診療科のご紹介


予防接種を受けましょう

東京都立小児総合医療センターはこどもたちを感染症から守るために予防接種を強く推奨します。
以下の内容について簡単に説明していますのでどうぞご覧ください。

ワクチンで予防できる病気(VPD)について

ワクチンで予防できる疾患のことをVPDという

Vaccine Preventable Disease』の頭文字をとったもので、ワクチンで予防できる疾患をVPDといいます。VPDには以下に示す通り多くの疾患があります(表1)。

表1
ワクチンで予防できる疾患
定期接種 任意接種 海外渡航時に必要な疾患
インフルエンザ桿菌b型感染症 B型肝炎 黄熱病
肺炎球菌感染症 ロタウイルス感染症 狂犬病
ジフテリア おたふくかぜ 髄膜炎菌感染症
破傷風 インフルエンザウイルス チフス
百日咳 A型肝炎  
ポリオ    
結核    
麻しん    
風しん    
みずぼうそう    
日本脳炎    
ヒトパピローマウイルス感染症    
※定期接種、任意接種の疾患名をクリックすると疾患の説明PDFが開きます。

ワクチン、予防接種とは?

ワクチンには生ワクチン、不活化ワクチンの大きく分けて二つの種類がある

ヒトには感染症にかかると、同じ感染症にかからないようにする"免疫"というシステムが備わっています。
ワクチンと予防接種の違いは以下の通りです。

  • ワクチン:注射したり飲んだりすることによって、その感染症に対する免疫を獲得させるもの
  • 予防接種:ワクチンで免疫を獲得させること
ワクチンが効く仕組み

ワクチンが効く仕組み1

 

ワクチンが効く仕組み2

 

ワクチンが効く仕組み3

ワクチンは病気を起こす病原体そのもの『弱毒生ワクチン(以下生ワクチン)』と病原体の一部や毒素である『不活化ワクチン』とに分類されます。生ワクチンは弱めた病原体そのものを接種するため、多くは2回の接種で十分効果を得ます。不活化ワクチンは効果が得られるために複数回接種を行う必要があり多くは3回から4回の接種を必要とします。

一方で生ワクチンは病原体そのものなので、ばい菌と戦う力(免疫力)が弱っている人はその病気になってしまう可能性があります。したがって免疫力が弱っている免疫不全者や、赤ちゃんのいる妊婦さんには接種することができません。

定期接種と任意接種

定期接種は無料で受けることができ、任意接種は基本的に全額自費である

任意接種だからといって接種しなくてよいわけではない

日本には予防接種が『定期接種』と『任意接種』の2つに分かれています。

制度について
定期接種:予防接種法という法律にもとづいています。
任意接種:各個人が接種するかどうかを決めるものです。
費用について
定期接種:費用が各市町村の公費でまかなわれるため無料です。
任意接種:各自治体により差はありますが、原則全額自己負担となります。

任意接種の対象となっていても重症で、後遺症を残す感染症はあります。

  • B型肝炎:年間2万人程度の患者が新たに発生し、特に小児期に感染した場合、将来肝硬変や肝がんになる可能性があります。
  • おたふくかぜ:最大10人に1人が髄膜炎を発症し、200人に一人は難聴(耳が聞こえなくなる)になります。

日本以外の多くの先進諸国ではB型肝炎もおたふくかぜもすべての小児に対して接種されています。

予防接種の効果

予防接種は行われない時代に比べ90%近く感染症発症を減らしている

ほぼなくなった疾患も予防接種は継続しなくてはならない

予防すべき疾患にかからなくなることが最も大きな効果です。どれくらいその疾患が減ったかを見てみましょう(表2)。ワクチンによってほとんどの疾患で90%以上の発症を予防することが可能になっています。

日本でも予防接種により多くの疾患が減っています。2015年に麻しんが排除されたとWHO(世界保健機関)から認定されました。

表2.米国における予防接種の効果(REDBOOK30thより一部改編)
疾患 年間罹患数 2013年報告症例数
a2012年予測
b2012年報告
減少率(%)
天然痘 29005 0 100
ジフテリア 21053 0 100
麻しん 530217 184 >99
おたふくかぜ 162344 438 >99
百日咳 200752 24231 88
ポリオ 16316 0 100
風しん 47745 9 >99
先天性風しん症候群 152 0 100
破傷風 580 19 97
インフルエンザ菌b型 20000 18 >99
A型肝炎 117999 2890a 98
B型肝炎(急性) 66232 18800a 72
侵襲性肺炎球菌(全年齢) 63067 31600b 50
侵襲性肺炎球菌(<5歳) 16069 1800 89
ロタウイルス(<3歳入院) 62500 1250 98
みずぼうそう 4085120 216511 95

しかし、いったんワクチンによって発症をほとんど防げるようになったからと言って、予防接種を終了することはできません。(例外的に天然痘はワクチンで完全に世界から排除できたため、日本でも予防接種も終了しています。)2014年に米国のカリフォルニアディズニーランドに遊びに来た小児の間で麻しんが流行しました。このとき発症者はすべて麻しんのワクチンを打っていない人でした。このように疾患が流行すると、予防接種をしていない場合罹患する可能性が残ってしまいます。

予防接種の副反応と有害事象

予防接種の後におこる悪いことすべてを有害事象という

明らかに予防接種が原因で起きたことを副反応という

予防接種に限らず、すべての薬は期待しない結果を起こします。一般的に副作用と呼ばれるものです。予防接種に関しては特に『副反応』と呼びます。また予防接種の後に起きたすべての良くないことを『有害事象』と呼びます。それが因果関係かどうかの判断は非常に難しく、専門家の意見や、世界の情報を踏まえて判断されます。2013年4月から厚生労働省が『予防接種後副反応報告制度』を開始しました。副反応の可能性がある場合、医師などの医療者はその報告義務があります。

  • 副反応:予防接種と起きたことの間に明らかな関係(因果関係)がある。
    例. 予防接種の後に熱が出る、接種した場所が腫れる。
  • 有害事象:予防接種の後に起きた悪いこと全てをいう(前後関係)。
    例. 予防接種の後、熱がでる、接種した場所が腫れる、帰り道で交通事故にあう、預金が減る

当院に入院するに当たり気を付けてほしいこと

1歳以上の患者さんはみずぼうそうの予防接種を最低1カ月あけて2回接種してから入院していただきます。

当院には免疫不全といってばい菌への抵抗力が弱い患者さんが多く入院しています。特にみずぼうそうは免疫不全のある患者さんにとって命に係わる重症な感染症を引き起こしうる怖い疾患です。みずぼうそうは2014年10月から定期接種となり、今後発症する人は減ることが予想されますが、現時点(2015年度)においては、いまだ流行が続いています。1回の予防接種ではその効果が80%程度であるため完全に予防できません。したがって当院へ入院の予定がある1歳以上の患者さんはみずぼうそうの予防接種を最低1カ月あけて2回接種してもらってから入院していただきます。

このページの一番上へ戻る