ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここからメインメニューです
ここから本文です

臨床指標

患者さん向け(平成25年度)

1 診療科目の項目

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
主ながん患者入院数 【肺がん】 130件
【胃がん】 240件
【肝臓がん】 110件
【大腸がん】 495件
【乳がん】 137件
【前立腺がん】 204件
 
疾患構造:大分類
疾患別平均在院日数、年齢階級別、男女別、診療科別、悪性新生物部位別・患者割合・平均年齢
 
代表的手術件数、治療件数  
内視鏡手術件数
(臓器別、治療法別)
【食道静脈瘤結紮術(EVL)】 7件
【食道静脈癅硬化療法(EIS)】 1件
【胃瘻造設術】 24件
【内視鏡的止血術】 55件
【胃内視鏡的粘膜切除術(EMR)】 10件
【胃内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)】 22件
【大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)】 263件
【大腸ポリープ切除術】 36件
【乳頭切開術(EST)】 41件
【経胆管ドレナージ(ENBD,ERBD)】 62件
 
内視鏡検査・処理件数

4,023件
【内訳】
  • 上部消化管内視鏡 2,394件
  • 下部消化管内視鏡 1,405件
  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影 133件
  • 気管支鏡 68件
  • 気管支鏡(出張) 4件
  • 局麻下胸腔鏡 8件
  • 超音波内視鏡 11件
 
鏡視下手術件数(疾患別) 胸腔鏡下
【肺楔状部分切除術】 21件
【肺区域切除術】 5件
腹腔鏡下
【幽門側胃切除術】 13件
【大腸切除術】 22件
【虫垂切除術】 72件
【胆嚢摘出術】 70件
【婦人科摘出術】 35件
 
救急患者数 入院 3,610件
外来 18,860件
救急車による来院件数 3,735件 
母子医療については救命救急医療を、その他の科についても全夜間・休日救急医療を行い、緊急入院に円滑に対応できるよう、10系列の当直体制を組んでいます。
紹介・返送・逆紹介患者数
(比率)
紹介率 77.1%
返送率 45.1%
逆紹介率 23.8%
当院は、地域医療機関との連携を運営理念の一つとしています。患者さんの症状が安定、軽快した段階で、紹介元医療機関への返送、または適切な地域医療機関に逆紹介を行っています。
紹介率:初診患者さんのうち、診療所や病院などからの紹介で受診する方の割合です。
返送率:紹介をきっかけに当院で治療を受けられ、症状も落ち着いた患者さんのうち、紹介元の医療機関にその後の治療をお任せする方の割合です。
逆紹介率:当院を救急などで受診し、症状も落ち着いたが引き続き受診が必要な患者さんを他の医療機関に紹介した方の割合です。
※紹介率:{紹介状持参患者数+(救急車搬入患者数-紹介状持参患者数)}/(初診患者実数-自費等を除く初診患者数)×100
返送率:診療情報提供書を紹介元医療機関等に発行した枚数/紹介状持参患者数
逆紹介率:(診療情報提供書を紹介元医療機関等に発行した枚数+非紹介で来院した患者のうち診療情報提供書を発行した枚数)/(自費を除く初診患者数-時間外・休日等の6歳未満の初診患者数)
t-PA投与患者数/
主病名が脳梗塞の入院患者数
t-PA投与患者数 5名/
主病名が「脳梗塞」の入院患者数 142名
t-PAは血管内の血のかたまり(血栓といいます)を溶かす薬剤です。血栓による脳梗塞が起きた直後にt-PAで治療をすると症状が良くなることが多いといわれています。この実施件数は、脳梗塞に対する緊急治療を積極的に行っているかどうかの目安になります。
心臓カテーテル(PCI)の件数 49件  
全身麻酔件数 2,241件 平成24年度実績 1,978件
平成23年度実績 1,838件
平成22年度実績 1,736件

