ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここからメインメニューです
ここから本文です

外科

外来予定表へのリンク

診療科のご案内

当科について

一般外科、消化器外科、内分泌外科、乳腺外科、呼吸器外科、小児外科を9名の常勤医および2名の常勤的非常勤医で行っています。外科病床は57床で小児外科用3床を合わせ、60床で運営し、専門医が診療・治療にあたっております。安全・安心な外科治療の提供を目指しており、特に高齢者で合併症をお持ちの患者さんに対しては、外科チーム全体と他科の協力を得て、手術に当たる万全の体制をとっています。
セカンドオピニオンも重視しており、他の医療施設へお願いすることも、他の医療施設からお受けすることも、歓迎いたします。

スタッフ紹介

氏名 資格 専門分野
吉村 哲規
よしむら てつのり
(部長)
  • 東京医科歯科大学医学部臨床教授
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
消化器外科
腹腔鏡手術
輿石 晴也
こしいし はるや
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会胸部外科認定医
  • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
  • 日本内分泌外科学会内分泌・甲状腺外科専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
  • 肺がんCT健診認定機構肺がんCT健診認定医
  • ICD制度協議会ICD(感染コントロールドクター)
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本甲状腺外科学会評議員
呼吸器外科・内分泌外科
(甲状腺・上皮小体)
胸腔鏡手術
後藤 博志
ごとう ひろし
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医
小児外科
一般外科
星野 真由美
ほしの まゆみ
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医・指導医
  • 日本小児外科学会小児外科専門医
  • 日本小児外科学会評議員
小児外科
一般外科
杉本 斉
すぎもと ひとし
(医長)
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本乳腺癌学会乳腺専門医
  • マンモグラフィ読影認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
乳腺外科
一般外科
松永 浩子
まつなが ひろこ
(医長)
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝臓専門医
消化器外科
肝・胆・膵外科
神谷 綾子
かみや あやこ
(医員)
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • マンモグラフィ読影認定医
消化器外科
腹腔鏡手術
高橋 英徳
たかはし ひでのり
(医員)
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
消化器外科
腹腔鏡手術
加藤 礼保納
かとう れおな
(医員)
  消化器外科
腹腔鏡手術
茂原 富美
しげはら ふみ
(非常勤医員)
  消化器外科
腹腔鏡手術
山本 瑛介
やまもと ようすけ
(非常勤医員)
  • 日本外科学会外科専門医
消化器外科
腹腔鏡手術

スタッフ全員

専門分野・特色

1.消化器外科

食道癌、胃癌、大腸癌(結腸・直腸癌)、肝癌、膵癌、胆嚢・胆道癌などの消化器癌の診断・治療を行っております。癌の進行度と患者様の全身状態を考慮し、開腹手術と腹腔鏡手術より適切な手術を選択しお勧めいたします。患者様が安心して手術を受け、合併症なく退院できるようにスタッフ一同、最善を尽くします。
術後補助化学療法(再発予防としておこなう抗癌剤治療)や進行癌に対する化学療法(抗癌剤治療)も行います。

急性虫垂炎などの良性疾患に対する手術治療や穿孔性腹膜炎などに対する腹部緊急手術にも対応いたします。
日本外科学会専門医修練認定施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、の各施設に認定されております。

2.呼吸器外科

輿石医長が中心に行っており、肺・縦隔疾患は年間紹介症例数は約60例,手術40例であり、胸腔鏡下手術を積極的に取り入れております。手掌多汗症に対する胸部交感神経節切除も行っております。

3.乳腺外科

当院では、マンモグラフィー、乳腺超音波検査を行うことができ、また、乳腺MRIの撮影ができますので、乳癌の疑われる病変を詳しく調べることが可能です。乳癌が疑われる病変に対しては、細胞診、針生検により確定診断をすすめていきます。乳癌の治療法は、手術、抗がん剤、放射線治療、ホルモン療法があり、個々の患者さんの病状に応じた治療を組み合わせて行っています。マンモグラフィー健診導入により、ごく早期の乳癌が発見されることが多くなり、当院でも早期乳癌の治療を行うことが多くなりました。
当院では、手術は乳房温存術のほか、腋窩リンパ節転移が疑われない場合は、センチネルリンパ節生検によって腋窩郭清を省略する縮小手術が可能です。また、しこりの大きな進行乳癌に対しては術前化学療法を行い、しこりを小さくしてから手術をすすめることも行っています。当院では、年間70例の乳腺疾患の手術を行っています。お気軽にご相談ください。
乳房再建については、一次再建・二次再建とも可能です。

4.内分泌外科(甲状腺・副甲状腺)

輿石医長が中心に行っており、年間紹介症例数は約60例,手術20例であり、広範囲の地域より紹介されております。各種甲状腺・副甲状腺疾患の他に腎透析にともなう合併症である二次性副甲状腺機能亢進症の手術治療も行っております。

5.小児外科

後藤医長が中心となり行っております。小児外科学会の教育関連施設になっており、新生児外科、乳幼児外科を行っております。とくに当院は母体搬送が多く、NICU患者を中心に新生児外科症例を多く行っております。急性虫垂炎、腸重積症等の腹部疾患やその他の疾患の患児も超音波やCTを利用した早期診断治療のあとでプレイルームを備えた快適な小児病棟で療養致します。乳幼児ヘルニア手術は、年間50例行っており、手術当日朝入院、翌日退院で入院期間は1泊2日です。

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る