臨床研究について


旧病院における検体保存について

旧都立小児病院(清瀬小児病院、八王子小児病院)の保存検体および病理標本の検体の保管と 教育、研究への利用についてお知らせいたします。

  • 都立小児総合医療センターでは、旧都立小児病院(清瀬小児病院、八王子小児病院)で、血液や尿などをはじめとし、病理診断のための生検試料、手術で切除した組織などの試料を、将来的に、何らかの研究に利用させていただくことがあります。
  • ヒト試料等を用いた研究では、試料等を提供された患者さんご本人、ご両親などの代諾者の方に説明し、同意をいただいたうえで研究に使う、というのが原則です。しかしながら、旧病院に受診されていた方すべてに改めて連絡を取り、説明をし、ご回答をいただくことは極めて困難です。
  • 試料や診療情報を研究に利用する時は個人情報保護の厳守をいたします。実施される研究は、対象となる方の安全と人権を守るために、ヘルシンキ宣言や人を対象とする医学系研究に関する倫理指針、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針など、様々な法規・規範の遵守が求められています。

    特に遺伝子解析研究では、プライバシー保護は厳重に行われ、個人情報識別管理者の責任において、匿名化された試料、情報を用いて行うことになっています。倫理委員会での審査を経て実施が許可された研究課題とその概要は今後、ホームページの「実施中の臨床研究のご案内」にも掲載し、希望されればその情報を提供いたします。
  • 当院倫理審査委員会で、個人の人権とプライバシーが十分保護され、研究としての意義について審査を経て、承認された研究のみ利用させていただくことにしております。その研究内容は、東京都立小児総合医療センターのホームページに公開されます。

    研究過程および研究結果の発表に際して、患者さんの個人情報は、匿名化がなされ、一切公開されません。ご自身の提供された検体の研究での利用は、いつでも拒否することができます。また、拒否することにより、診療上、不利益を被ることは一切ありません。

    検体の利用を希望されない方や、さらに情報が必要な方は担当医に申し出るか、下記問い合わせ窓口にご連絡ください。

問い合わせ窓口:東京都立小児総合医療センター 庶務課・庶務係 電話:042-300-5111 内線3420

このページの一番上へ戻る