文字サイズ 標準 | 日本語 | English |
  • ホーム
  • 小児総合医療センターの特徴的な取組
  • 小児がん医療

小児がん医療 〜小児がん拠点病院〜

 平成25年2月に国が指定する「小児がん拠点病院」に指定され、小児がん診療に積極的に取り組んでいます。白血病等の血液腫瘍、脳腫瘍や脊髄腫瘍、神経芽腫等の固形腫瘍と偏りなく診療を行い、集学的治療を要する重症小児がんへの対応も行っています。

 院内学級(都立武蔵台学園府中分教室)も設置されており、入院しながらでも義務教育を収めることができます。高校生を含めたAYA世代(思春期・若年成人:Adolescent and Young Adult)のがん患者への対応にも積極的に取り組んでいます。また緩和ケアサポートチームが早期から介入を行っており、患者さん及びご家族へのサポート体制も整備しています。

 小児がん経験者及び造血細胞移植患者に対する長期フォローアップを目的として平成28年に「長期フォローアップ外来」を開設しました。長期フォローアップに習熟した医師と、造血細胞長期フォローアップ研修を受講した看護師が担当し、必要に応じてMSW(医療ソーシャルワーカー)や心理士との連携も行っています。

 東京都では、都内の小児がん拠点病院及び東京都小児がん診療病院による「東京都小児がん診療連携協議会」を設置・運営しています。当院は協議会の事務局を務めています。協議会では、小児がん診療連携ネットワークの構築、普及啓発活動、医療従事者に対する研修の実施などの取組を行っています。

診療科のページ

白血病から固形腫瘍、免疫不全症など様々な疾患に対応し、悪性腫瘍の兆候がみられるお子さんに対して、それぞれに合った安心できる医療をご提供します。免疫性血小板減少性紫斑秒等の非悪性腫瘍についても、当科が併診し、総合診療科において検査治療を行います。
当科では小児脳脊髄腫瘍の治療を多く手掛けており、手術においては開頭手術や内視鏡手術、定位的手術など疾患・状態に応じた方法を選択します。長期入院のお子さんには、子ども家族支援部門と協働して入院中の学校生活や教育支援を行い、退院後にスムーズにもとの生活に戻れるようサポートします。

小児がん拠点病院について

小児がん診療を行う各病院の連携先・中核として厚生労働省より指定を受けており、厚労省での検討会により平成25年の整備以後初の見直しが行われ、引き続き15施設のうちの1つを当センターが担います。高校生のがん患者に対しても幅広く治療を行います。