患者さんへ

患者さんへ

各診療科の主な担当疾患及び専門的な外来のご紹介

右上のアコーディオンパネルを開くをクリックすると、各診療科の表が一覧表示されます。

右上のアコーディオンパネルを閉じるをクリックすると、各診療科の表が閉じます。

診療科 主な対象疾患
総合診療科 総合診療科外来ではER外来に紹介するほど救急でなく、また専門診療科でもない疾患を主に紹介を受けています。例えば、体重増加不良、繰り返す発熱、繰り返す腹痛、頭痛、起立性調節障害、新生児黄疸などさまざまな疾患です。
※「思春期外来」を設置しています。
診療実績
心療内科
(心療小児科)
摂食障害、心身症(起立性調節障害、片頭痛、過敏性腸症候群、慢性胃炎、心因性頻尿)
転換性障害(心因性の運動障害、心因性の痛み、心因性視力障害など)
診療実績
循環器科 先天性心疾患(心室中隔欠損、心房中隔欠損、房室中隔欠損、動脈管開存、ファロー四徴、両大血管右室起始、大血管転位、三尖弁閉鎖、肺動脈閉鎖など)、心筋・心膜疾患、不整脈、肺高血圧、川崎病(重症例、冠動脈瘤合併症など)
診療実績
内分泌・代謝科 成長・思春期・性の分化の異常、糖尿病、くる病等のカルシウム代謝異常、甲状腺・副腎のホルモン異常、肥満・高脂血症等の小児期成人病、先天代謝異常症等
診療実績
血液・腫瘍科 血液悪性疾患、固形腫瘍(脳腫瘍を含む悪性腫瘍)、再生不良性貧血、溶血性貧血を初めとした各種貧血、各種好中球減少症、白血球機能異常症、特発性血小板減少性紫斑病を初めとする血小板の数的、質的異常疾患、血友病、フォンウィルブランド病などの凝固因子異常症
腎臓内科 3歳児検尿、学校検尿異常、慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、尿路感染症、先天性腎尿路奇形、嚢胞性腎疾患、膠原病に伴う腎疾患、保存期腎不全、末期腎不全(透析)、高血圧症など
診療実績
腎移植
※臓器移植科と一緒に診療します。
診療実績
神経内科 急性脳炎・脳症、けいれん性疾患
※総合診療科・集中治療科と連携して診療します。
小児てんかん
※脳神経外科と連携して診療します。
運動異常症(ジストニアなど)、神経変性疾患、神経筋疾患など
※都立神経病院医師が担当します。
診療実績
呼吸器科 長引く咳、投薬で改善しない呼吸症状、繰り返す肺炎・気管支炎、胸部レントゲンでの異常、運動時の呼吸困難、喘鳴、いびき、哺乳困難、睡眠時無呼吸、胸の凹み・突出、気道異物(気管・気管支)など
結核科 家族に結核がいる、肺結核の人との接触、長期間継続する微熱・咳、コッホ症状疑い、BCG接種部位のジクジク・腋の下のしこりなど
感染症科 重症感染症、診断や治療に苦慮されている感染症、稀な感染症、海外渡航後に発症した感染症、肝炎、不明熱、先天性免疫不全、周期性発熱症候群などの自己免疫性疾患、特殊疾患のワクチン接種(認可済ワクチンのみ)
診療実績
消化器科 胃・小腸・大腸から直腸肛門に至る消化管全般の疾患(便秘、慢性腹痛、嘔吐、血便、下痢、炎症性腸疾患、消化管ポリープ、肛門疾患等)、肝胆道・膵疾患(黄疸、肝機能異常、門脈圧亢進症、食道静脈瘤、胆石、膵炎等)の診断治療、障がい児腹部医療、脊髄疾患等の排便障害、消化管異物(内視鏡摘出)
※「便秘外来」「腹痛外来」「排泄ケア(WOC)外来」を設置しています。
診療実績
アレルギー科 食物アレルギー、小児気管支喘息、アトピー性皮膚炎、乳幼児消化管アレルギー、食物依存性運動誘発アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎・結膜炎、ラテックスアレルギー、薬物アレルギー
※アトピー性皮膚炎は、症状・患者希望により皮膚科が担当するこもあります。
診療実績
臨床遺伝科 既知の染色体異常症や症候群、遺伝性疾患、体つきの特徴に加えて精神運動発達遅滞の原因が特定されていない児など、先天性疾患をもつ児全般
診療実績
外科 頭頸部、口腔、胸部(肺、気管、ロート胸)、横隔膜、胃・小腸、大腸、肝胆膵、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、腹壁・臍ヘルニア、固形腫瘍(神経芽腫、肝芽腫、奇形腫、横紋筋肉腫など)・良性腫瘍、腹部・胸部外傷、消化管異物(主に開腹摘出)など小児外科疾患全般
診療実績
心臓血管外科 新生児から成人にいたる先天性心疾患全般に対する外科治療やペースメーカー植え込み術、補助循環など
※初診は、循環器科でお受けします。
診療実績
泌尿器科 小児の尿路生殖器系(腎・尿管・膀胱・精巣・膣・外陰部)の先天異常の精査・治療。性分化疾患・二分脊椎症患児の治療・成長サポート。腎・膀胱・精巣悪性腫瘍の外科的治療
診療実績
整形外科 小児股関節疾患、小児足部疾患、脊柱側弯症、脊椎先天異常、下肢アライメント異常、先天性運動器疾患、骨折、化膿性骨髄炎、筋性斜頸、成長痛、骨端症など
診療実績
形成外科 口唇口蓋裂、頭蓋顎顔面骨の変形、耳介・外鼻など顔面軟部組織の変形、合指症・多指症などの手足の先天異常、ケガや手術後の傷あと、褥瘡など
診療実績
脳神経外科  脳・脊髄腫瘍、二分脊椎、キアリ奇形、水頭症、頭蓋内嚢胞、 頭蓋骨縫合早期癒合症、もやもや病、脳動静脈奇形、頭部外傷、 脳性麻痺による痙縮など
診療実績
眼科 斜視、弱視などの非器質的疾患、前眼部〜眼底の先天異常、眼瞼下垂や睫毛内反(さかさまつげ)などの視機能に関係する眼瞼疾患、未熟児網膜症、ステロイド緑内障や糖尿病性網膜症など
耳鼻いんこう科 扁桃肥大・アデノイド肥大、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、難聴、顔面神経麻痺、耳瘻孔、正中頸嚢胞・側頸嚢胞などの嚢胞性疾患、頸部腫瘍性疾患、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、声帯ポリープ・声帯麻痺など
診療実績
皮膚科 アトピー性皮膚炎などの湿疹・皮膚炎群、血管腫・母斑、蕁麻疹、脱毛症、その他毛髪についてのご相談、角化症、水疱症、色素異常症、皮膚腫瘍、爪や汗についてのご相談、など
診療実績
小児歯科 障害児歯科診療、基礎疾患を持つ児や、暴れて治療ができない児の歯科治療、口腔外傷による歯の損傷、口腔粘膜の損傷、歯の異常、過剰歯、埋伏歯、歯原性のう胞、口唇や舌などの小手術
診療実績
矯正歯科 「顎変形症・口唇口蓋裂・各種症候群・先天異常」に伴う咬合異常や「基礎疾患」をもつ患者さんの矯正歯科治療
※医科の各科と連携して診療
コーンビームCT、セファロCT
※診療放射線科と連携して、院外からの検査依頼をお受けしています。
「埋伏歯の牽引」や「過剰歯摘出後の矯正歯科治療
※多摩総合医療センターの歯科口腔外科と連携して診療
診療実績
臓器移植科 生体腎移植・献腎移植、 慢性腎不全治療に関する外科的治療(開放腎生検、テンコフカテーテル挿入、バスキュラーアクセス作成術 )(初診は金曜日午後に枠あり)
診療実績
診療放射線科 MRI検査、CT検査、核医学検査、TV検査、単純撮影検査
※院外からの検査依頼をお受けしています。
麻酔科 手術後の痛み、全身疾患に伴う痛み、手術やケガから数年経って起こる痛みなど痛み全般
※「ペインクリニック外来」を設置しています。
児童・思春期
精神科
広汎性発達障害、注意欠如多動性障害(ADHD)などの発達障害、強迫性障害や不登校・ひきこもりを伴う心因性精神障害、統合失調症やうつ病などの精神障害
診療実績
集中治療科 多彩な原因による呼吸不全・ショック・意識障害、その他、急性臓器不全等。外傷症例・術後症例にも対応。
人工呼吸管理・体外循環等となった症例の診療相談可能。また、こうした重篤患者の遠距離搬送も実施。
※ 専門診療各科と積極的に協力し、病院としての総力を注いで最善の高度医療・先進的医療を提供します。
診療実績
新生児科 新生児期のあらゆる疾患、新生児ドクターカー、三角搬送
※棟続きの多摩総合医療センター産科と協力して総合周産期母子医療センター及びスーパー総合周産期センターとして対応
診療実績
リハビリテーション科 脳性麻痺などの脳疾患、骨関節障害などの整形外科疾患、様々な先天性疾患、廃用症候群、運動発達の遅れなど
※原則として当院他科からの紹介に基づく診察です。

