各病院の取組

広尾病院

広尾病院 外観

基本方針

  • 高度な三次救急医療を含む「東京ER・広尾」を担い、他の医療機関では受入困難な傷病や多様な疾病に対応する救急医療を提供する。
  • 基幹災害拠点病院として、東京都における災害医療全体の水準向上に貢献する。
  • 脳血管疾患・循環器疾患の救急体制を強化することで、高齢化による救急患者の増加や重症化に対応する。

機能強化の方向性

  1. 「東京ER・広尾」の機能強化
  2. 災害時の医療提供体制の強化
  3. 脳血管疾患医療及び心臓病医療の強化
  4. 島しょ医療の強化

大塚病院

大塚病院 外観

基本方針

  • 主にハイリスク患者を対象とした高度・専門的な周産期・小児医療を提供する。
  • 救急診療体制の強化を図り、高齢化などを背景とした救急医療ニーズの増加に積極的に対応する。
  • 地域医療機関との連携を積極的に推進し、地元区や地元医師会等と協力して、地域の在宅医療を実施する医療機関等を支援する取組を推進する。
  • 大規模劣化改修工事を念頭に施設設備の老朽化に適切に対応するとともに、医療機能の強化やアメニティの向上などを検討する。

機能強化の方向性

  1. 周産期医療の機能強化
  2. 小児医療の機能強化
  3. 救急受入体制の強化
  4. 在宅医療支援の推進
  5. 災害時の医療提供体制の強化

駒込病院

駒込病院 外観

基本方針

  • 他の医療機関では対応困難な合併症を伴うがん、難治性がん、再発がん等に積極的に取り組む。
  • 都道府県がん診療連携拠点病院として、都におけるがん医療水準の向上に貢献する。
  • エイズ、一類・二類感染症及び新たな感染症を中心とした各種感染症について、専門的な医療を提供する。
  • 再編整備により強化された医療機能等を最大限に活用し、より高度で専門的な医療を提供する。
  • PFI手法を活用した病院運営を進める中で、PFI事業者と協力し、患者サービスの向上を図るとともに、効率的な病院運営を行う。

機能強化の方向性

  1. 東京都のがん医療課題への積極的な対応
  2. がん患者の高齢化に対応した集学的かつ低侵襲な治療等の充実
  3. 感染症医療への積極的な取組
  4. 先進医療・治験・臨床研究の強化・拡充
  5. 災害時の医療提供体制の強化

墨東病院

墨東病院 外観

基本方針

  • 三次救急医療を含む「東京ER・墨東」や周産期医療など複数のセンター的医療機能を担い、区東部保健医療圏を中心に区部全域を対象にした広域基幹病院としての役割を果たす。
  • 引き続き、総合診療基盤の充実に努め、重点医療である脳血管疾患医療、心臓病医療、難病医療など、各診療科が連携し、高度な医療を提供する。
  • 高齢者や合併症患者等の増加を見据え、重症患者を確実に受け入れられるよう救急医療体制を強化する。
  • 感染症医療機能の強化と地域連携体制の推進により、区東部保健医療圏の感染症対応力の向上を図る。
  • 地域医療連携のコーディネート機能を強化し、これまで以上に地域医療機関との連携体制の強化を図る。

機能強化の方向性

  1. 将来の高度急性期化に向けた機能強化
  2. 「東京ER・墨東」の機能強化
  3. 感染症医療体制の強化
  4. 周産期医療体制の充実
  5. がん医療の推進
  6. 患者相談・支援体制の強化
  7. 総合診療基盤の強化
  8. 災害時の医療提供体制の強化

多摩総合医療センター

多摩総合医療センター 外観

基本方針

  • 三次救急をはじめとする「東京ER・多摩[総合]」及び精神科救急を含む救急医療、がん医療、周産期医療を三本柱として、医療機能の更なる充実強化を図り、多摩地域全体の医療水準の向上を目指す。
  • 引き続き、総合診療基盤の充実に努め、重点医療である脳血管疾患医療・心臓病医療、難病医療、造血幹細胞移植医療など、各診療科が連携し、高度な医療を提供する。
  • 地域医療連携のコーディネート機能を充実させ、これまで以上に地域医療機関との連携体制の強化を図る。
  • 多摩メディカル・キャンパス内施設における中心的な役割を担い、他施設との連携強化を進める。
  • PFI手法を活用した病院運営を進める中で、PFI事業者と協力し、患者サービスの向上を図るとともに、効率的な病院運営を行う。

