文字サイズ 標準 | 日本語 | English |
  • ホーム
  • 小児総合医療センターの特徴的な取組
  • 周産期医療

周産期医療 〜総合周産期母子医療センター(新生児部門)〜

 多摩総合医療センターの産科部門と一体となった都内最大規模の「総合周産期母子医療センター」として、NICU(新生児集中治療管理室)24床、GCU(中等症・回復期治療室)48床を有しており、M−FICU(母体・胎児集中治療管理室)を活用したハイリスク妊産婦に対する医療及びNICUを必要とする新生児への高度な医療を提供しています。また、院外出生に対しても、365日24時間、新生児ドクターカーで対応しています。


NICU

GCU

NICU入院児支援コーディネーター

 NICU入院児支援コーディネーターは、NICU・GCUに入院した赤ちゃんとご家族に対して退院に向けた支援をさせて頂く看護師です。入院による不安や赤ちゃんとの生活の準備などについて地域の社会資源の活用や専門職・多職種と連携し、安心してお家に帰れるようお手伝いをさせていただきます。また、退院後のお悩みも一緒に考えていきますのでいつでもお声かけください。何かありましたら、医師・看護師または、看護相談(うりぼうカウンター)までお立ち寄り下さい。


カンファレス中

ふれあい室

診療科のページ

新生児期のあらゆる疾患に対して多摩総合医療センター産科と連携をとりながら、小児総合病院の特色を生かした医療をご提供します。関連各科と連携をとり、育児や発達、療育環境への支援も行います。院外出生には新生児用救急車による新生児搬送を行い、多摩地域の基幹病院として新生児入院のトリアージを行います。
多摩地区の周産期医療を担い、ハイリスク妊婦・褥婦を、母体搬送やハイリスク妊婦の紹介初診外来受け入れています。精神疾患合併妊娠、神経内科疾患合併妊娠、結核合併妊娠等の症例についても関係各科と連携して行います。

総合周産期母子医療センターについて

 総合周産期母子医療センターは、母体・胎児集中治療管理室(M−FICU)を含む産科病棟及び新生児集中治療管理室(NICU)を備えた医療機関です。常時、母体・新生児搬送受入体制を有し、母体の救命救急への対応、ハイリスク妊娠に対する医療、高度な新生児医療等を担っています。

 当院は、隣接する多摩総合医療センターの産科部門と一体で総合周産期母子医療センターに指定されています。また、緊急に母体救命処置が必要な妊産婦を必ず受け入れる母体救命対応総合周産期母子医療センター(スーパー総合周産期センター)にも一体で指定されています。多摩地域に二箇所ある総合周産期母子医療センターのうちの一つとして、新生児救急のセンター的機能を担っています。


GCU沐浴室

ドクターカー