診療科のご紹介


感染症科

診療科のご紹介

小児の感染症疾患の診断、治療、予防をする科です。

おもに

  • 重症感染症
  • 診断や治療に苦慮されている感染症
  • まれな感染症
  • 海外から持ち込まれた感染症

などの診療に専門家としてあたります。

世界標準の感染症治療を行っております。

診断に際して、各研究機関や大学などとも連携をとり、必要に応じて特殊検査も行います。治療方針に関しては、世界標準の治療を掲げており、最新のエビデンスに基づき行います。予防やワクチンに関してのアドバイスもします。

感染管理にも力をいれております。

院内の感染対策を行い、子どもたちを医療関連感染から守ります。 病院をあげて抗菌薬の適正使用プログラムも導入し、不必要な抗菌薬の使用からの耐性菌の出現や副作用の発生を防ぎます。

小児の感染症にまつわるあらゆる側面から、診療および診療支援を行います。

こんな症状のお子さんが対象です

髄膜炎脳炎脳膿瘍重症肺炎肺膿瘍腹部感染症複雑尿路感染症腎膿瘍関節炎骨髄炎感染性心内膜炎敗血症肝炎反復性皮膚感染リンパ節炎多剤耐性菌感染症医療器具関連感染症先天性感染症A型肝炎B型肝炎C型肝炎免疫不全感染症臓器移植後感染症外傷後感染症HIV感染不明熱非定型抗酸菌感染症真菌感染症性感染症輸入感染症寄生虫感染症自己炎症性疾患(周期性発熱症候群)先天性免疫不全症など。

主に取り扱っている疾患、治療内容

細菌性髄膜炎

Hib(インフルエンザ菌b型)肺炎球菌などで起こる重症の中枢神経感染症です。

抗菌薬の投与、各支持療法にて治療します。難聴痙攀発達障害などの合併症をきたすこともあります。

ワクチンで予防できる疾患で予防接種を強く推奨します。

関節炎骨髄炎

関節や骨に感染を起こす病気で、治療が遅れると機能障害を残すことがあります。

必要に応じて外科医の協力のもと速やかな外科的治療を行い、抗菌薬で治療します。

輸入感染症

特に海外から帰国後の発熱は、渡航地域により特有の疾患を疑わなければならないことがあり、医療機関の受診をお勧めします。

自己炎症性疾患(周期性発熱症候群)

4-6週間おきに周期的に熱がでる疾患です。熱とともに口内炎などの症状がでることがあります。繰り返す発熱などで原因が良くわからない場合には、当科へご相談ください。

医療機関の先生方へ

感染症でお困りの症例であれば、ご紹介をお受けいたします。

ご紹介の際には、ご家族に紹介状を発行していただき、予約センターより感染症科の外来の予約をお取りください。

毎週水曜の午後と金曜の午後が外来日です。

緊急のときは

直接、感染症科 堀越または感染症科の医師まで電話でご連絡ください。 また外来通院中、入院中の患者さんで感染症の治療に苦慮しているなどのご相談もお受けします。

感染症科の紹介および医学生・医師の見学・研修について

見学・研修のお問い合わせについては、下記ファイルをご参照ください。

感染症情報

診療実績

院内コンサルト件数  1255件 (2016年度実績)

コンサルトの診療科別件数

コンサルトの診療科別件数

コンサルト症例 臓器別

コンサルタント症例臓器別

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
堀越 裕歩
(ほりこし ゆうほ)
医長
診療科責任者
総合診療科兼務
小児感染症、
国際保健、
感染制御、
抗菌薬の適正使用プログラム
日本小児科学会専門医、
日本小児科学会指導医、
米国感染症学会会員、
欧州小児感染症学会会員、
国際小児保健研究会会員、
Infection Control Doctor(感染制御医師)
相澤 悠太
(あいざわ ゆうた)
医員 小児感染症 日本小児科学会専門医
石井 翔
(いしい しょう)
サブスペシャリ
ティレジデント
小児感染症
福岡 かほる
(ふくおか かほる)
非常勤 小児感染症 日本小児科学会専門医
村井 健美
(むらい たけみ)
非常勤 小児感染症 日本小児科学会専門医
荒木 孝太郎
(あらき こうたろう)
非常勤 小児感染症 日本小児科学会専門医
米田 立
(よねだ りゅう)
サブスペシャリ
ティレジデント
小児感染症
舟越 葉那子
(ふなこし はなこ)
クリニカルフェロー 小児感染症

このページの一番上へ戻る