職員募集


メンバー紹介

メンバー紹介

学年 出身大学 初期研修病院
R3 東北大学 八戸市立市民病院
東北大学 聖隷浜松病院
昭和大学 武蔵野赤十字病院
東北大学 青梅市立総合病院
愛媛大学 武蔵野赤十字病院
秋田大学 仙台市立病院
東邦大学 東邦大学医療センター大森病院
R2 慶應義塾大学 手稲渓仁会病院
京都府立医科大学 京都市立病院
名古屋市立大学 聖隷浜松病院
筑波大学 筑波メディカルセンター
宮崎大学 水戸協同病院
埼玉医科大学 埼玉医科大学総合医療センター
千葉大学 横浜市立みなと赤十字病院
慶應義塾大学 日本赤十字社医療センター
杏林大学 災害医療センター
R1 宮崎大学 沖縄南部こども医療センター
北海道大学 帯広厚生病院
東北大学 岩手県立中央病院
昭和大学 関東労災病院
山梨大学 山梨県立中央病院
福島県立医科大学 江東病院
順天堂大学 順天堂練馬病院
東京大学 東大病院

現レジデントからのメッセージ@

R2

 私は初期研修医2年間を小児科のない片田舎の市中病院で過ごし、後期研修としても1年間、大人の総合診療科医として働いた後で当院に就職しました。
小児科は初期研修医のときに少しかじった程度で、最初はとても不安な気持ちでしたが、いざ都立小児の一員となった後は、完璧な屋根瓦式の教育体制のもと、 のびのび育てて頂き、今では毎日とても楽しく研修をしています。
当院は非常にバランスのよい小児病院だと思います。大学病院並み(多くの科がそれ以上)のアカデミックさで日々の診療にあたりながら、 大学病院では経験できないcommonな症例も豊富に経験でき、ときおり非常に珍しい疾患にも出会うこともあります。 レジデントの教育に非常に熱心な病院であることも当院の特徴です。
ぜひ一度見学にきてください。一緒に学び、成長しながら、未来の子供たちのために働きましょう。

現レジデントからのメッセージA

R2

都立小児の自慢
@ 各地から集まるレジデント
 出身大学、出身地もばらばらの、個性豊かな9人が集まります。当院で出会えた小児科医は数知れず、卒業後も大切にしたいです。
A 屋根瓦式の総合診療科
 レジデント1年目と2〜3年目のペアで、スタッフの指導のもと入院患者を担当します。 1年目で主治医となり、悩むことも多々ある中で、ペアの先生は頼りになる医師であり、最高の相談相手でした。
B なんでもこいのER
 Common diseaseはもちろん、外傷、基礎疾患をもつ児の救急対応、ホットラインまで子どもに関わることは何でも診るERです。
ERに専念するローテーション期間に加え、3年間を通して当番、当直があり、鍛錬は続きます。
C 専門診療科の熱い指導
 感染症科主催の勉強会が毎週あります。川崎病外来、尿路感染症外来、けいれん発達外来ではレジデントが専門診療科の指導下で外来診療を行います。上記はほんの一例で、各科の垣根なくご指導頂いています。
 当院の研修は多忙です。しかし、小児科医として学ぶべきことにあふれた施設です。

現レジデントからのメッセージB

R1

 初めまして、シニアレジデントの原です。
 当センターでの研修についてご紹介させて頂きます。シニアレジデントのカリキュラムの軸となるのは総合診療科の研修です。Commonな疾患の治療や、各専門科にコンサルトする専門性の高い症例が数多く存在し、在籍中に主治医として経験できます。
 毎日のカンファではプレゼンテーション能力の向上、症例の情報共有で一般知識を養い、スタッフのバックアップを受けながらもレジデントが主体となって診療を行っています。
 また、充実した教育体制がしかれているのも特徴の一つです。毎週1回は感染症科の先生達による感染症勉強会、レジデントが症例のショートプレゼンや予演会を行う朝のカンファを筆頭に、各専門科の先生達の講義を受ける機会が豊富にあります。
 当センターでの研修は、小児科医としての基礎を固め、未来の選択肢を広げるには十分な症例数と教育体制を兼ね備えています。一度見学で体験して頂ければと思います。

現レジデントからのメッセージC

R3

 当院での小児科研修の特徴は、
 @幅広い専門診療科との協力体制が整っている、
 A1次から3次まで幅広い重症度の症例を経験することができる、
 B成熟された屋根瓦形式の教育システム
が挙げられます。
 当院は多くの基礎疾患を持つ児が訪れ、入院が必要な時には総合診療科で入院を担当することも多いです。複雑な背景を持ち、治療が難しい患者もいますが、専門診療科との垣根が低く、密にコミュニケーションを取りながら診療を行うことができ、当院の長所の1つと言えます。
 また、ERでは3年間を通じて様々な重症度の症例を経験することができ、小児科医として必要なcommon diseaseも十分経験することができます。 何より、当院は若手医師を育てようという文化が根付いており、非常に充実した教育を受けることができるとともに、次の世代への教育者としての役割を果たしていくことになります。
 小児科研修として様々な形、ニーズがあると思いますが、当院だからこそ提供できる経験があると思います。もし興味を持っていただけるのであれば、是非一度見学に来てみてください。

このページの一番上へ戻る