診療科のご紹介


新生児科

診療科のご紹介

東京都多摩地域の新生児救急を担っています。

 新生児科は、棟続きの多摩総合医療センター産科と協力して総合周産期母子医療センター及びスーパー総合周産期センターとして、東京都多摩地域の新生児救急を担っています。72床(NICU 24床、GCU 48床)で運営しており、感染隔離室2床、手術室1床を備えています。

24時間365日、ドクターカーで対応

 夜間も2名当直体制をとり、院内出生のみならず、院外出生に対しても、24時間、365日、高度救急救命ドクターカーで対応しています。 当院での受け入れが困難な場合には、責任を持って他施設へ三角搬送を行います。2010年3月の開設から2015年3月現在で約3,500名の入院診療を行いました。

母乳育児や発達、養育環境の整備を入院中から支援

 院内のあらゆる科と緊密に連携をとり、新生児期のあらゆる疾患に対して、小児総合病院の特色を生かした医療を提供しております。 また、国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)や、臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーNICU入院児支援コーディネーター家族支援部門(MSW、臨床心理士、児童精神科医、小児神経科医)療育チームなどと協力して 母乳育児や発達、養育環境の整備を入院中から支援しています。
 外来では発達のフォローアップ、感染流行期にRSウイルスに対するシナジス投与を行っています。

こんな症状のお子さんが対象です

新生児期のあらゆる疾患に対応します。手術が必要な疾患にも対応が可能です。

  • 早産・低出生体重児黄疸
  • 遺伝性疾患 (染色体異常、多発奇形、骨系統疾患など)
  • 呼吸器疾患 (一過性多呼吸呼吸窮迫症候群胎便吸引症候群空気漏出症候群(気胸、縦隔気腫など)無呼吸発作、気道狭窄、肺低形成など)
  • 循環器疾患 (先天性心疾患、不整脈など)
  • 内分泌・代謝疾患 (下垂体疾患、甲状腺疾患、外性器異常、先天代謝異常症など)
  • 血液・腫瘍疾患 (溶血性貧血・黄疸、骨髄不全、リンパ管腫、奇形腫など)
  • 感染症 (細菌感染、ウイルス感染、先天結核など)
  • 消化器・栄養疾患 (低血糖初期嘔吐、胃出血、血便、消化管アレルギーなど)
  • 外科疾患 (食道閉鎖、気管狭窄、横隔膜ヘルニア、消化管閉鎖、鎖肛、ヒルシュスプルング病、腹壁破裂など)
  • 形成外科疾患 (口唇口蓋裂、多合指、頭蓋縫合早期癒合症などの外表奇形、血管腫など)
  • 整形外科疾患 (骨折、内反足・反跳膝・短縮など四肢の異常、股関節脱臼など)
  • 神経・筋・脳外科疾患 (新生児仮死、痙攣、ミオパチー、水頭症、脳形成異常、脊髄髄膜瘤など)
  • 泌尿器科疾患 (腎不全、嚢胞腎・水腎症などの腎尿路奇形、尿道下裂・あいまい外性器などの性器異常など)
  • 皮膚科・耳鼻科・眼科疾患 (母斑、表皮水疱症、色素失調症、外耳奇形、未熟網膜症など)
  • 合併症をもつ母体から出生した児 (精神疾患、自己免疫疾患、遺伝性疾患など)
  ※下線を引いた疾患をクリックすると、簡単な説明が別ウィンドウで開きます。

高度医療

  • 脳低温療法/低体温療法
  • 一酸化窒素吸入療法
  • 窒素吸入療法(低酸素療法)
  • 膜型人工肺を用いた呼吸循環補助
  • 持続血液濾過透析

などを行っています。

医療機関の先生方へ

入院のご依頼のみならず、新生児に関することでしたらなんなりとご連絡ください。

先生方のご不明な点につきまして情報提供いたします。これからも“医療は楽しく”をモットーに“とびっきり優しいNICU”を目指して努力してまいりますので、 よろしくお願い申しあげます。
また、できる限り多くの患者さんを受け入れるために、状態の安定した患者さんの戻り搬送(back transfer)、転院にご理解とご協力くださいますようお願い申しあげます。

診療実績

2014年度の入院患者数は682名(院内出生372名、院外出生310名)、三角搬送患者数24名、往診23名でした。

入院患者の主な疾患は以下のとおりです。

  2012
年度 
 2013
年度
 2014
年度
開設
以来
合計数
入院数  総数
765
 710  682 3,567
  院内出生
413
 403  372 1,997
院外出生
352
 307  310 1,570
主な内訳  低出生体重児   1000g未満
30
 57  30 208
1000~1499g
52
 45  42 242
1500~2499g
243
 275  252 1,304
 早産児  在胎28週未満
27
 53  29 199
在胎37週未満
274
 303  287 1,478
染色体異常・先天奇形症候群
39
 54  54 217
先天性心疾患(動脈管開存を除く)
54
 71  52 300
小児外科疾患
46
 50  34 207
口唇口蓋裂
11
21 16 71
腎・泌尿器疾患
24
 24  9 90
脳低温療法
9
 11  9 49

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
近藤 昌敏
(こんどう まさとし)
部長
診療科責任者
新生児 日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会指導医
日本周産期・新生児医学会評議員
日本新生児成育医学会評議員
日本小児消化器栄養肝臓学会認定医
新生児蘇生法インストラクター
柿沼 亮太
(かきぬま りょうた)
医長 新生児 日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会指導医
日本周産期・新生児医学会評議員
新生児蘇生法インストラクター
新藤 潤
(しんどう じゅん)
医長 新生児
臨床遺伝
母乳育児支援
日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会評議員
臨床遺伝専門医
IBCLC(国際認定ラクテーション・コンサルタント)
PALSプロバイダー
温泉療法医
日本旅行医学会認定医
山 千雅子
(たかやま ちかこ)
医長 新生児 日本小児科学会専門医
岡崎 薫
(おかざき かおる)
医長 新生児
感染症
日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会評議員
日本新生児成育医学会評議員
新生児蘇生法インストラクター
ICD(Infection Control Doctor)
国立感染症研究所研究員
釆元 純
(うねもと じゅん)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
本間 英和
(ほんま ひでかず)
医員 新生児
発達支援
日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
日本周産期・新生児医学会指導医
PALSプロバイダー
岡田 尚子
(おかだ なおこ)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
賀來 卯生子
(かく ういこ)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
新生児蘇生法インストラクター
森田 清子
(もりた きよこ)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
木村 有希
(きむら ゆき)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
新生児蘇生法インストラクター
TNT(total nutrition therapist)
島村 直紀
(しまむら なおき)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
PALSプロバイダー
東京都医師会認定産業医
子どもの心相談医
安井 孝二郎
(やすい こうじろう)
医員 新生児
感染症
日本小児科学会専門医
周産期専門医(新生児)
新生児蘇生法インストラクター
ICD(Infection Control Doctor)
TNT(Total Nutrition Therapist)
山口 哲司
(やまぐち てつじ)
医員 新生児 日本小児科学会専門医
宇佐美 敦子
(うさみ あつこ)
医員
松井 剛一郎
(まつい こういちろう)
サブスペシャリ
ティレジデント
新生児 PALSプロバイダー
子どもの心相談医
日本医師会認定健康スポーツ医
危険物取扱者乙種第4類
黒田 淳平
(くろだ じゅんぺい)
サブスペシャリ
ティレジデント
新生児 PALSプロバイダー
友邊 雄太郎
(ともべ ゆうたろう)
サブスペシャリ
ティレジデント

このページの一番上へ戻る