ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここから本文です

総合周産期母子医療センターチーム

私たち(医師 助産師 看護師 コメディカル ソーシャルワーカーなど)周産期チームで皆様を支えます。

周産期チーム イメージ図

総合周産期母子医療センター

 総合周産期母子医療センターとは、母体・胎児集中治療管理室(MFICU)を含む産科病棟および新生児集中治療管理室(NICU)を備えた医療機関です。常時、母体・新生児搬送受け入れ体制を有し、ハイリスク妊娠に対する医療、高度な新生児医療等を担っています。
 当院はMFICU6床、NICU15床、GCU30床を有し、2009年10月に都内で10番目となる総合周産期母子医療センターとして認定を受けました。以後、年間200件前後の母体搬送、40件前後の超低出生体重児を含む新生児の入院を受け入れる都内有数の総合周産期母子医療センターとして高度な周産期医療の需要に応えています。院内他部門との連携もきわめて良好で、迅速な対応が可能です。また切迫早産、重症妊娠高血圧症候群、胎盤異常など産科疾患や母体合併症を含むハイリスク妊娠管理や、超音波検査による胎児精査をはじめとした胎児診療も高度なレベルで提供が可能です。新生児医療としては、新生児仮死に対する低体温療法、外科医師や脳外科医師、眼科医師と連携して小児外科、脳外科、眼科疾患にも対応可能です。
 周産期スタッフは毎年NCPR(新生児蘇生法)研修やアドバンス助産師の育成など、スキルアップに努めています。

産科外来

産科外来

 外来は診察室以外に、分娩監視装置専用のコーナーに3台設置し、診療前の待ち時間に検査を行っています。保健指導は助産師を配置し、妊娠や育児等に関する相談や指導をきめ細やかに行っています。その他に待合のコーナーにはクッション性の高い椅子を配置し、リラックスしてお待ちいただけるよう配慮しています。また、2台DVDプレーヤーを配置し、いつでも入院中の母乳育児の様子を観ていただけるよう準備しています。

産科外来 待合室

産科外来 DVD視聴コーナー

分娩・MFICU

分娩MFICU キャラクターイラスト

 MFICUと分娩部門があります。MFICUとは母体胎児集中治療室を言います。ハイリスク妊娠など産科救急が必要な方の受入れを積極的に行っています。分娩部門では、年間1000件以上の分娩(含む 帝王切開術)を行っています。スタッフは全員助産師で、助産師として専門性を向上させるため、アドバンス助産師の育成を行っています。助産師としての専門性を活かし、皆様の安全で安心できる妊娠・分娩・産褥のサポートに努めています。

分娩室

MFICU(母体胎児集中治療室)

産科病棟

産科病棟 キャラクターイラスト

 産科病棟は治療の必要な妊婦さんや産後のお母さんと赤ちゃんの病棟です。お母さんと赤ちゃん、ご家族の「初めの一歩」を応援し、サポートしています。出産後できるだけ早期から母子同室で過ごせるようお手伝いし、母乳育児を推進しています。授乳の仕方やおむつの変え方など助産師・看護師が丁寧にサポートします。助産師を中心とした母乳育児相談外来、新生児科医師による2週間健診などもあり、退院後のサポートも充実しています。

産科病棟 新生児室

NICU

NICU キャラクターイラスト

 NICU(新生児集中治療室)は、早産・低体重などにより治療を必要とした赤ちゃんのための集中治療室です。新生児集中ケア認定看護師を中心に、赤ちゃんとの早期接触や母乳育児支援に取組み、24時間「赤ちゃんにやさしい看護」を提供しています。また、産前訪問として、入室の可能性のあるご両親に対して、成長発達や早期出生した場合のリスク等を新生児科医師・NICU助産師・看護師・臨床心理士が事前に訪問し、説明をする機会を持っています。スタッフ全員で、新生児とその家族の想いを共有しながら、愛情あふれるNICUを目指しています。

NICU(新生児集中治療室)

GCU

GCU キャラクターイラスト

 NICUを卒業した赤ちゃんが、退院するためにご家族といっしょに準備する病棟です。赤ちゃんは保育器からコット(赤ちゃん用ベッド)へ移り、成長を見守りながら、おかあさんのおっぱいを直接飲む練習、沐浴など、ご両親とともに育児を計画していきます。退院前には、夜間の様子を知ってもらうために一日いっしょに過ごしてもらう時間も準備します。また、赤ちゃんのサポーターの祖父母様にも面会に来ていただいています。

GCU病棟

患者支援センター

患者支援センター キャラクターイラスト

 患者支援センターでは、平日9時から17時まで、妊娠から出産、そして、退院後の育児について、妊婦さんとその家族の心配なことを、周産期支援コーディネーター、ソーシャルワーカー、臨床心理士、母性看護専門看護師(アドバンス助産師)がチームで支援しています。「家族が産後のサポートができない」「経済的な事情があり、入院・出産費用が心配」「区の子育て支援を知りたいが相談する場所がわからない」など、個別相談を専門のスタッフが受けています。

患者支援センター

患者支援センター 相談風景
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る