2 政策医療

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
分娩数
(うち帝王切開件数および帝王切開率)
分娩件数 1,192件
帝王切開 240件
帝王切開率 20.1%
平成21年10月から総合周産期母子医療センターとなった当院では、ハイリスク分娩が多くなる傾向にあります。緊急母体搬送症例も多く、24時間体制で帝王切開を行うことが可能です。
ハイリスク分娩とは:妊娠22週から27週の早産、40歳以上の初産婦、分娩前のBMIが35以上の初産婦、糖尿病合併妊娠、妊娠高血圧症候群重症、常位胎盤早期剥奪などを指します。(診療報酬制度上の定義)
※帝王切開率=帝王切開件数/分娩数 
母体搬送受入件数 178件 ハイリスク妊娠の母体を中心に搬送を受け入れています。
NICU年間受入数 167人 新生児治療に必要な保育器、人工呼吸器などを備えた、24時間体制の集中治療室への受入新生児数です。院内出生/院外出生ともに受け入れています。
MFICU入院患者数 180人 平成21年10月から、総合周産期母子医療センターとなり、M-FICU6床を新設しました。
児搬送受入件数
(NICU・GCU合計受入数)
87人  
体重2,500g未満の出生数 246人
(内訳)
1500~2499g 167人
1000~1499g 31人
1000g未満 48人
 
児童精神科受診者数
  • 外来延べ患者数 7,388人
  • 1日平均外来患者数 25.1人
  • 療育指導延べ利用者数 1,444人
平成21年10月に、15歳(中学生)までを対象とする児童精神科外来を設置しました。児童精神科の地域におけるニーズは高いものがあり、開設当初から予約も多く順調な運営を行っています。

3 基本項目

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
院内実施検査項目に対する
緊急対応可能項目数
301項目
46.4%(85項目/184項目)
救急患者さんや入院中の患者さんの急変などに対応し、院内で緊急に行える検査がどのくらいあるかを表しています。
※24時間対応可能検査項目数/電子カルテ上依頼可能な緊急対応可能項目数(全部門)
CT、MRI、血管造影の検査件数 CT 10,763件
MRI 7,398件
血管造影 255件
 
放射線治療の症例数 150症例 放射線治療とは、エックス線や電子線などの放射線を用いて、主に
がんを安全かつ効果的に治療する方法です。放射線治療について専門的な知識を持った多くのスタッフによって、治療が行われています。
放射線治療のべ人数(うち連携受入数) 2,959人(51人) 平成25年度に放射線治療を受けた患者さんの数です。カッコ内は地域連携により、地元の医療機関などからの紹介で放射線治療を受けた患者さんの数です。
服薬指導件数(入院・外来) 21,994件  
栄養指導件数 個別 4,017件
集団 1.002件
糖尿病などで食事療法が必要な患者さん、ご家族に、医師の指示により「栄養食事指導」を実施しています。管理栄養士が食事療法について説明し、食生活の改善・継続に向けて支援しています。基本的な食事療法を教室形式でお話する集団指導実施後は、原則として引き続き患者さん個人の生活スタイルにあわせて行う個別指導を行っています。
NST活動件数 31症例に対し延57回 NSTとは、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師等の多くの医療従事者が共同して患者さんの栄養管理を行う栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)の略称です。NSTは、栄養管理上問題のある個々の患者さんについて、栄養障害の有無の評価、適切な栄養管理が実施されているかチェックして、栄養状態の改善に向けてのアドバイスを実施しています。
入院患者リハビリテーション実施件数 総件数 135,886件 当院では、リハビリテーション医療を重点医療の一つと位置づけ、リハビリテーションの専用病床を備え、早期リハビリテーション医療、専門リハビリテーション医療を中心に対応しています。また、外来での通院リハビリテーション医療も行っています。更に、平成15年度から回復期リハビリテーション病棟の施設基準を取得して、多くの患者さんに質の高いリハビリテーション医療を提供しています。
転倒・転落率と件数 0.17% 入院している患者さんの中には、年齢やお持ちの病気・ケガなどを原因として、転んでしまったり、ベッドから落ちてしまうといった危険が高くなる方がいます。病棟や廊下などの療養環境整備、職員の医療安全研修、患者さんご本人やご家族への予防知識の提供などを通じ、転倒・転落を防いでまいります。
※転倒した患者数(198名)・転落した患者数(69名)在院延患者総数(157,318名)
褥瘡発生率 0.8% 褥瘡(とこずれ)は長期間床(とこ)についていることで、圧迫された皮膚が循環障害を起こし、傷となってしまったものです。原因は長期間の療養生活もそうですが、栄養状態、清潔管理、細菌の感染など色々です。大塚病院では、皮膚・排泄ケア認定看護師などが中心となって予防対策に取り組んでいます。
※褥瘡発生率;院内褥瘡発生数/(調査月の新入院患者数+前月最終日在院患者数)

