診療科のご紹介


消化器科

診療科のご紹介

東京都立小児総合医療センタ−になって新設された科で、小児消化器疾患の窓口として、小児外科・総合診療科および各科と協力しながら診療しています。

小腸大腸ら直腸肛門に至る消化管全般の疾患と、肝胆道膵疾患の診断治療を行っています。

消化管診断では造影検査超音波検査内視鏡検査内圧検査pH検査を、肝胆道系疾患に関しては超音波検査穿刺造影針生検などを行っています。

治療では薬物治療のみでなく、内視鏡治療エコー下穿刺ドレナ−ジ治療高カロリ−輸液(在宅静脈栄養)などを得意分野としています。

現在小児外科医1名、小児科医2名で担当し、今後新しい小児消化器科分野を展開したいと考えています。

こんな症状のお子さんが対象です

嘔吐

  • 胃食道逆流症逆流性食道炎食道裂孔ヘルニアの診断検査と手術適応決定・外科への手術依頼・術後追跡(重症心身障害児も対応しています)。
  • 胃軸捻症呑気症の治療。
  • 食道アカラシア先天性食道狭窄症の診断と拡張術。

吐血

  • 急性胃粘膜病変胃潰瘍十二指腸潰瘍食道静脈瘤などの緊急対応・内視鏡診断・内視鏡的止血術。
  • ピロリ菌感染の診断・除菌治療

習慣性便秘 (毎週月曜日午前中に便秘外来開設しています)

  • 頑固な便秘のみでなく、便秘と下痢を繰り返す自覚のない便失禁を含む。
  • 個人差に合わせた治療法選択とかかりつけ医との共同治療が原則。
  • 要すればヒルシュスプルング病精査(注腸造影、肛門内圧検査、直腸粘膜吸引生検)。

血便

  • 潰瘍性大腸炎クローン病などの炎症性腸疾患
  • アレルギー性胃腸症(アレルギー科と併診)、腸重積症(総合診療科・小児外科と併診)診断・治療。
  • 消化管ポリープ内視鏡的摘出術腸管血管腫の凝固療法、リンパ濾胞増殖症の治療など。
  • 疾患(裂肛内痔核外痔核)の診断・治療。

慢性下痢症

  • 難治性下痢症消化管機能不全等、消化吸収障害の病態把握と原因究明・治療。
  • 短腸症候群を含む消化管吸収不全児の栄養・在宅サポート
    (食事指導や中心静脈カテーテル管理・高カロリ−輸液など)

急性腹症

  • 急性虫垂炎腸閉塞(癒着性、絞扼性)等の手術適応の判定。
  • 手術適応のない疾患の治療(腸閉塞も含む)。

閉塞性黄疸

  • 胆道閉鎖症胆道拡張症胆汁うっ滞性疾患体質性黄疸などの診断と必要時一時的治療。

慢性腹痛 (毎週水曜日午前中に腹痛外来開設しています)

  • 原因精査(造影・内視鏡)、要すればカウンセリングの専門医(診療小児科・育成科)と共同治療。

障害児医療

  • 嘔吐・吐血精査胃瘻造設希望腸閉塞関連の窓口として、外科とともに多摩療育ネットワークを通じて診断・治療・追跡医療を行っています。

新生児消化器疾患

  • センター新生児科(NICU・GCU)から、低出生体重児の胎便関連性イレウス吐乳腹部膨満排便障害等の相談をうけ、診断、治療を行っています。

どこに紹介してよいか分からない腹部症状は、まず消化器科にご相談ください。

主に取り扱っている疾患、治療内容

  1. 潰瘍性大腸炎、クローン病等の炎症性腸疾患は、小児消化器科分野で年々増加傾向にあります。繰り返す血便腹痛体重減少ある場合は、かかりつけ医を通じて受診してください。

    内視鏡検査が必須ですが、消化器科ではお子さんの不安、ストレスを考慮して全身麻酔あるいは鎮静下で安全に施行しています。

    治療は栄養療法(経腸栄養、高カロリー輸液)、薬物治療(5-アミノサリチル酸製剤、ステロイド剤、免疫調節・抑制剤、生物学的製剤による抗サイトカイン療法)等、小児ガイドラインに準じた専門治療を行い、 重症な場合は白血球除去療法、外科治療を併用することもあります。

    さらに育成科・心療内科によるカウンセリング、家族支援部門での援助、院内学級、栄養指導、関連各科の併診等サポート体制も充実しています。
  2. 胃十二指腸潰瘍、急性胃粘膜病変は、吐血腹痛下血貧血が主要症状です。

    ピロリ菌感染の有無も重要です。消化器科では、総合診療科、小児外科、救命救急科、集中治療科、麻酔科と協力して、必要があれば緊急内視鏡を施行して診断、治療に当たっています。

    緊急止血が必要な場合は、同じ建物の都立多摩総合医療センター内科医と協力して内視鏡的止血療法も行います。

    心因性要素が影響すると予想される場合は、育成科・心療内科によるカウンセリング、家族支援部門での援助も要請しています。
  3. 嘔吐の原因となる胃食道逆流症食道裂孔ヘルニア胃軸捻転症食道狭窄症食道アカラシアに対しては、上部消化管造影(日本で唯一の乳幼児電動固定台を装着した透視器械を使用)、上部消化管内視鏡、食道内圧検査、pHモニター検査を施行して診断します。造影は外来で施行しますが、その他は2泊3日の検査入院で施行しています。

