診療科のご紹介


循環器科

診療科のご紹介

先天性心疾患を中心に、不整脈心筋症肺高血圧川崎病など小児循環器疾患全般を幅広く診療しています。日本小児循環器学会の専門医修練施設に認定されています。

先天性心疾患では、心房中隔欠損動脈管開存肺動脈弁狭窄大動脈弁狭窄種々の術後病変などに対して心臓カテーテル治療(インターベンション)を積極的に行っています。心臓血管外科の手術症例数も豊富で良好な成績です。

当院は総合的な小児病院として、すべての小児疾患をカバーできる広い専門性があり、重症例、多臓器合併症例、種々の症候群などに関連各科と協力したチーム医療を行っています。また、成人施設(多摩総合医療センター)に隣接した小児病院という特長を生かし、胎児例、新生児例、成人例などにも適切に対応できます。

先天性心疾患の出生前診断を多摩総合医療センターの産婦人科と提携して積極的に行い、妊娠中から分娩まで母体および胎児の適切な管理に努、新生児科、産婦人科のスタッフと共に、より良い周産期医療を目指しております。

川崎病の急性期診療は主に総合診療科で対応しますが、免疫グロブリン不応例や冠動脈病変合併例には循環器科も協力しています。「急性期川崎病治療のガイドライン」に則り、ランダム化比較試験(RAISE Study)でも有効性が明らかになったステロイド併用療法を導入しています。冠動脈瘤を生じた例も、虚血性心疾患の合併を減らすように適切に管理しています。

循環器科外来 月曜の午前・午後、火曜の午前・午後、木曜の午前・午後、金曜の午前に行っています。
セカンドオピニオンも初診で対応いたします。
その他の特殊外来は以下の通りです。
不整脈・ペースメーカー外来 最終週金曜の午前
胎児心エコー外来 火曜の午前、水曜の午後に多摩総合医療センター産婦人科外来で行っています。
成人先天性心疾患・川崎病外来 第3木曜の午前、第1土曜の午前に多摩総合医療センター循環器内科で行っています。
胎児と成人の外来 多摩総合医療センターの予約センターに連絡してください。

こんな症状のお子さんが対象です

●他の医療機関で心疾患と診断されている場合は、予約をとって受診してください。
受診のご案内

●心疾患と診断されていない例では、以下のような症状の際にご紹介いただいています。

  • 心雑音
    新生児・乳幼児健診、学校心臓検診、日常診療の診察時などの際に発見されます.先天性心疾患の診断の契機になりますが、健常児にも多く聴かれます(無害性心雑音)。
  • チアノーゼ
    新生児・乳児期早期に全身チアノーゼ、酸素飽和度の低下があり、酸素投与でも回復しない際は、先天性心疾患が疑われます。
  • 不整脈
    健診時の聴診で偶然発見されたり、学校心臓検診で指摘されたりします.突然始まり,突然終わるような動悸は病的な不整脈のことがあります。
  • 胸痛
    短時間のズキズキ、チクチクする痛みの多くは心配ありません。運動時の胸をつかまれるような痛みは、心疾患のことがあり受診が必要です。
  • 失神
    神経調節性失神やてんかんなどが多く、心疾患が原因となることはまれです。運動中や運動直後に失神する場合は、心疾患のことがあり受診が必要です。

主に取り扱っている疾患、治療内容

主な疾患には解説をつけていますので、クリックしてください。その模式図がわかりやすいように、正常の心臓と血液の流れを示します。

先天性心疾患

左右短絡疾患

心室中隔欠損心房中隔欠損房室中隔欠損(心内膜床欠損)動脈管開存大動脈肺動脈中隔欠損、など

チアノーゼ性心疾患
(一部はチアノーゼを認めないことがあります。)

ファロー四徴両大血管右室起始完全大血管転位修正大血管転位三尖弁閉鎖肺動脈閉鎖兼心室中隔欠損純型肺動脈閉鎖総肺静脈還流異常部分肺静脈還流異常総動脈幹単心室内臓錯位(無脾症、多脾症)、など

大動脈弓の異常をともなう疾患

大動脈縮窄大動脈弓離断左心低形成症候群血管輪、など

弁膜疾患

肺動脈弁狭窄三尖弁閉鎖不全エプスタイン奇形大動脈弁狭窄大動脈弁閉鎖不全僧帽弁狭窄僧帽弁閉鎖不全、など

その他

右室二腔症冠動脈奇形、など

(*の疾患および各疾患術後病変は心臓カテーテル治療の対象になります。)

