病院のご紹介


感染症対策について

基本的な考え方

医療関連感染の発生を未然に防止すること、発症した感染症を早期に制圧することを基本としています。特にアウトブレイク(集団発生)が発生した場合には、厳重かつ迅速に対応します。これらのために、感染対策チーム(ICT)、各部署の感染担当看護師等が、病棟の巡回、現場への介入、サーベイランス(定期調査)、教育などを行います。

感染対策委員会について

病院長を委員長とした、感染対策委員会を設置し、感染症対策にあたっています。委員会には、検査部門、薬剤部門、感染対策チーム等から、感染症の動向・問題点の報告を受け、具体的にどのように対処すれば良いのか方針・対応を決定しています。

職員に対する教育について

院内で働くすべての人が、基本的な予防策や手指衛生などの重要性を認識し、感染対策を実施できるよう、指導しています。感染対策に関する研修や講習会を、年2回以上実施しています。また、年度途中での採用者に対しても、別途研修を行っています。

感染症の発生状況の報告について

感染症発生状況を、毎週1回作成し、各職員に周知しています。また、月に1回感染対策チームの会議を開催し、感染症の発症状況について協議するとともに、その結果を毎月感染対策委員会に報告し、情報共有を図っています。

患者さん等に対するお願いについて

患者さん・そのご家族等に対しても、感染症防止のため手洗い・マスクの着用・アルコール消毒等をお願いしています。また、面会にいらした方についても、体調不良の場合には面会を禁止させていただく等の対応を行っております。感染症の予防・拡大防止のためご協力のほどよろしくお願いいたします。

病院は、様々な疾患を持った子どもが来ます。中には、麻疹や水痘、インフルエンザなど感染性の疾患を持った患者も来院します。感染防止の観点から、受診や面会以外で当院への立ち入りはご遠慮くださいますようお願いいたします


病院見学・患者エリアに入られる医療職の方へ

 当院は、小児の専門医療施設で、感染症に弱い患者さんを含むたくさんの方が治療を受けています。これらの患者さんに感染症をうつさないため下記のことをお願いしております。なお患者エリアである病棟や外来に立ち入らない場合は、この限りではありません。

1. 麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜのワクチンを2回接種してください。ただし罹患歴のある場合はその限りではありません。冬季には、インフルエンザワクチンの接種をお願いします。

2. 感染症のスクリーニング表に記入をして、当日、受け入れの部署の担当者に提出してください。スクリーニング表は、1Fのセキュリティ、B1の防災センター、医局の秘書室、下記リンクで入手可能です。
院内見学者チェックシートはこちら(PDF) 

3. 2日以上、患者エリアに入られる方は、下記の感染症申告書で麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜの抗体価および胸部レントゲン結果の提出も必要となります。庶務課へお問い合わせください。
感染症申告書の提出について 

 ご不明な点がございましたら、担当の方を通じて感染症科の医師までお問い合わせください。ご協力をよろしくお願いいたします。


感染症申告書の提出について

 当院は院内感染症対策として、見学者の感染症のチェックを事前に行っております。
 病院見学者は見学の原則2週間前までに下記の感染症申告書を担当者にメール、FAX、または郵送で提出してください。検査は胸部レントゲン写真、ウイルス抗体価(麻疹・風疹・水痘・ムンプス)となります。
 麻疹、風疹、水痘、ムンプスの抗体価の測定方法は申告書に記載されている項目で行ってください。
 抗体価が十分でない場合や検査を行わない場合は、書類提出日までにワクチンを接種してください。
抗体価の検査またはワクチンを接種していない場合は病棟見学ができませんので、ご了承ください。 

感染症申告書はこちら(PDF) 

お問合せ先

 東京都立小児総合医療センター
 ICT

このページの一番上へ戻る