診療科のご紹介


結核科

診療科のご紹介

結核は、症状に乏しく徐々に進行するため、早期発見が難しい病気の一つです。特に乳児では、進行すると髄膜炎などの重症結核になりやすく、重大な後遺症を残します。

結核の人との接触があった場合には、肺結核を発病していないかを正確に診断する必要があります。当センターは、子どもの結核を入院治療できる数少ない施設であり、東京都以外にも広域に患者さんたちを受け入れています。

こんな症状のお子さんが対象です

  • 家族に結核の人がいる
  • 肺結核の人との接触があった
  • BCGを接種したら、接種部位がすぐに赤くなった
  • 肺のレントゲンで異常があり、なかなか治らない
  • 微熱や咳がつづく

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
宮川 知士
(みやかわ ともお)
医長
診療科責任者
小児呼吸器病 日本小児科学会専門医
石立 誠人
(いしたて まこと)
医員 小児呼吸器病 日本小児科学会専門医、日本小児呼吸器疾患学会会員、日本小児放射線学会会員
中橋 達
(なかはし とおる)
非常勤    

このページの一番上へ戻る