    乳児の胃食道逆流症胃軸捻転症は自然軽快する場合が多いため、哺乳調整、濃厚乳・トロミ乳等保存的治療を優先しています。
  4. 便秘裂肛脱肛遺糞症(便失禁)は、消化器科での診療件数が多い疾患です。

    便秘のきっかけは、乳児での母乳から調乳への変更、離乳食導入・偏食、生活環境の変化(保育園、幼稚園)、家庭環境の変化(弟妹の誕生、父母の仕事復帰、転居)等が影響して、もともと1日に数回は排便する習慣があるべきところ(1日に乳児4〜5回  幼児2〜3回 学童期1回)、排便回数が少なくなり、大腸に便貯留して硬便化して出づらくなり、排便時の肛門痛、裂肛による出血等が繰り返されて、脱肛遺糞症(便失禁)と成ってゆきます。

    3歳以前の自我確立以前に、排便コントロール開始すれば排便習慣を取り戻すのは早い傾向にありますが、3歳をすぎると心因性の要素が強くなるため、治療に難渋します。

    兎便がつづくようであれば、かかりつけ医と相談され、受診してください。

    緩下剤、浣腸、漢方薬治療、栄養指導(偏食、食物繊維)、育成科による心理カウンセリング等を併用し、安定したらかかりつけ医へ協力をお願いしています。
  5. 反復性腹痛過敏性腸症候群心因性腹痛消化管アレルギー(食物アレルギー) 等、慢性腹痛消化器科で診療しています。

    過敏性腸症候群、心因性腹痛は消化器科も窓口となり、造影や内視鏡検査で器質的疾患をチェックしてから、心理的サポートを含め児童精神科・心療内科等関連各科とチーム医療を展開しています。

    消化管アレルギーは最近増加しています。反復性腹痛・下痢で過敏性腸症候群のような経過をたどる児や、腹痛・嘔気・少量血便等で慢性に経過している児のなかに、好酸球性胃腸炎・食道炎の診断症例がいます。 アレルギー科と連携して診療していますが、内視鏡での生検診断が重要です。逆に、診断から特定の食物が原因として判明する場合もあり、慢性に経過する症例は単なる症状診断ではなく、造影・内視鏡検査を含めた総合診断が必要です。
  6. 障害者医療は、外科とともに療育施設とタイアップした多摩療育ネットワークを通じて窓口となっています。

    障害者特有の胃食道逆流症食道裂孔ヘルニア誤嚥閉塞性呼吸障害てんかん筋緊張等を俯瞰した諸検査、治療方針の決定等は消化器科を始め、外科、呼吸器科、神経内科、リハビリテーション科、その他関連各科と医療チームをつくり、療育医をサポートするシステムを構築しています。障害者特有の栄養問題についても相談にのっています。

    診断・追跡検査、治療は当センターで、日常の管理は療育医に委託して機能分担を計っています。

医療機関の先生方へ

どこに紹介してよいか分からない腹部症状は、まず消化器科にご相談ください。
  1. 上記対象疾患はもちろんのこと、どこに紹介してよいか分からない腹部症状は、まず消化器科にご相談ください。
  2. 外来診療は、毎週月・水・金曜日午前中で予約制です。
    特殊外来は、IBD外来、在宅外来、排泄ケア外来でいづれも毎週金曜日午後です。
  3. 一般初診は金曜日(午前・午後)、特殊外来は便秘外来(月曜日午前)と腹痛外来(水曜日午前)で、いずれも予約制です。
  4. 定期検査は消化管造影(火・水・木曜日)、全麻内視鏡(火・木・金曜日)となってあり、いずれも消化器科外来受診が必要です。
  5. ご紹介いただいた患者さんについては、当科で精査し治療方針を決定させていただきます。 しかし、消化器疾患では治療に長期間を要する場合が少なくありません。精査結果や治療方針を共有させていただき、検査や方針転換(治療抵抗性や合併症出現時など)などに関しては当科が、定期的なフォローアップや処方は貴院が、など役割分担を決めて治療にご協力いただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
  6. 緊急受診が必要な場合は、事前にお電話にて当センター小児ERまたは当科医師までご相談ください。

診療実績(平成28年度)

1 内視鏡件数(総数322件)

  • 上部消化管内視鏡 / 200件
  • 下部消化管内視鏡 / 117件
  • ERCP・小腸内視鏡 / 5件

2 中心静脈カテーテル / (延べ)41件

3 患者数 (1日平均) (平成27年度/平成28年度)

  • 外来  延べ4089名/4365名(13.9名/14.9名)
  • 入院  延べ4601名/4967名(12.6名/13.3名)


スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
村越 孝次
(むらこし たかつぐ)
部長
診療科責任者
消化器科、小児外科、
障害児消化器疾患の医療
小児消化管機能検査(消化管内圧検査、pHモニタリングなど)
小児内視鏡診断および内視鏡処置(止血術など)
小児外科学会認定登録医
日本外科学会認定登録医
立花 奈緒
(たちばな なお)
医員 小児科一般、
小児消化器疾患、
小児消化管機能検査、
小児消化管内視鏡検査、
診断、治療
坂口 千穂
(さかぐち ちほ)
非常勤  

このページの一番上へ戻る