診療科のご紹介


看護部長ごあいさつ

看護部長 河上 淳子

看護部長 河上 淳子 平成22年3月、「子どもを安心して任せられる病院にしよう」のコンセプトで都立小児総合医療センターが開設しました。 職員一同、子どもたちの命を守り育むことを前提に、子どもの病院にふさわしい「笑顔あふれる病院作り」を目ざし、日々小児医療・看護に取り組んでいます。看護部門もチーム医療のメンバーとして、医師や他の職員と共に、病気の子どもたちとその家族をサポートし、一日も早くご家庭や地域で生活できるよう活動しています。

 看護部門は、一人ひとりの看護職員が小児看護を専門とする実践者として誇りを持ち、楽しく仕事ができることを大切に考えています。小児に特化した体系的な研修も整備し、看護職員一人ひとりの自ら学ぶ力を尊重し、専門職者としての能力向上とキャリアアップを積極的に支援しています。 また、職場では互いの立場を尊重し、自由に意見交換できる環境を大切にしています。

 当院は、自ら考え行動し、創造・変革に対応できる方、柔軟な発想ができる方、健康で誠実な方、人を思いやれる方、向上心のある方などにぜひチャレンジしていただきたい病院です。小児看護に関心がある貴方、プロフェッショナルを目指す貴方、私たちと一緒に働きませんか!!

このページの一番上へ戻る