トップ > 患者さん・ご家族の方へ > お知らせ > 病院経営本部からのお知らせ > 平成26年8月 東京都立神経病院「てんかん総合治療センター」を開設

お知らせ 病院経営本部からのお知らせ

平成26年8月14日
病院経営本部

平成26年8月 東京都立神経病院「てんかん総合治療センター」を開設

 東京都立神経病院では、平成26年8月1日に「てんかん総合治療センター」を 開設しました。

 てんかん専門医を中心として、内科・外科の診療科医師及びコメディカルスタッフが協力し、検査・診断から治療方針の決定や情報の提供、心理・社会的問題へのケアにいたる総合的な「てんかん医療」を行うことを目指します。

 

Ⅰ 患者中心の最適な医療の提供


 てんかんに対する治療には、薬物療法や外科的治療があります。

 神経病院「てんかん総合治療センター」では、脳神経内科、神経小児科、脳神経外科、神経精神科をはじめとする各診療科医師やコメディカルスタッフが「チーム」となり、患者中心の最適な「てんかん専門医療」を提供します。

 

① 「てんかんボード」を設置します。

てんかんボード ~患者中心の最適な医療の提供~ 」

てんかんボード

 


②  「てんかん専門外来」 を開設します。

 てんかん専門医による「専門外来」を、毎週火曜日午後「多摩総合医療センター脳神経外科」において実施します。

 

Ⅱ 「難治性てんかん」に対する外科的治療

 てんかんは、薬物による適正な治療にもかかわらず、発作がおさまらず、精神・身体面での負担を余儀なくされる場合があります(難治性てんかん)。

 神経病院は、難治性てんかんに対し年間120例を超える豊富な手術を行っています。

 

【神経病院のご案内】

  〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-6-1

  電話 042-323-5110(代表)

  ※神経病院の外来診療は、隣接の多摩総合医療センター及び小児総合医療センターにて行っています。

  ※ご予約は神経病院ホームページをご確認ください。



 

お問い合わせ先
病院経営本部 経営企画部 総務課
電話 03-5320-5812