診療科のご紹介


子ども家族支援部門

紹介・特徴

高度に専門・分化した医療の展開に伴い、現代では、さまざまな心理的・社会的な支援の必要が生じています。

そのニーズに対応するために、当院では、『子ども家族支援部門』を設置し、多くの臨床的専門職(医師、看護師、心理士、ソーシァルワーカー、保育士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など)を集中的に配置して、チームワークによる支援サービスの展開を行っています。

部門の運営にあたっては、以下のようなことを目指して参ります。

  1. 診療各科からの心理・発達アセスメントからソーシァルワーク、心理社会的支援、発達支援、各種相談、ケア活動までを含むあらゆる個別的サービスの求めに応じて、適切な専門職種が対応するほか、必要に応じて職種横断的なチームを柔軟に編成して対応します。
  2.  受診支援から外来・入院治療、退院支援、退院後のケア・フォローまで、あらゆる治療ステージでの支援サービスを、心身両面から継続的に行います。
  3.  診療科や経験年数によらず、利用者が最短のルートで必要なサービスにアクセスできることを目指します。また、リエゾン医療の展開により、からだの専門部で治療中の子どもたちのこころの問題を速やかに発見し、ケアに結びつけます。
  4. 虐待をはじめとする、子どもたちの健康な発達を阻む養育上の問題から子どもたちのこころとからだを護ることを、病院のつとめとして行います。

業務内容

  1. リエゾン医療
  2. 医療福祉相談
  3. 心理アセスメント
  4. 心理面接・心理療法(カウンセリング)
  5. 看護相談(在宅療養支援)
  6. 電話相談(こころの電話相談室)
  7. 幼児・学童デイケア(発達支援)
  8. 思春期デイケア
  9. こころ入院リハビリテーション(作業療法)
  10. 病棟保育
  11. からだ入院オリエンテーション
  12. 日帰り手術プレバレーション
  13. からだリハビリテーション(理学療法・作業療法・言語療法)
  14. 虐待事例対応

このページの一番上へ戻る