症状別・家庭でできる子どものケア

 お子さんが体調を崩したとき、ケガをしたときにご家族がどのように対応したら良いか迷う時はありませんか?そんな時に参考にしていただけるよう、パンフレットを作成いたしました。
 熱を出した時や、咳が出て苦しい時、おなかの具合が悪い時、やけどをした時などに、ぜひご活用いただき、安心してお子さんのお世話をしていただければと思います。
 ご家族が笑顔で接すれば、お子さんのこころも和らぎます。
 また、お子さんがどのような状態のときに病院にかかったらよいかの、目安についても載せていますので、合わせてご活用ください。

  発熱した時(PDF) 発疹が出た時(PDF)
  咳がでる・息苦しい時(PDF) けいれん(ひきつけ)を起こした時(PDF)
  嘔吐をした時(PDF) 下痢をした時(PDF)
  腹痛がある時(PDF) 頭をうった時(PDF)
  誤って何かを飲んだ時(PDF) やけどをした時(PDF)

災害について

  自宅で介護しているご家族の方へ 災害訓練について

ちょっと知りたい子どもの食事

離乳食の進め方や夏の食生活、体調がよくない時の食事など、子どもの食事について知っていたらお役立ちな情報を掲載しています。
ちょっと知りたい子どもの食事(栄養科)
お楽しみメニュー紹介(栄養科)

抗菌薬を「正しく使う」ために知っておきたいこと

感染症科から、抗菌薬を正しく使うために知っておきたいことについて、お知らせいたします。
抗菌薬を「正しく使う」ために知っておきたいこと
パンフレット(PDF)

薬剤科からのご案内

薬剤科から患者さんへのご案内のほか、「お薬の飲ませ方・使い方について」、「子どもによる医薬品の誤飲事故に注意!」、 「粉薬と服用補助食品の飲み合わせ(おいしさの相性)について」などを掲載しています。
患者さんと保護者のみなさまへ(薬剤科)

このページの一番上へ戻る