診療科のご紹介


総合診療科

概要

 総合診療科では、外来から入院診療まで幅広い診療と、後期研修医に対する教育、若手医師が中心となる臨床研究(立案から報告まで)を行っている。
 外来は救命救急科と補完して共同で行うERと、より小児内科的な慢性疾患を扱う予約外来からなる。ERでは1次救急から対応するため、市中病院と同様に肺炎・気管支炎に代表される呼吸器疾患、胃腸炎・脱水・腸重積に代表される消化器疾患、気管支喘息・アナフィラキシーに代表されるアレルギー疾患、熱性けいれん・てんかんに代表される神経疾患や川崎病などバラエティに富む。けいれん発達外来、尿路感染症外来、川崎病外来については、各専門診療科指導医のもとに後期研修医が外来を担当するなど、ER・外来においても各専門診療科が互いに協力し合い診療にあたっている。
 入院に関しても、専門性の高い医師がそろう子ども病院の総合診療科として、専門診療科と適切な分業及び共同作業を目指している。具体的には専門診療科症例に総合診療科が併診として、小児内科的疾患合併の診断・管理や在宅移行・虐待症例などの対応などもおこなっている。
 後期研修医に対する教育では、屋根瓦式教育を実施している.具体的には後期研修医1年生の上に中級指導医として2・3年目の後期研修医、その上に上級指導医として総合診療科スタッフがおり,教育・指導とともにチーム医療をおこなっている。総合診療科スタッフは若手医師の主体的活動をサポートし、円滑に業務がおこなえるように配慮している。
 臨床研究に関しては、臨床試験科の協力のもと、現在4種類の前向き臨床研究が総合診療科でおこなわれている。後期研修医は自分たちで立案し、報告までをおこなうことを目指しており、学年ごとにテーマを決め,前向き研究をおこなっている。

平成28年度の運営状況

 後期研修医は1年目9人、2年目7人、3年目8人、育休明け4年目相当1人、自治医大卒業小児科3年目(医師9年目)1人であり、サブスペシャリティレジデント1年目1人。専任スタッフは、部医長4人、医員2人、非常勤スタッフ1人であり、その他専門診療科からの兼任スタッフ(部門長を含め7人)がいる。
 週2回の症例カンファ、春に行われる集中講義の他に、各専門診療科による勉強会を適宜開催している。年5回の都立病院小児科onlineカンファ、年2回の国立成育医療研究センターとの合同勉強会も定着し、若手スタッフを中心に後期研修医が主体的に行っている。

外来

総合診療科予約外来:月曜から金曜の午前
ER:救命救急科と総合診療科のスタッフ(一部兼任スタッフで指導医を担当し、後期研修医や救命救急科の研修医の診療を指導している。
けいれん発達外来:月曜日午後
尿路感染症外来:火曜日午後
川崎病外来:金曜日午後

  • 紹介:
  • 2,538人(総合診療科およびER)
    このうち、府中市、近隣5市(国分寺市、立川市、国立市、小平市、小金井市)以外からの紹介が1,306人と半分強を占めている。

入院

1,815人の入院があった。平均在院日数は9.2日、1日平均47.0人(病床利用率106.8%)の患者を主科として診療を行った。基礎疾患を有す患者の割合が比較的高く、胃管などの消化器系や気管切開などの呼吸器系に何らかのデバイスを必要とする患者がおよそ1/3を占めた。
また、児童・思春期精神科の併診26人など、他診療科の治療のために入院した症例の全身管理などを目的とした併診を担当した。

論文・学会発表

学会・研究会での講演・論文発表:48件
(査読のある論文の筆頭著者:5件)

指導医・専門医資格(平成29年4月現在、専任スタッフのみ)

日本小児科学会暫定指導医4人、専門医9人
昨年秋の小児科学会専門医試験合格後期研修医11人
そのほかに、専任スタッフの所有指導医・専門医資格として以下のものがある。
日本腎臓学会専門認定医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医、
日本移植学会移植認定医、日本アレルギー学会認定専門医、
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医

診療実績1

  平成26年度 平成27年度 平成28年度
外来症例(/日) 108.2 107.0 107.0
紹介症例(/年) 2,678 2,800 2,538
新入院症例(/年) 1,941 2,035 1,815
平均在院日数(日) 8.6 8.3 9.2
平均入院症例(/日) 46.3 46.7 47.0
病床利用率(%) 105.1 106.1 106.8

診療実績2:入院症例上位5疾患

診療実績(人) 平成26年度 平成27年度 平成28年度
肺炎・気管支炎 186 221 221
川崎病 121 114 109
気管支喘息 150 179 107
熱性けいれん 70 125 106
尿路感染症 64 86 81

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
長谷川 行洋
(はせがわ ゆきひろ)
部長
内分泌・代謝科
兼務
小児内分泌代謝学 日本内分泌学会専門医・指導医(小児科分野)、
日本小児科学会専門医
幡谷 浩史
(はたや ひろし)
部長
診療科責任者
小児腎臓病全般、
小児透析、膠原病
日本小児科学会専門医・認定小児科指導医、
日本腎臓学会認定専門医・指導医、
日本透析医学会専門医・指導医、
日本移植学会移植認定医
三山 佐保子
(みやま さほこ)
神経内科部長
兼務
小児神経学 日本小児科学会専門医、
日本小児神経学会専門医、
日本てんかん学会専門医・指導医
赤澤 晃
(あかさわ あきら)
アレルギー科部長
兼務
小児アレルギー 日本小児科学会専門医、
日本アレルギー学会認定専門医
榊原 裕史
(さかきばら ひろし)
医長 小児救急、小児循環器 日本小児科学会専門医・認定指導医
鈴木 知子
(すずき さとこ)
医長 小児一般 日本小児科学会専門医・認定指導医
冨田 直
(とみた すなお)
神経内科医長
兼務
小児神経学、
在宅支援担当
日本小児科学会専門医、日本小児科学会認定指導医
吉橋 博史
(よしはし ひろし)
臨床遺伝科医長
兼務
臨床遺伝学、新生児学、遺伝カウンセリング 臨床遺伝専門医、日本小児科学会専門医
堀越 裕歩
(ほりこし ゆうほ)
感染症科医長
兼務
免疫科兼務
小児感染症、感染制御、抗菌薬の適正使用プログラム、国際保健 日本小児科学会専門医、
米国感染症学会会員、欧州小児感染症学会会員、
米国病院疫学学会会員、欧州臨床ウィルス学会会員、
国際小児保健研究会会員、
Infection Control Doctor(感染制御医師)
絹巻 暁子
(きぬまき あきこ)
医員 小児一般 日本小児科学会専門医
仁後 綾子
(にご あやこ)
医員 小児一般 日本小児科学会専門医、
日本アレルギー学会認定専門医、PALSプロバイダー
松島 崇浩
(まつしま たかひろ)
医員 小児一般,臨床遺伝学? 日本小児科学会専門医、
日本人類遺伝学会遺伝専門医、PALSプロバイダー
小川 優一
(おがわ ゆういち)
医員 小児一般、虐待 日本小児科学会専門医、
PFCCSプロバイダー、虐待被害児診察技術研修・BEAMS3・RIFCR研修修了
有山 雄太
(ありやま ゆうた)
非常勤
赤塚 早紀
(あかつか さき)
非常勤 日本小児科学会専門医

このページの一番上へ戻る