文字サイズ 標準 | 日本語 | English |

心理・福祉科

  • 診療内容
  • 診療実績
  • スタッフ
    紹介

心理・福祉科 医長 菊地 祐子

診療内容

心理福祉科は、部門医、臨床心理士、ソーシャルワーカーで構成されています。
病院に訪れた子どもと家族の心理的な悩みや経済的な悩み、地域との連携などに総合的に携わり、治療が円滑に進むようにバックアップしてゆきます。利用に際しては主治医からの依頼が必要となります。

1 医療福祉相談

特色・取り組み

 子どもの病気やけがに伴って発生する生活上の問題や悩みに対してのご相談をお受けしています。特に子どもの場合、地域医療・福祉・教育機関との連携が不可欠です。内容に応じて院内のスタッフを始め、地域の諸機関と連携しながら、社会保障制度や福祉サービス等を活用して患者さんやご家族と一緒に問題解決が図れるよう支援していきます。

主な業務内容

 ソーシャルワーカーが、からだ・こころ(外来、入院)、思春期デイケア等を担当し、受診、入院、退院後の生活に関すること等についてお話を伺います。
 相談をご希望の方は主治医、看護師等にお伝えください。また2階21番うりぼうカウンターに直接お越し頂いても結構です。事前に電話でご予約頂くとスムーズです。

2 心理業務

特色・取り組み

 さまざまなこころの問題や身体疾患を抱え治療を受ける子どもたちやその家族に対し、心理の専門性を基に、診断・治療のサポート、子どもの発達支援や家族支援を行っています。全科を対象に、チーム医療の一員として多職種と協働して対応しています。また、こころやからだに疾患をもちながら育つ子どもたちが、地域社会生活の中で成長し自立していくために、地域保健医療機関、教育、福祉機関とも連携しています。

主な業務内容

 診断・治療・支援のために心理学的アセスメント(発達評価、認知機能や精神発達・情緒面の評価、家族関係の評価など)、心理面接(子ども・家族)、心理的ケア(個別・集団、家族)等を行っています。また、緩和ケアや虐待等の事例についても多職種との連携の下に対応しています。

  • こころ
     各病棟に心理士が1名配置されており、心理学的アセスメント、心理面接、集団精神療法等を実施し、多職種と連携して入院治療をサポートしています。また、社会適応上の問題を持つ子どもたちに対して、ソーシャルスキルトレーニングなどを行っています。発達や精神的な諸問題を抱える子どもたちやその家族に対して、それぞれの方の疾患や特性に合わせた支援を行います。
  • からだ
     さまざまな身体疾患の治療を受ける子どもたちや家族の心理社会的背景を考慮しながら、入院生活のストレスができるだけ少なくなるよう、また、安心して治療に取り組めるように支援します。発達段階やライフサイクル上に生じた心理社会的な問題についてアセスメントを行い、多職種とも協働しながら、治療支援及び子どもの健全な発達に向けた支援を行います。
  • 周産期医療
     新生児科病棟においては、NICU・GCU入院中の赤ちゃんと家族との関わりを軸に、家族の不安に寄り添い、愛着形成の支援や、心理社会的問題のアセスメントを行います。退院後の新生児フォローアップ外来においては、発達検査や、育児や療育上のアドバイスを行い、新生児科の医師や多職種、地域の子育て支援機関と協力しながら、新生児期からの継続したサポートに取り組んでいます。

心理実習生について

 当センターでは、年度ごとに協定を取り結んだ大学院および大学から、教官の推薦を受けた学生を、選考のうえで実習生として受け入れています。学生個人からの実習の依頼には対応しておりません。

3 電話相談(こころの電話相談室)

特色・取り組み

 近年、発達障害・ひきこもり・不登校・うつ病・統合失調症など、子どものこころの問題への関心の高まりから、精神科を受診されたり受診を検討されるお子さん・ご家族が増えています。「こころの電話相談室」では、子どものこころの問題や発達の問題などに関する相談や精神科受診に関しての相談を受けています。

主な業務内容

○ お子さんの行動やこころの問題、発達の問題に関して、電話での相談に応じています。
例えば…
発達の遅れや偏り・落ち着きのなさ・友人関係での問題・不登校やひきこもり
反抗や暴力が激しい・手洗いなどに強くこだわる・食事をとらず痩せてきた、など。
○ 対 象: 幼児(3歳)から高校生(18歳)までのお子さんのご相談でしたらどなたでもご利用できます。ご本人やご家族だけでなく、学校の先生など関係者からのご相談にも応じます。
○ 相談員: 心理士(輪番制)
○ 相談日: 月曜日〜木曜日(祝日・年末年始を除く)
○ 時 間: 午前9時30分〜11時30分、午後1時〜4時30分
○ 電話番号: 042-312-8119 (相談室直通)

関係機関の皆さまへ

○ 面接相談は行っていません。
○ 相談員は輪番で対応しておりますので継続的な相談はできず、1回ごとの相談になります。

平成30年度実績値

(1)医療福祉相談


@診療科別相談件数
からだ こころ
入院 13,397件 11,462件
外来 6,139件 7,800件

A方法別相談件数
面接 電話 訪問 文書
16,472件 18,425件 154件 3,747件

Bカンファレンス開催回数
クライエント処遇会議 9,003回

Cグループワーク(回数)
患者家族のグループワーク 児童と家族のグループワーク
17回 275回

(2)心理業務


@診療科別件数
からだ こころ
入院 11,446件 7,860件
外来 2,790件 6,049件

A方法別件数
心理アセスメント 心理面接 心理相談 病棟活動
入院 6,874件 5,863件 6,486件 83件
外来 2,609件 5,070件 1,160件

(3)電話相談 1,010件


スタッフ紹介

氏名 菊地 祐子 (きくち ゆうこ)
役職 医長
専門分野・得意分野・
研究分野
児童思春期精神医学
主な資格等 精神保健指定医
日本精神神経学会専門医