心筋・心膜疾患

心筋疾患

心筋炎心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症、心筋緻密化障害など)心臓腫瘍など

心膜疾患

感染性心内膜炎心外膜炎心タンポナーデ、など

不整脈

頻拍性疾患

心室期外収縮上室(心房・接合部)期外収縮、発作性上室頻拍WPW症候群心房頻拍心房粗動心房細動心室頻拍QT延長症候群など

徐拍性疾患

洞不全症候群房室ブロック、など

肺高血圧

特発性肺動脈性肺高血圧(原発性肺高血圧)アイゼンメンジャー症候群、など

川崎病

急性期治療(特に重症例の管理)、冠動脈病変(拡大・瘤・狭窄、狭心症心筋梗塞)、など


医療機関の先生方へ

  • 専門外来は紹介・予約制です。予約センターに電話して初診の予約をとり、紹介状を持たせて受診させるようにしてください。
  • 心雑音胸痛不整脈心電図異常胸部レントゲンの心陰影異常など、循環器疾患が疑われる場合は、いつでも御紹介ください。受診当日に疾患の有無と種類を明らかにし、診療方針を決定するように努めています。
  • 循環器疾患の診断がついている場合も、いつでも御紹介ください。先天性心疾患をはじめ、小児循環器疾患全般に適切に対応いたします。先天性心疾患は、心エコー検査心臓カテーテル検査を行い、適応がある症例は心臓カテーテル・インターベンション心臓外科手術で治療しています。
  • 心不全、呼吸困難、チアノーゼ、激しい胸痛、意識障害などの症状が認められ、重篤な循環器疾患が疑われる場合は、すぐに電話連絡してください。時間内は診療科責任者、時間外は循環器系当直医が窓口となり、心臓血管外科、新生児科、集中治療科、救命救急科、総合診療科など関連各科と協力し、迅速に診療いたします。
  • 対応可能な検査:心臓カテーテル・血管造影検査、心エコー(経胸壁のほか経食道、3D、胎児)、心臓MRI、心臓CT(320列)、アイソトープ(心筋シンチ、肺シンチ)、運動負荷(トレッドミル、エルゴメーター、呼気ガス分析)、ホルタ心電図
  • 循環器科のご案内パンフレット 2018年3月

診療実績

循環器科初診患者数

疾患名  患者数(人)
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
先天性心疾患 
心室中隔欠損 112 112 111 97 82
動脈管開存 19 15 35 28 34
心房中隔欠損 41 42 44 55 48
房室中隔欠損 5 4 6 11 5
肺動脈狭窄 22 15 24 25 23
大動脈狭窄 6 4 2 6 1
大動脈縮窄 8 7 15 8 3
大動脈弓離断 6 3 2 2 4
完全大血管転位 3 4 5 3 4
ファロー四徴 10 12 7 8 11
総動脈幹 2 1 0 1 1
左心低形成症候群 0 2 5 5 3
三尖弁閉鎖 2 1 0 2 2
単心室 2 0 1 1 1
純型肺動脈閉鎖 1 0 5 2 1
両大血管右室起始 7 1 8 3 3
総肺静脈還流異常 6 3 5 7 2
修正大血管転位 0 1 1 0 2
エプスタイン奇形 0 3 3 4 1
その他先天性心疾患 47 42 45 51 87
合計 280 272 324 319 318
疾患名  患者数(人)
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
後天性心疾患 
川崎病(冠動脈瘤合併等重症例) 8 5 5 4 2
心筋症・心筋炎  2 5 3 7 6
特発性肺動脈高血圧  0 0 1 0 0
不整脈  42 31 67 46 52
合計 52 41 76 57 60

※同一患者が複数回入院した場合も1人とカウントした。複数の疾患を有する場合は、単一の主病名に分類した。

心臓カテーテル検査・治療件数

心臓カテーテル検査数と治療(インターベンション)数
(手術数は心臓血管外科のホームページ参照)

心臓カテーテル検査・治療件数

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
三浦 大
(みうら まさる)
副院長
診療科責任者 
先天性心疾患、川崎病、成人先天性心疾患、不整脈  日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会評議員・専門医、日本川崎病学会評議員、日本成人先天性心疾患学会会員
大木 寛生
(おおき ひろたか)
医長  先天性心疾患、カテーテルインターベーション、遺伝学・発生学、心筋疾患、胎児心臓病、成人先天性心疾患 日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会専門医、SHD心エコ―図認証医、心血管疾患の遺伝子疫学委員、JPIC学会(ASD/PDA閉鎖栓教育担当医師)、臨床遺伝専門医、日本胎児心臓病学会会員、日本成人先天性心疾患学会会員
福島 直哉
(ふくしま なおや)
医員 先天性心疾患、小児循環器全般、カテーテルインターベーション、川崎病 日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会会員、日本川崎病学会会員、JPIC学会会員、日本成人先天性心疾患学会会員
宮田 功一
(みやた こういち)
医員 先天性心疾患、小児循環器全般、川崎病 日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会会員、日本川崎病学会会員
住友 直文
(すみとも なおふみ)
医員 先天性心疾患
小児循環器全般
日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会会員
永峯 宏樹
(ながみね ひろき)
医員
佐藤 麻朝
(さとう まあさ)
非常勤
砂 聡志
(たかさご さとし)
サブスペシャリティレジデント

このページの一番上へ戻る