本文へ
文字サイズ
標準
最大

基本理念

このページを印刷する

院内感染対策指針

院内感染対策に関する基本的な考え方

院内感染対策は安全な医療を実践するうえで最重要課題ととらえ、院内感染対策に病院として取り組みます。この指針に則った院内感染対策を全職員が把握し、適切かつ安全で質の高い医療サービスを患者さんに提供できるよう取り組みます。

院内感染対策のための委員会等の組織に関する基本的事項

当院における院内感染発生防止についての審議と、患者及び職員の健康管理に万全を期するために、各部署の構成員で組織された以下の委員会等を設置し、毎月1回委員会を開催しています。

(1)院内感染防止対策委員会院内感染防止対策委員会

(2)院内感染制御チーム(ICT)

また、院内感染制御チーム(ICT)は、毎週1回以上院内を巡回して、感染防止対策の推進に努めています。

院内感染対策のための病院職員に対する研修に関する基本方針

個々の職員の院内感染に対する意識を高め、感染対策を実行するために、感染対策に関する職員研修を全職員(委託業者を含む)対象に、年2回以上定期的に開催するほか、必要に応じて開催しています。

感染症発生状況の報告に関する基本指針

院内感染の発生および蔓延の防止を図るため、病院における感染症発生状況をまとめ、情報を共有、分析し、効果的な感染対策を立案します。

院内感染発生時の対応に関する基本指針

感染症が発生した場合は、委員会で情報を集約します。重大な感染事例発生の場合は、感染制御チーム(ICT)主導により、速やかに発生原因を究明し、対策を講じます。また集団発生や届出義務のある感染症患者が発生した場合は、法律に準じて、行政機関への報告、連携を図ります。

感染伝播リスクのある患者さん・ご家族に対し、蔓延防止に必要な感染対策を説明します。

患者さん等に対する指針の閲覧に関する基本方針

患者さんに安心して医療を受けていただけるよう、また患者さんに感染対策への理解と協力を得るために、この指針をいつでも閲覧できるよう院内掲示、病院ホームページに掲載し、患者さんへの情報公開に努めます。

地域連携

地域及び他の医療機関と、感染対策における情報交換や相互支援を行います。

病院における院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策の推進のため、院内感染防止対策マニュアルを整備し、全職員への周知徹底を図ります。またマニュアルは最新の情報に基づき、定期的な見直しを行います。

病院職員は、日頃から自身の健康管理を十分に行い、感染症罹患時又はその疑いのある場合は、速やかに院内報告体制に基づき報告をし、感染を拡げないよう努めます。

当指針は、平成24年4月1日、都立神経病院医療安全管理指針より独立して新たに制定し、同日より施行する。

最終改訂 平成29年4月17日

最終更新日:2017年3月31日

ページトップへ