4 施設全体に関する項目

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
患者満足度
  1. 93.4%
  2. 98.2%
都立病院では、患者さんの声をお聞きしてよりよい病院づくりの参考とするために、ご退院に際してアンケートをお願いしています。
ここでは、総合評価である

(1)「全体としてこの病院に満足していますか。」という問いに対し「満足」「やや満足」と回答した割合

(2)「ご家族やお知り合いのかたにこの病院を紹介したり、必要なときにはまた利用したいと思いますか。」に対し「はい」と回答した割合

を掲載しましたが、いずれも高い値を示しています。これからも、この結果に甘んじることなく、患者さんの声に耳を傾け、サービス向上に不断の努力を重ねてまいります。

医療者向け(平成25年度)

1 基本項目

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
薬剤師による抗がん剤、IVH等のミキシング数 2,612件 薬剤師が安全キャビネットやクリーンベンチを使用して、抗がん剤、IVH等のミキシングを行った処方箋枚数
臨床検査に係る精度管理調査評価評点 98.5点 平成25年度日本医師会臨床検査精度管理調査
臨床検査に係る精度管理調査評価評点 評価A+B:100%
評価C:0%
評価D:0%
平成25年度日臨技臨床検査精度管理調査
血液製剤の適正使用 1.FFP/RCC比 0.19
2.ALB/RCC比 1.32
輸血管理料1取得条件
1.FFP/RCC比<0.5
東京都内病院の平均FFP/RCC比0.43(平成25年度)
2.ALB/RCC比<2.0
東京都内病院の平均ALB/RCC比1.63(平成25年度)
クリニカルパス実施状況
(パス数、実施数、実施率)
パス数:254例
実施数:5,795件
実施率:56.3%
実施率=パス適用件数/新入院患者数
CPC、医療安全研修、
情報セキュリティー研修開催回数
CPC:5回
医療安全研修:4件
情報セキュリティー研修: 1回
 
ME機器点検実施件数 8,421件 臨床工学技士が実施した延点検件数

2 施設全体に関する項目

項目名 数値
(特に記載のないものは、25年度)
説明コメント等
病床数 508床(許可病床数)  
施設基準  
職員数 (25年度末現員数) 702名  
延べ入院・外来患者数
平均在院日数
病床利用率
入院患者数 148,496人
外来患者数 246,078人
平均在院日数 14.4日
病床利用率 81.4%
平均在院日数=入院延患者数/{(新入院患者数+退院患者数)÷2}
病床利用率=入院延患者数×100/実稼動延病床数
剖検率 4.3%
(8人/188人)
年間剖検数/年間患者死亡数
研修医1人あたりの指導医数 医科:35/(6+6)=2.92人
歯科: 3/(1+1)=1.5人
平成26年4月1日現在
卒後臨床研修マッチング希望者倍率
医科:5倍
歯科:3倍
平成25年度採用選考(平成26年4月1日採用)
希望者数/定員数
医科 31/6=5.2倍(31名応募、1名辞退のため30名受験)
歯科 3/1=3.0倍
資格認定医師、専門医師数
(26年4月現在)
 
認定看護師数、専門看護師数 皮膚・排泄ケア 1
救急看護 1
緩和ケア 1
新生児集中ケア 1
感染管理 1
がん化学療法 1
糖尿病看護 1
母性看護専門看護師 1
がん性疼痛看護 1
認知症看護 1
摂食・嚥下障害看護 1
社団法人 日本看護協会認定部において認定資格を有する職員がそれぞれの分野で患者さんへのケアや職員指導に活躍しております。
コメディカル部門の認定者・専門者数
(放射線、検査、薬剤、栄養、ME)
 
看護師の定着率 92.5% 常勤職員定着率;年度在籍職員数/年度平均常勤職員数×100 平均常勤職員数=(年度当初の在籍職員数+年度末の在籍職員数)/2
代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る