診療科のご紹介


泌尿器科

診療科のご紹介

 泌尿器科は、都立清瀬小児病院より引き続き、小児の尿路生殖器系の先天異常・腫瘍および腎不全の外科的治療排泄管理成長のサポートを行っております。対象となる臓器・部位は、腎臓尿管膀胱前立腺精嚢腺尿道陰茎陰嚢陰核であり、これらの部位の疾患に関して広く取り扱っております。これらの問題のある方に関して、手術的治療のみならずその後の成長にあわせて問題が出現しないか診察していく体制を取っており、新生児期から成人まで包括的に小児外科・小児内分泌科・小児精神科・WOCナース・家族支援部門などの関係他科や部門と連携しながら治療にあたっております。お子さんが小児期から思春期・成人後も身体的・精神的な問題を軽減できるようにサポートすること目指しています。

 尿路・陰部の手術後の成長に伴う問題のサポートのみならず、二分脊椎症のような神経因性膀胱・膀胱機能異常患児に対する排泄管理を行っております。また、性分化疾患・外陰部異常患児に対する外陰部形成手術(陰茎・陰核形成、陰嚢・陰唇形成、膣形成)、慢性腎不全患児に対する腎移植(臓器移植科として)も行っております。

こんな症状のお子さんが対象です

[腎・尿管関連]
水腎症、腎盂尿管移行部狭窄、重複腎盂尿管、多嚢胞性異形成腎、腎・尿管結石、 膀胱尿管逆流症、巨大尿管症、膀胱尿管移行部狭窄、尿管異所開口、尿管瘤

[膀胱・尿道関連]
神経因性膀胱(二分脊椎症等)、膀胱憩室、尿膜管遺残、 総排泄腔遺残、総排泄腔(膀胱)外反症、後部(前部)尿道弁、尿道狭窄、尿道外傷(損傷)、昼間尿失禁、遺尿症、夜尿症

[陰部・生殖器関連]
尿道下裂、尿道上裂、埋没陰茎、先天的陰茎異常、停留(移動性)精巣、精巣腫瘍、精索静脈瘤、包茎、鎖膣(膣閉鎖)、膣無形成、性分化疾患(混合性性腺異形成、先天性副腎過形成、半陰陽、性染色体異常・性ホルモン異常症等)

[腫瘍関連]
腎腫瘍(ウィルムス腫瘍等)、膀胱腫瘍(膀胱横紋筋肉腫等)、精巣腫瘍
注:当院では乳幼児期の陰嚢水腫は外科で診察いたします。
→小児がん拠点病院のページはこちら

[症状より]
「尿路感染を繰り返している」「腎臓がはれている」「腎臓の形がおかしい」「尿管が拡張している」「尿が持続的に漏れる」「昼間の尿失禁が治らない」「おしっこの出し方がおかしい(おかしくなった)」「おちんちんの形がおかしい」「おちんちんが小さい」「陰部の形がおかしい」「膣が見えない」「膣の形態がおかしい」「おちんちんの袋が腫れてきた」「性別がわかりづらい」

医療機関の先生方へ

 当科は紹介・予約制となっておりますので、緊急性のある病態・疾患に関しての診察・治療に関しては、当科医師もしくは連携担当医・佐藤までご連絡いただければ緊急の予約を取り、診察受付できるようにいたします。

主な手術実績

  2014年度 2015年度 2016年度
精巣固定術 102 115 112
腹腔鏡下精巣固定術 8 5 2
精巣捻転修復術 12 6 12
尿道下裂根治術 41 30 32
膀胱尿管逆流症根治術 16 28 22
内視鏡下膀胱内注入逆流防止術 10 13 8
腎移植術 7 12 5
腎盂形成術(水腎症根治術) 16 15 7
巨大尿管根治術 9 3 6
尿管瘤根治術 1 1 2
内視鏡下尿管瘤切開術 2 2 4
腹腔鏡下腎摘出術 1 1 1
女児外陰膣形成術 2 5 2
総排泄腔遺残症根治術 3 2 2
腸管利用膀胱拡大術 3 6 0
導尿路作成術 2 2 1
膀胱皮膚瘻造設 10 6 8
根治的腎摘出術(ウィルムス腫瘍) 3 5 4
悪性精巣腫瘍摘除 1 1 1
根治的膀胱全摘出および尿路変更 0 1 0
開放腎生検 26 18 12
テンコフカテーテル挿入 8 10 5
計(その他の疾患を含む) 543 503 430

注:腎盂形成術、膀胱尿管逆流症根治術には腹腔鏡下手術を含みます。


スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
佐藤 裕之
(さとう ひろゆき)
医長
診療科責任者
臓器移植科
兼務
泌尿器科、
小児泌尿器科、
排尿障害、
腎移植
日本泌尿器学会指導医・専門医、
日本小児泌尿器科学会認定医、
日本臨床腎移植学会腎移植認定医(外科)、
日本移植学会移植認定医、
日本小児泌尿器科学会評議員、
逆流性腎症フォーラム評議員
松井 善一
(まつい ぜんいち)
医員 泌尿器科、
小児泌尿器科、
腎移植
日本泌尿器科学会指導医・専門医
青木 裕次郎
(あおき ゆうじろう)
医員 小児泌尿器科、
腎移植
日本泌尿器学会指専門医、
日本臨床腎移植学会腎移植認定医(外科)、
日本移植学会移植認定医
渡邉 圭太郎
(わたなべ けいたろう)
医員    
西川 健太
(にしかわ けんた)
医員    
白柳 慶之
(しろやなぎ よしゆき)
非常勤    

このページの一番上へ戻る