小児がん拠点病院について


東京都立小児総合医療センター小児がん医療のご案内

平成25年2月、東京都立小児総合医療センターは「小児がん拠点病院」に指定されました。

小児がん拠点病院とは・・・

 小児がん患者とその家族が安心して適切な医療や支援を受けることができる環境の整備を目的に厚生労働省が指定した施設です。全国を7つの地域ブロックに分け、全国で15施設が指定を受けました。
 当センターが担当する関東甲信越ブロックは、4つの拠点病院が指定され、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野の10都県の小児がん対策の中心的役割を担ってまいります。

東京都立小児総合医療センターの提供する小児がん医療

診療圏:
 多摩地域、23区西部、埼玉県南西部・西部、神奈川県北部、山梨県のほか、最重症患者には診療圏を越えて対応

集学的治療を要する重症小児がんへの対応

・治療抵抗例、再発例などの難治性小児がんに対応
・血液浄化、人工心肺など重症集中管理を要する小児がん治療に対応(小児救
 急医、集中治療医によるドクターカー、ヘリ、 PICU を利用した重症管理)
・腹部腫瘍、脳腫瘍等包括的医療を必要とする固形腫瘍に対応

地域における小児がん医療および支援

・地域における小児がん症例に責任を持って対応
・患者さんの利便性に配慮した対応
・退院後は地域の医療機関と連携

多職種によるチーム医療

・緩和ケアサポートチームによる小児に特化した緩和ケアの提供
・腫瘍カンファレンスによる治療方針の確認、決定
・小児総合診療基盤による優れた合併症医療

長期フォローアップ

・多診療科による高度で包括的な長期フォローアップ
・多摩総合医療センターと連携した移行医療モデルの構築

患者家族支援

・子ども家族支援部門による心理社会的なサポート
子どもがん相談支援センターによるサポート
・市民に対する小児がん啓発活動の実施
・ドナルド・マクドナルドハウスふちゅう(宿泊施設)
・都立武蔵台学園府中分教室、ピアサポーターとの協働による支援

人材育成支援

・小児がん診療機関と連携した若手血液・腫瘍医育成
・コメディカル育成支援
・研究会、公開カンファレンスの開催

⇒研修・見学の受入れについて(PDF)
⇒Tumor Board(腫瘍カンファレンス)のご案内はこちら(XLS)

臨床研究支援

・臨床研究支援センターによる医師主導治験、多施設共同研究のサポート

診療科・診療実績等

小児がんに関する主な診療科

 血液・腫瘍科  脳神経外科   外科   泌尿器科

東京都がんポータルサイト(外部サイト)

各種サポート情報

このページの一番上へ戻る