文字サイズ 標準 | 日本語 | English |
  • ホーム
  • 小児総合医療センターの特徴的な取組
  • 臨床研究支援センター

臨床研究支援センター

臨床研究支援センターの組織図

 東京都は、平成25年に掲げた都立病院改革推進プランhttp://www.byouin.metro.tokyo.jp/suishin/documents/kaikaku-suishin-plan_2.pdfにおいて、臨床研究・先進医療等の推進を課題としてあげ、臨床研究の支援・管理体制の整備に取り組んでいます。当院は取組病院として体制を整備し、平成25年臨床研究支援センターを設立しました。臨床研究支援センターは当院内部の研究を活性化させる2部門と、外部施設の研究支援を行う3部門で設立されています。
 なお、当院は2016年9月9日に東京圏国家戦略特区における「保険外併用療養に関する特例対象医療機関」として認定されました。

診療科のページ

「小児の専門病院として」臨床実績を生かし、小児医療に関する医薬品・医療機器の治験、質の高い臨床試験に取り組んでいます。
このような各科の治験や臨床試験の活動を促進することが、われわれ臨床試験科の主な業務です。
2014年度からは臨床研究支援センターが設置され、臨床試験科が中心となって、院内の研究だけなく、多施設共同研究や院外の研究の支援、啓発活動、そして、施設間ネットワーク活動の推進をしています。