ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここからメインメニューです
ここから本文です

口腔科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

都立大塚病院は医療連携を推進しており、主に周囲医療機関から紹介を受けた方の診療を行っております。口腔科として、基本的には予約診療を行っていますが、救急については随時受け入れています。当科における診療の三大柱は1)顎口腔領域疾患の診断および治療、2)重度障害者の歯科治療、3)入院患者の口腔内管理です。現在、口腔科の常勤医は3名で、いずれも口腔外科を専門としていますが、熟練した非常勤医の応援を受け木曜日には顎補綴、障害者歯科、第1・3水曜日には顎関節外来を設置しています。なお入院下、中央手術室での手術日は火、木となっています。

スタッフ紹介

常勤医3名、常勤的非常勤医2名、専門的治療を担当する臨時の非常勤医9名、臨床研修医2名、及びコメディカルスタッフ3名で外来診療をおこなっています。

氏名 資格 専門分野
田中 潤一
たなか じゅんいち
(部長)
  • 日本口腔外科学会専門医・指導医
口腔外科全般
(口腔腫瘍、口唇・口蓋裂・顎変形症などの発育異常、顎の炎症、外傷などの処置や埋伏歯などの抜歯等)
伊藤 亜希
いとう あき
(医長)
  • 日本口腔外科学会専門医・指導医
口腔外科全般
市川 秀樹
いちかわ ひでき
(医員)
  • 日本口腔外科学会専門医
口腔外科全般
八木澤 潤子
やぎさわ じゅんこ
(非常勤医員)
  • 日本口腔外科学会専門医
口腔外科全般
重政 理香
しげまさ りか
(非常勤医員)
  • 日本口腔外科学会認定医
口腔外科全般
木住野 義信
きしの よしのぶ
(非常勤医員)
  • 日本口腔外科学会専門医
顎関節症の治療
野澤 健司
のざわ けんじ
(非常勤医員)
  • 顎関節症専門医
顎関節症の治療
宮田 利郎
みやた としお
(非常勤医員)
  • 日本歯科麻酔学会認定医
障害者歯科医療における歯科麻酔
野本 俊太郎
のもと しゅんたろう
(非常勤医員)
  • 補綴専門医
顎補綴治療

専門分野・特色

顎口腔領域疾患の診断および治療

治療の多くは、外来での埋状歯抜歯ならびに基礎疾患を有する患者さんの抜歯や小手術ですが、入院が必要な各種口腔外科的疾患にも多く対応しております。当科では医療連携に基づき、歯科医院では対応困難な腫瘍、外傷、炎症、先天及び発育異常、嚢胞、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患、顎関節疾患などに対し、幅広く診断及び治療を行っておりますが、なかでも顎変形症などの手術が多いのが特徴です。

重度障害者の歯科治療

精神発達遅滞、脳性麻痺などを持つ重度障害者あるいは治療非協力者に対し、全身麻酔下での集中歯科治療を行っています。また、全身的に基礎疾患を有する方の観血的処置をモニタリングしながら行っています。

入院患者の口腔内管理および周術期の口腔ケア

院内他科に入院している方に対し、依頼に応じて口腔内管理を行っています。しかしながら長期間在院する方に対しては、歯科保存治療あるいは補綴治療が可能ですが、短期間の方にはできないため、応急処置にとどめ、地域医療機関の先生方に逆紹介させて頂いております。
また、他科で手術を受ける患者さんには、必要に応じて周術期の口腔ケアを行っております。

当科は医療連携を協定している関係上、豊島区、文京区、北区から紹介の患者様が多くを占めています。しかし、入院手術を要する患者様の多くは都内全域や都外から紹介されています。
27年度の新来院の患者様と再初診の患者様の合計は2,128名で、この中の220名に対して入院下での治療を行い、更に171名に対して中央手術室において手術を施行しております。
以下に27年度の入院手術症例の内訳を示します。顎変形症手術や口唇口蓋裂の症例が多いのが当科の特色です。

平成26年度 入院手術症例数
顎変形症 31例 (うち口唇口蓋裂 5例)
口唇口蓋裂(2次手術) 18例
プレート除去 27例
嚢胞 31例
良性腫瘍 15例
悪性腫瘍 18例
炎症 15例
骨折   3例
唾液腺   6例
基礎疾患を有する患者の抜歯 18例
障害者全身麻酔下歯科治療  9例
その他 29例
220例 (うち171例は中央手術室での執刀)
代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る