ページの先頭です
ここから本文です

神経内科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

神経内科は脳、神経、筋肉、末梢神経と幅広く全身の疾患を扱う内科であり、脳神経外科、心療内科や精神科、整形外科などと混合されることや重複する疾患が多く関連も深く日々診断治療も進歩しているため、まだ一般の人のみならず医学生や医療従事者もはっきり認識しがたい領域のようです。従来治らない病気が多いといわれてきた分野ですが、徐々に治療法など解明している分野であり、最近の高齢化社会やメンタルヘルス、過重労働などに伴い予防から急性期、在宅介護まで全身疾患としての脳血管障害(特に脳梗塞)やパーキンソン病、ALS(筋萎縮性硬化症)、脊髄小脳変性症などの難病や変性疾患のみにとどまらず、頭痛、しびれ、ふらつき、めまい、てんかん、認知症、ADL低下、老化、女性ライフサイクル関連(女性内科の一部)などで広義での“いわゆる神経内科疾患”の予防および急性期から慢性期、回復維持期まで守備範囲が大変広いことを当院臨床現場で日々実感しています。脳神経という人間としての本質と尊厳の複雑で神秘的な根源臓器を扱う畏れ多さを感じ、脳科学の面でもリサーチマインドを心がけ、リアルタイムにタイムリーに各局面で病態に即した臨床と総合評価をふまえて安全良質、効率的な地域医療でより良いADL.QOLをゴールとした多職種でのチーム医療を目指しております。不定期ながらジュニア研修医のローテートが1ヶ月ずつあり、神経内科専門医2名体制でおります。
各局面で安全に物理的対応可能な範囲で病態を優先して臨床的に総合的に判断しながら、放射線やリハビリ、他科、各内科分野の専門医、パラメディカル、医療連携室や看護相談室、臨床心理病理などスタッフと施設が充実している強みを活かして患者様とご家族、スタッフの満足度とQOL向上を目指し、かつ都立病院としての必要十分な医療提供を優先しながら安全良質な臨床へ活かす観点からの臨床研究なども心がけております。近隣に各専門分野に強いいろいろな大学病院神経内科や他の都立病院神経内科などが幸いにも多く、当科のみでは対応困難な場合など適切迅速を心がけて良心的に相談紹介させていただいて対応しております。未熟ではございますが 今後とも皆様に何らかの形でお役に立てれば幸甚にて、どうぞよろしくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

氏名 資格 専門分野
萩原 万里子
はぎわら まりこ
(医長)
  • 日本神経学会神経内科専門医、指導医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医、評議員
  • 日本頭痛学会頭痛専門医、指導医・評議員
  • 日本脳循環代謝学会評議員
  • 日本医科大学内科連携講師 (神経脳血管内科部門)
  • 日本内科学会認定内科医、指導医
  • 日本老年医学会老年病専門医、指導医
  • 日本未病システム学会未病医学認定医、評議員
  • 東京都福祉保健局身体障害者指定医
    (肢体不自由、音声機能、言語機能、平衡機能)
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 財団法人博慈会老人病研究所客員研究員
  • 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー
  • 医学博士
神経内科全般
特に、脳血管障害、認知症、頭痛の臨床 実験的脳虚血における神経病理に関する研究
老年医学
未病
岨 康太
そわ こうた
(医員)
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 医学博士
神経内科全般

診療実績

代表的な症例
 
平成27年
(件数)
平成28年
(件数)
平成29年
(件数)
平成30年
(件数)
脳血管障害 128 105 109 116
神経変性疾患 36 37 50 45
認知症性疾患 54 71 69 64
免疫関連性中枢神経疾患 11 11 10 23
末梢神経疾患 3 1 2 0
筋疾患 11 1 17 1
神経感染症 10 4 14 11
てんかん 16 20 10 14
内科疾患、代謝性疾患に伴う神経障害 6 11 1 5

 

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489ゴヨヤク
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る