ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここからメインメニューです
ここから本文です

耳鼻咽喉科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

耳疾患

めまい、ふらつき

末梢性めまいには、良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎、内耳炎などがあります。平衡機能検査、重心動揺検査、聴覚検査などにより診断して、治療を行います。

慢性副鼻腔炎

マクロライド療法(内服治療)で軽快しない場合や鼻茸や鼻中隔彎曲症などで鼻腔換気が障害されている場合には、ESS(内視鏡下鼻副鼻腔手術)を行います。
血性鼻漏、頬部腫脹、疼痛などを伴う場合は、悪性腫瘍との鑑別が必要です。

アレルギー性鼻炎

RAST(血清特異的IgE抗体検査)により、原因となる抗原を調べます。
薬物治療のほか、スギ花粉症・ダニ(ハウスダスト)アレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法、CO2レーザーによる手術治療(日帰り)を行っています。

声帯ポリープ、ポリープ様声帯、声帯結節

保存的治療、手術治療(顕微鏡下喉頭微細手術)を行います。
上記のほか、喉頭肉芽腫、喉頭癌などの鑑別が必要になります。
喫煙歴のある方は喉頭癌のリスクが高くなりますので、嗄声が長引く場合は、受診されることをお勧めします。

顔面神経痛麻痺

Ramsey Hunt症候群(帯状疱疹ウイルス)、Bell麻痺(原因不明)などがあります。麻痺の程度により、内服治療、点滴治療を行います。必要に応じて、当院リハビリ科や麻酔科と連携して顔面マッサージや星状神経節ブロックを併用します。高度の麻痺の場合は、手術治療が必要になることがあります。

唾液腺腫瘍(耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍)

画像検査(CT、MRI)、穿刺吸引細胞診検査(超音波を併用)などで診断し、手術治療を行います。

スタッフ紹介

常勤医 2名(医長1名、医員1名)、非常勤医 6名、検査技師(非常勤)1名

氏名 資格 専門分野
井出 里香
いで りか
(医長)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
  • 日本めまい平衡医学会認定めまい相談医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器適合判定医
  • 音声言語機能等判定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 日本登山医学会評議員
  • 日本山岳協会医科学委員会常任委員
  • 耳鼻咽喉科専門研修指導医
  • 臨床研修指導医
  • 慶應義塾大学医学部客員講師
  • 医学博士
耳鼻咽喉科一般
神経耳科学
めまい平衡医学
高所医学
若林 聡子
わかばやし さとこ
(医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器適合判定医
  • 耳鼻咽喉科専門研修指導医
    耳鼻咽喉科一般 神経耳科学
大熊 敦子
おおくま あつこ
(非常勤医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
  • 日本医師会認定産業医
耳鼻咽喉科一般
井上 貴博
いのうえ たかひろ
(非常勤医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
耳鼻咽喉科一般
神経耳科学
頭頚部疾患
柳 嘉典
やなぎ よしのり
(非常勤医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
耳鼻咽喉科一般
猪狩 和子
いかり かずこ
(非常勤医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本医師会認定産業医
耳鼻咽喉科一般
永田 美也子
ながた みやこ
(非常勤医員)
  • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
  • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
  • 日本めまい平衡医学会認定めまい相談医
  • 日本耳鼻咽喉科学会騒音性難聴担当医
耳鼻咽喉科一般
めまい平衡医学

専門分野・特色

SAS外来(睡眠時無呼吸外来)

睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome: SAS)は高血圧、糖尿病、脳血管疾患などの生活習慣病との関連が注目されています。当院では生活習慣病センターとも連携して、診察、検査を進めて適切な治療をご提案しております。

問診、喉頭ファイバースコピー検査後、携帯型睡眠時無呼吸検査機器(アプノモニター)を貸出してスクリーニング検査を行います。SASが中等度以上の方には、終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査を行います。(1泊2日入院)
この検査は、鼻・口の気流、酸素飽和度、胸腹の換気運動、レム睡眠を判定する筋電図、脳波、心電図、いびき音、睡眠中の体位など睡眠の状態を詳細に評価します。閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)、いびき症の方には、必要に応じて手術治療を行っております。

小児耳鼻科

小児の睡眠時無呼吸症候群、難治性滲出性中耳炎、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、上気道疾患など小児の耳鼻咽喉科疾患に対応しております。小児の睡眠時無呼吸症候群の多くは、口蓋扁桃肥大やアデノイド(咽頭扁桃)肥大が原因になっており、この場合は手術治療が優先されます。平成29年4月より、小児を対象とした覚醒ABR(鎮静剤を使用しない他覚的聴力検査)が導入されました。小児難聴の疑いがある場合はご相談下さい。

補聴器外来

補聴器を利用される方が年々増えています。日常生活で補聴器を有効に使用して頂くため、補聴器の適応判定や適切な機種選択・調整(フィッテイング)を行っています。補聴器適合検査による客観的評価やアフターフォローも一貫して行っております。補聴器が合わない方のご相談にも応じております。

日帰り手術(day surgery)

火曜日、木曜日に随時行っております。日程につきましては、ご相談ください。

  1. CO2レーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術
  2. 鼻茸切除術
  3. 鼓膜チューブ挿入術、鼓膜形成術など

高所登山・登山者検診の相談

高所医学に関連した研究にも携わっておりますので、富士登山や標高4000m以上の海外登山、高所登山における相談にも応じております。

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る