文字サイズ 標準 | 日本語 | English |
  • ホーム
  • 小児総合医療センターの特徴的な取組
  • 小児がん医療

小児がん医療 〜小児がん拠点病院〜

小児がん拠点病院

子どもがん相談支援センター

 平成25年2月、東京都立小児総合医療センターは「小児がん拠点病院」に指定されました。

小児がん拠点病院とは・・・

 小児がん患者とその家族が安心して適切な医療や支援を受けることができる環境の整備を目的に厚生労働省が指定した施設です。全国を7つの地域ブロックに分け、全国で15施設が指定を受けました。
 当センターが担当する関東甲信越ブロックは、4つの拠点病院が指定され、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野の10都県の小児がん対策の中心的役割を担ってまいります。

東京都立小児総合医療センターの提供する小児がん医療

診療圏:
 多摩地域、23区西部、埼玉県南西部・西部、神奈川県北部、山梨県のほか、最重症患者には診療圏を越えて対応

集学的治療を要する重症小児がんへの対応

  • 治療抵抗例、再発例などの難治性小児がんに対応
  • 血液浄化、人工心肺など重症集中管理を要する小児がん治療に対応(小児救
    急医、集中治療医によるドクターカー、ヘリ、 PICU を利用した重症管理)
  • 腹部腫瘍、脳腫瘍等包括的医療を必要とする固形腫瘍に対応

地域における小児がん医療および支援

  • 地域における小児がん症例に責任を持って対応
  • 患者さんの利便性に配慮した対応
  • 退院後は地域の医療機関と連携

多職種によるチーム医療

  • 緩和ケアサポートチームによる小児に特化した緩和ケアの提供
  • 腫瘍カンファレンスによる治療方針の確認、決定
  • 小児総合診療基盤による優れた合併症医療

長期フォローアップ

  • 多診療科による高度で包括的な長期フォローアップ
  • 多摩総合医療センターと連携した移行医療モデルの構築

患者家族支援

  • 子ども家族支援部門による心理社会的なサポート
  • 子どもがん相談支援センターによるサポート
  • 市民に対する小児がん啓発活動の実施
  • ドナルド・マクドナルドハウスふちゅう(宿泊施設)
  • 都立武蔵台学園府中分教室、ピアサポーターとの協働による支援

人材育成支援

  • 小児がん診療機関と連携した若手血液・腫瘍医育成
  • コメディカル育成支援
  • 研究会、公開カンファレンスの開催

臨床研究支援

  • 臨床研究支援センターによる医師主導治験、多施設共同研究のサポート

診療科・診療実績等

小児がんに関する主な診療科

院内における検討・実施体制

 小児がん拠点病院としての事業については、院長をはじめとする多職種のスタッフにより構成される院内組織「小児がん拠点病院事業推進室」において検討・実施しており、自施設の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、がん患者の療養生活の質について把握・評価し、課題認識を関係者で共有した上で、改善策を講じています。

東京都がんポータルサイト(外部サイト)

緩和ケアサポートチーム

 東京都立小児総合医療センターは、わが国の小児医療の発展をめざし、以下の方針に従い、小児疾患に対する診断法や治療法の開発に必要な質の高い臨床研究を実施しています。

  • すべての臨床研究は、小児患者および保護者の権利を最優先し、「ヘルシンキ宣言」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を遵守し、東京都立病院の「子ども患者権利章典」も尊重して実施します。
  • すべての臨床研究は、外部委員を含む独立かつ公正な倫理審査委員会において、厳正な審査を受けて承認を得ることを必須としています。
  • 様々な小児疾患の病態を解明し、正確で迅速な診断法や革新的な医薬品・医療機器の開発につながる質の高い臨床研究をめざします。
  • わが国の小児医療を牽引する施設として、臨床研究を適切に行える医療人の育成に貢献し、当院のみならず他の医療機関における臨床研究も支援します。
  • 臨床研究の質と透明性を確保するため、病院長をトップとした厳重な管理体制により、不正の防止と適正な実施に努め、不正行為に対して厳しい姿勢で臨みます。

小児がん看護研修

 小児総合医療センターでは、小児がん患者とその家族が、安全に治療を受け、安心して入院生活を送ることができるように、さらなる小児がん看護の質の向上を目指していきたいと考えています。
 当院は開設してから9年が経ち、小児がん経験者も増え、外来やさまざまな病棟で小児がん経験者の顔をお見かけするようになりました。
 小児がん経験者のその後の身体面、精神面の支援、乳幼児期に小児がんを発症した子どもへの病気の説明など、課題も多くなってきております。
 そのため、当院では小児がん拠点病院として、診断時から移行まで継続した看護実践ができるように「小児がん看護研修」を実施いたします。
 院外からも申込いただけますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

年間スケジュール

2019年度 小児がん看護研修 年間スケジュール

研修内容

対象

 医療関係者及び教育関係者(職種は問いません。)

申込方法

 「所属機関名」、「連絡先電話番号」、「参加者全員の氏名」を以下のメールアドレスまで送付してください。
(申込期限は各研修実施日の前日まで)
 e-mail sn_cancersupport3(at)tmhp.jp
 ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの標記を変更しております。
  お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用下さい。

問い合わせ先

庶務課企画担当 田中
TEL:042-300-5111(内線3422)

都立武蔵台学園府中分教室

その他