診療科のご紹介


アレルギー科

診療科のご紹介

アレルギー疾患を有する子どもたちが増える中、全国でもアレルギー科を設置する小児専門医療施設が増えてきました。

当科も都立小児総合医療センター設立に伴い新設されました。日本小児アレルギー学会日本アレルギー学会アレルギー疾患の治療ガイドラインを作成しています。

アレルギー科ではガイドラインに沿った治療を地域の医療施設の先生方と協力して進めていきます。

アナフィラキシーを起こす子どもへの対応や園・学校での受け入れで苦慮している場合、難治のアトピー性皮膚炎で治療が難航している場合、しばしば喘息発作を起こしていても治療が継続できない場合など一般診療では対応しづらかった場合へも積極的に対応していきます。

当科は、アレルギー専門の医師4名と看護部所属の専門看護師である小児アレルギーエデュケーター1名で診療を行っています。

こんな症状のお子さんが対象です

  • 食物アレルギー
  • 小児気管支ぜん息
  • アトピー性皮膚炎
  • 乳幼児消化管アレルギー
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
  • アレルギー性鼻炎・結膜炎
  • ラテックスアレルギー
  • 薬物アレルギー

主に取り扱っている疾患、治療内容

食物アレルギー

食物アレルギーで大切なことは、正しい診断に基づく必要最小限の除去、早期の除去解除にむけて食物経口負荷試験による確認、アナフィラキシーを起こしたときの対応です。

当科では、原則として食物経口負荷試験での診断を行い、食物除去を最小限に留め、栄養士の指導で栄養のバランスを整えます。アナフィラキシーを起こす可能性がある場合にはアドレナリン自己注射(エピペン)を導入してアナフィラキシー対策を学校、園を含めて考えていきます。

除去食が必要な場合でも、少しずつ食べながら除去を解除していく治療方法も選択することができます(経口免疫療法)。

小児気管支ぜん息 (小児ぜん息)

小児ぜん息で大切なことは、10年前とは大きく治療が変わったことです。治療ガイドラインが普及してきたこと、吸入ステロイド薬を積極的に使用するようになったこと、乳幼児のぜん息を早期診断、早期治療し重症化を予防することです。

当科では、小児気管支喘息治療・管理ガイドライン(日本小児アレルギー学会作成)に基づいてお子さんへの指導を重視して治療をおこないます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みの強い湿疹が長く続く病気です。痒みにより睡眠障害集中力の低下がおこります。

治療の原則は、湿疹のおこる原因をなくし、スキンケアを徹底して皮膚のバリア機能を整え、外用ステロイド薬により皮膚の炎症を抑えることです。

大切なことは、スキンケアを上手にすることと、皮膚のスベスベ・ツルツルを維持するための予防的な軟膏治療を身につけていくことです。当科では、専門の看護師(小児アレルギーエデュケーター)によるスキンケア指導を行いながら治療を進めていきます。

乳幼児消化管アレルギー

乳幼児消化管アレルギーは、生まれてすぐの赤ちゃんから乳児期にかけての血便の原因の一つです。

新生児期早期に発症する重症例では全身管理が必要です。粉ミルクを開始してから血便がでることがあればこの病気を疑います。診断がつけば栄養状態を評価しながら原因食物の除去を行います。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、多くは小学校高学年から中高生に起こる食物アレルギーの特殊なタイプです。

運動時のじんましん呼吸困難アナフィラキシーショックで発症します。原因となる食物を食べただけでは、症状は出ませんが、運動をするとじんましん呼吸困難が起こります。

当科では、原因となる食物の検査と症状が出たときの対処方法について考えていきます。

アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎は、小児ぜん息アトピー性皮膚炎に合併することの多いアレルギー疾患です。原因の多くは、ハウスダストチリダニ花粉(スギ花粉ヒノキ花粉カモガヤ花粉ブタクサ花粉ハンノキ花粉など)、ペットの毛 (ネコ、イヌ、モルモットなど)です。

当科では、原因となるアレルゲンの検査を行い、原因を避ける生活指導点鼻薬(ステロイド点鼻薬)内服薬(抗ヒスタミン薬抗アレルギー薬)、減感作治療(免疫療法)をおこないます。

ラテックスアレルギー

ラテックスアレルギーは、天然ゴム製医療用具である手袋カテーテルなどを繰り返し使用している場合に起こる可能性がある即時型アレルギーの一つです。

ゴム製品である手袋ゴム風船と接触して痒みじんましんが出る場合は注意が必要です。当科では、診断と予防方法について指導します。

医療機関の先生へ

アレルギー疾患は、今や3人に一人が持つようになりました。多くの患者さんは軽症、中等症とされていますが喘息発作運動誘発発作皮膚のかゆみ花粉症症状食事制限でQOLは障害されています。

