トップ > お知らせ > 病院経営本部からのお知らせ > 都立病院(広尾、墨東、府中)では救急救命士の薬剤投与病院実習に協力しています

お知らせ 病院経営本部からのお知らせ

平成18年2月23日
病院経営本部

都立病院(広尾、墨東、府中)では救急救命士の薬剤投与病院実習に協力しています
~皆様のご理解とご協力をお願いいたします~

平成18年4月から救急救命士による薬剤投与が開始されます。都立病院(広尾、墨東、府中)では、東京消防庁の依頼を受け、救急救命士の実習協力医療機関として、薬剤投与が実施できる救急救命士の養成に協力しています。
実習は、意識が無く心臓機能が停止している重症患者様が病院に搬送された際に、救急救命士が医師の指導に基づき、安全を確保しながら薬剤(※エピネフリン)を投与するものです。
※エピネフリンは、停止した心臓の働きを再開させる効果が期待できる薬剤です。

東京都メディカルコントロール協議会
東京都メディカルコントロール協議会

東京都メディカルコントロール協議会は、救急隊員の資質を向上し、医学的観点から救急隊員が行う応急処置等の質を保障することにより、傷病者の救命効果の向上を図ることを目的として設置された協議会です。


お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課
電話 03-5320-5806(直通)