トップ > お知らせ > 病院経営本部からのお知らせ > 都立病院で使用できるクレジットカードが増えます

お知らせ 病院経営本部からのお知らせ

平成21年1月19日
病院経営本部

都立豊島病院の運営移管について

東京都は都立病院改革の一環として、地域医療の一層の充実を図るため、本年4月1日に、都立豊島病院の運営を財団法人東京都保健医療公社に移管します。
この度、病院経営本部では、都民の皆さまに基本的な考え方について理解していただくため、周知用リーフレットを作成しましたのでお知らせします。

平成21年4月1日に、都立豊島病院の運営を財団法人東京都保健医療公社に移管します。

  • 現在、豊島病院が提供している医療は、病院の運営移管後も継続いたします。
  • 地域の医療機関との連携をさらに深めながら、医療サービスの向上を図ってまいります。

これからも、地域の皆さまのご期待に添えるように努めてまいりますので、引き続き、安心して豊島病院を受診していただきますよう、お願い申し上げます。


豊島病院では、3つの重点医療に取り組み、より一層医療サービスを向上します。

 

  1. 救急医療
    365日24時間、救急患者さんの受入れを積極的に行います。
  2. 脳血管疾患医療
    脳卒中専用病床を整備し、脳血管疾患医療をさらに充実します。
  3. がん医療
    緩和ケア医療や放射線治療など、患者さんの症状に応じた適切な医療を提供します。

移管に当たりまして、皆さまからのご質問にお答えします。

Q:なぜ、病院の運営が移管されるのですか?

A:都立病院は、救命救急医療や周産期医療など専門性の高い医療を中心に提供する役割を担っています。公社病院は、地域の中核病院として、近隣の医療機関と積極的な連携を図りながら、地域医療の充実を図ることを役割としています。
豊島病院は、この地域にお住まいの患者さんが数多く受診しており、地域性の高い病院です。このため、財団法人東京都保健医療公社(注1)に運営を移管し、地域の中核病院としての機能を充実して医療サービスの向上を図ってまいります。

Q:今、豊島病院にかかっています。4月以降も同じように受診できますか?

A:引き続き受診していただけます。診察券もそのままお使いいただけます。なお、現在の診療科は、運営移管後も継続します。

Q:紹介状がないと受診できないのですか?

A:豊島病院は、現在も、原則として「紹介・予約制」をとっています。まず、地域の「かかりつけ医」(注2)に受診していただき、「かかりつけ医」の判断により、ご紹介いただくことになります。
なお、症状の安定した患者さんには地域の身近な医療機関をご紹介することもありますが、その場合には、紹介先と連絡を取り合い、具合が悪くなったときは、いつでも豊島病院で対応いたしますので、ご安心ください。

Q:予約方法は変わりますか?

A:予約方法と予約電話番号は変更ありません。受診に際しては、ご予約をお願いします。
予約センター 03-5375-5489(ゴヨヤク)
予約受付時間 平日 午前9時 ~ 午後5時※
       土曜 午前9時 ~ 正午
※ 恐れ入りますが、翌日分のご予約は前日の午後2時までにお願いします。

Q:救急医療への対応は変わりますか?

A:豊島病院の救急医療体制は変更ありません。救急の場合は、いつでも受診できます。紹介状は必要ありません。
なお、休日・夜間等に緊急に来院される場合は、お手数ですが、病院の代表電話 03-5375-1234 におかけの上、ご来院ください。

(注1)「財団法人東京都保健医療公社」とは?

地域医療の充実、向上に寄与することを目的に、東京都、東京都医師会及び東京都歯科医師会が出資し設立した財団法人であり、運営について都の指導監督を受ける団体です。
現在、「東部地域病院」(葛飾区)、「多摩南部地域病院」(多摩市)、「大久保病院」(新宿区)、「多摩北部医療センター」(東村山市)、「荏原病院」(大田区)の5つの地域病院と、「東京都多摩がん検診センター」(府中市)を運営しています。

(注2)「かかりつけ医」とは?

「かかりつけ医」とは、病気になったときに真っ先に相談するお医者さんです。予防も含めて日頃の健康管理等を行い、必要な時には専門の医療機関につないでくれる「かかりつけ医」を普段から持つことが大切です。

お問い合わせ先

  • 豊島病院に関すること
    豊島病院庶務課 電話 03-5944-3500
    病院経営本部 経営企画部 総務課 電話 03-5320-5856
  • 財団法人東京都保健医療公社に関すること
    財団法人東京都保健医療公社事務局 経営戦略課 電話 03-3219-5147