こうした状況を改善していくために、医療連携は不可欠と考えています。かかりつけ医と専門病院そして学校・園、保健所等行政が連携して啓発、予防が必要です。

当院アレルギー科では、食物アレルギー小児ぜん息アトピー性皮膚炎の急性期、症状増悪時の治療、治療方針決定のための検査、コントロールがつきにくい場合の患者さんへの指導を中心に行っています。

食物アレルギー

  • 食物除去を解除できるかどうかの判断のための食物経口負荷試験の実施
  • 原因食物を特定するための食物経口負荷試験の実施
  • 食べられる量を決定するための食物経口負荷試験の実施
  • 緩徐経口免疫療法の実施
  • エピペン注射指導
  • 園・学校でのアナフィラキシー対応のための研修の実施

小児気管支ぜん息

  • 急性発作対応、ER受診、入院治療(総合診療科が対応します)
  • 呼吸機能検査(スパイロメーター)の実施
  • 気道過敏性検査(運動誘発試験)の実施
  • 吸入手技指導(エアロチャンバー等によるpMDI吸入指導、ネブライザーでの吸入指導)の実施
  • ピークフローメーターでの喘息管理指導の実施
  • 環境整備指導の実施
  • 難治例、重症例のコントロールのための入院治療の実施

アトピー性皮膚炎

  • 病気の説明
  • ステロイド忌避患者への対応
  • スキンケア指導(皮膚の洗い方、軟膏の塗布方法)の実施
  • 重症例、難治例の入院治療の実施

乳幼児消化管アレルギー

  • 血便の鑑別診断(消化器科と協同で診療)
  • 食物除去指導と栄養評価の実施

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

  • 原因食物の特定のための食物負荷試験運動誘発試験を実施
  • アナフィラキシー発症時の対応方法の指導
  • 学校等での教職員向けの指導の実施

診療実績

対象期間:平成24年4月~平成25年3月の12ヶ月間

  • 外来患者数:5,613名
  • 食物経口負荷試験数:725件
  • 小児アレルギーエデュケータによる患者指導件数:1,685件

食物アレルギー(エピペン®)講習会について

当科では、エピペン®(アドレナリン自己注射薬)を処方された園児や児童・生徒が所属する施設の教職員を対象に、食物アレルギーの緊急時に適切な対応ができるようになるための講習会を開催します。

今年度は、5回の開催を予定しています。現在、平成28年4月28日(木)、5月26日(木)(いずれも16時30分から18時00分まで)の講習会の参加者を募集しています。
参加を希望される施設の代表の方は、「食物アレルギー(エピペン®)講習会のご案内」をご覧になり、お申込みに必要な内容(@〜H)を記載したメールを所定のアドレスまでお送りください。
なお、お問い合わせは、緊急の場合を除き、メールでお願いしております。
この講習会は、患者様、そのご家族を対象とした講習会ではありませんので、ご注意ください。

⇒ 「食物アレルギー(エピペン®)講習会のご案内」ページはこちら

スタッフ

氏名 役職 専門分野 主な資格等
赤澤 晃
(あかさわ あきら)
部長
診療科責任者
小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の患者教育
・学校での対応の指導
・食物アレルギーの負荷試験、食物除去の解除指導、経口免疫療法指導
・ラテックスアレルギー患者指導
日本小児学会専門医、
日本アレルギー学会指導医
吉田 幸一
(よしだ こういち)
医員 小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の治療、患者教育
・食物負荷試験、経口免疫療法指導
・各種負荷試験(食物、運動、薬剤など)
日本小児学会専門医
日本アレルギー学会指導医
古川 真弓
(ふるかわ まゆみ)
非常勤 小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の治療、患者教育
・食物負荷試験、経口免疫療法指導
・各種負荷試験(食物、運動、薬剤など)
日本小児学会専門医
佐々木 真利
(ささき まり)
非常勤 小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の治療、患者教育
・食物負荷試験、経口免疫療法指導
・各種負荷試験(食物、運動、薬剤など)
日本小児学会専門医
松下 祥子
(まつした しょうこ)
サブスペシャリ
ティレジデント
小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の治療、患者教育
・食物負荷試験、経口免疫療法指導
・各種負荷試験(食物、運動、薬剤など)
日本小児学会専門医
大村 葉
(おおむら よう)
サブスペシャリ
ティレジデント
小児科、アレルギー科
・喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の治療、患者教育
・食物負荷試験、経口免疫療法指導
・各種負荷試験(食物、運動、薬剤など)

このページの一番上へ戻る