機能強化の方向性

  1. 将来の高度急性期化に向けた機能強化
  2. 「東京ER・多摩[総合]」の機能強化
  3. がん医療の強化
  4. 周産期医療の強化
  5. 脳血管疾患医療及び心臓病医療の強化
  6. 総合診療基盤の強化
  7. 災害時の医療提供体制の強化
  8. 多摩メディカル・キャンパス内の連携強化

神経病院

神経病院 外観

基本方針

  • 東京都における脳・神経難病医療の拠点として、脳神経系疾患、特に神経難病・筋疾患に対する高度・専門的医療を、初期から慢性期に至る全ての段階に応じて提供する。
  • 東京都の神経難病医療を向上させるため、福祉保健局等と連携し、都内の医療、介護、福祉施設、保健所及び区市町村を含む難病医療ネットワークの中核的病院として、人材育成と技術協力を行う。
  • 神経難病医療に係る診療を基盤とした臨床研究拠点として、神経再生医療、新治療法の開発・治験及び希少疾患の病態解明について、治療成果に基づく臨床研究に取り組む。また、最新の研究成果に基づく先進的な医療を提供する。

機能強化の方向性

  1. 神経難病医療の充実強化
  2. 神経難病医療における在宅医療の推進
  3. 神経疾患医療への包括的な取組
  4. 高度な臨床研究の推進
  5. 災害時の医療提供体制の強化
  6. 多摩メディカル・キャンパス内の連携体制強化

小児総合医療センター

小児総合医療センター 外観

基本方針

  • 小児の「こころ」から「からだ」に至る高度・専門的な医療及び重症の救急患者を中心とした急性期の医療を提供し、東京都における小児医療の拠点としての役割を果たす。
  • 小児医療の中核として、他施設との連携強化や人材交流を進め、東京都における小児医療水準の向上を目指す。
  • PFI手法を活用した病院運営を進める中で、PFI事業者と協力し、患者サービスの向上を図るとともに、効率的な病院運営を行う。

機能強化の方向性

  1. 重症患者対応の拡充
  2. 小児専門医療の強化
  3. 小児精神医療の充実
  4. 周産期医療体制の強化
  5. 子ども・家族支援部門の拡充
  6. 先進医療・治験・臨床研究の強化・拡充
  7. 災害時の医療提供体制の強化
  8. 多摩メディカル・キャンパス内の連携強化
  9. 人材育成を通じた東京都の小児医療水準の向上への寄与

松沢病院

松沢病院 外観

基本方針

  • 精神科急性期医療を中心とし、専門性の高い精神疾患に対応するとともに、他の医療機関や保健・福祉施設などと密接な連携を推進し、東京都における精神科医療の拠点としての役割を果たす。
  • 一般の精神科病院では対応困難な、精神科身体合併症医療や精神科救急医療、精神科特殊医療に対応する。
  • 増加する認知症疾患に適切に対応するとともに、地域関係機関との連携・協働体制を強化し、地域で療養可能な患者の地域移行を促進する。
  • 一般医療機関では対応困難な長期入院患者への医療を提供するとともに、「入院医療中心から地域生活中心へ」という国の方針を踏まえ、退院促進や地域生活支援に取り組む。
  • PFI手法を活用した病院運営を進める中で、PFI事業者と協力し、患者サービスの向上を図るとともに、効率的な病院運営を行う。

機能強化の方向性

  1. 精神科身体合併症医療の強化
  2. 認知症疾患医療センター機能の強化
  3. 社会復帰支援機能の強化
  4. 精神科特殊医療の充実
  5. 災害時の医療提供体制の強化
  6. 高度な臨床研究への取組