、訪問診療の必要性や支援方針、専門職別の支援内容等を検討するため、地域療養支援検討会議を毎週開催しています。
構成員は、地域療養支援室長(医師)、地域療養支援室担当者(看護師、保健師)、リハビリテーション科医師、リハビリテーション担当者(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、病棟主治医、外来主治医、病棟担当看護師などです。


多職種スタッフによる支援内容等の検討

院内スタッフが密接に情報交換

呼吸サポートチーム(RST)

神経病院の呼吸サポートチーム(RST)は、呼吸ケアを必要とする神経・筋疾患の患者さんに安全で質の高い医療を提供し、適正な呼吸管理を行うために、多職種チームで病棟回診や勉強会開催等の活動をしています。


医師と集中治療室スタッフや麻酔科スタッフによる回診(RST回診)

患者さんの呼吸ケアを定期的にチェック

感染制御チーム(ICT)

患者さんはもちろんのこと、職員や病院に関係するすべての人々の感染防止を目的に活動しています。
感染症発生状況の把握、感染予防策の実施状況の確認等、病院内を定期的にラウンドし、感染拡大防止に努めています。


日々の感染対策をミーティングにて検討

定期的なICTラウンドにより院内感染の発生を防止

てんかん症例検討会

平成24年から3年連続で日本一のてんかん手術治療数を残すことができ、平成26年8月に東京都立神経病院にてんかん総合治療センターが開設されました。
てんかんの治療は抗てんかん薬の内服で発作を抑制するのが一般的でありますが、難治性てんかんの中には側頭葉てんかんなどの外科治療が有効な例も存在します。しかしながら、機能外科である「てんかんの外科治療」は脳腫瘍や脳血管障害と違い、脳神経外科領域の中でも一番、合併症を出すことが許されない分野であることは事実です。
このためてんかんの診断、手術適応の決定について非常に慎重に討議を重ねています。神経内科医、小児神経内科医、神経精神科医を含めたてんかん症例の治療検討会も定期的に開催しています。
てんかん患者さんは幼少時から発作のために周囲から差別・偏見をもたれ、結婚・就職などの大きな舞台に上がれず、よりよい人生を送れない人が多くみられます。また性格変化を伴うことがあるので、その治療においては発作抑制のみならず、心のケアも非常に大切です。
てんかん治療に興味をもつ看護師さんを中心とした「てんかん患者さんの看護」に重点を置いた症例検討会を行い、てんかん患者さんのいろんな悩みや不安を解消することに少しでもお役に立てるよう、努力しております。外科治療を主にしたてんかん臨床のみならず、看護を含めた治療のすべての面で質の高いセンター、患者さんに「この病院で治療を受けて良かった。」と心から思っていただけるセンターを目指しています。


多職種の医療スタッフでてんかん患者さんの治療や看護方針を検討

最終更新日:2016年3月29日

ページトップへ