平成27年度 都立大塚 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1149 204 337 516 564 708 1249 1749 1373 256
【定義】
 平成27年中に退院した患者様の年齢です。

【解説】
 当院は、総合周産期母子医療センターがあることから、新生児科(NICU)及び小児科の患者が多く、総合病院としては0歳から10歳までの比率が高くなっているのが特徴です。また、地域医療における連携体制の構築を行っており、慢性疾患を抱えた高齢者の比率も高くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 118 11.90 14.34 5.93 67.58
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 99 14.59 15.35 0.00 63.31
100380xxxxxxxx 体液量減少症 81 11.37 9.18 8.64 71.78
【解説】
 当院の診療基盤の中核として、質の高い「総合内科」診療を実践するとともに、専門的医療も提供しています。高齢の患者が多いことから、肺炎、糖尿病、体液量減少症(いわゆる脱水症)が多い特徴があります。
リウマチ膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等26あり 34 2.50 2.91 0.00 61.94
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等22あり 22 24.59 26.73 0.00 70.55
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 18 29.33 14.34 5.56 80.17
【解説】
 関節リウマチに加えて感染症、治療薬の副作用、骨粗鬆症等で入院される患者様も多くなっています。
整形外科、リハビリテーション科と連携して患者様のニーズに応じた総合的なリウマチ医療を提供しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 194 7.14 5.72 0.00 2.09
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 6.77 6.31 0.00 3.21
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 51 6.94 5.54 0.00 2.16
【解説】
 総合周産期母子医療センターのアフターケアとして、新生児科を退院後、小児科で継続して診療する患者様が多い特徴があります。また、地域の小児救急二次医療施設として救急診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 96 5.14 5.56 0.00 33.77
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 8.28 9.17 3.28 62.34
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 39 6.13 4.28 0.00 72.92
【解説】
 地域の総合診療基盤の役割を果たすために、消化器外科、乳腺外科、小児外科を中心に診療にあたっています。消化器癌の診断・治療の他に急性虫垂炎などの良性疾患に対する手術治療や穿孔性腹膜炎などに対する腹部緊急手術にも対応しています。
(手術は、腹腔鏡手術を積極的に、かつ安全に行っています。)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 40.07 28.70 41.79 81.94
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 42 9.12 5.70 0.00 55.19
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 25.47 27.21 5.88 72.56
【解説】
 当科は人工関節置換術(股、膝等)の症例数が多く、関節疾患他関節リウマチに対する手術を専門的に行っています。また脊椎疾患や四肢全般の外傷患者も多く、早期の社会復帰を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 32 3.91 5.12 0.00 47.19
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 5.05 5.86 0.00 37.55
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 20 7.70 3.54 0.00 64.40
【解説】
 形成外科の対象となるほとんどの疾患を扱っていますが、特に顔面の外傷、顔面や手足の先天性奇形、外傷後や手術後の後天性の変形に対し、形成術を多く行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 10.32 7.52 9.68 48.52
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 21.58 19.32 33.33 50.83
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 8.96 10.02 0.00 78.04
【解説】
 脳血管障害と頭部外傷を多く扱っています。当院の特徴として新生児・小児の脳神経外科疾患が多く、新生児科、小児科、形成外科とチームで診療にあたっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 52 10.98 10.18 0.00 42.37
120140xxxxxxxx 流産 49 2.80 2.34 0.00 36.57
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 34 11.18 10.43 0.00 45.50
【解説】
 総合周産期母子医療センターとして、正常のお産から多胎(双子、三つ子など)や合併症のあるハイリスク妊娠管理まで広く取り扱っています。婦人科悪性腫瘍にも積極的に取り組んでいます。
婦人科では、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮脱などの良性疾患手術、悪性疾患(子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌)の治療、その他婦人科疾患などの診断・治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 23 2.17 3.38 0.00 17.74
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 17 3.12 3.54 0.00 73.65
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 8 3.00 7.99 0.00 65.13
【解説】
 白内障手術、斜視手術、眼瞼手術、緑内障手術、硝子体手術等広く行っているほか、当院新生児科の患者の未熟児網膜症の治療及び経過観察を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 8.26 8.20 0.00 12.68
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 27 6.70 5.53 0.00 35.96
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 7.26 7.76 0.00 58.70
【解説】
 慢性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症などに対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術、慢性中耳炎、真珠種性中耳炎に対する鼓室形成術、急性及び慢性扁桃疾患、喉頭疾患に対するLMS(顕微鏡下微細手術)などの手術を行っています。また成人、小児における睡眠時無呼吸症候群(SAS)にも積極的に取り組んでいます。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 9 71.22 18.08 0.00 69.00
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 112.17 15.80 0.00 72.00
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 5 77.40 28.70 0.00 77.40
【解説】
 当院では、回復期リハビリテーション病棟を有しており、内科、脳神経外科、整形外科からの依頼により急性期リハビリテーションを行っているほか、脳血管障害、リウマチ疾患、骨関節疾患神経疾患、切断、脊髄損傷の患者様などへ広くリハビリテーションを行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 7.05 8.97 0.00 70.61
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 10.44 11.97 0.00 61.63
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 5 38.20 31.95 40.00 83.60
【解説】 
 細菌、ウィルス感染症の急性期からアレルギー疾患、腫瘍、膠原病、褥瘡など幅広い疾患に対応しています。帯状疱疹、蜂窩織炎といった急性期感染症は予約を問わず受けているため入院加療を要する患者さんが多くなる傾向があります。また悪性、良性の皮膚腫瘍で大きいものについては入院手術を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 94 5.72 5.91 0.00 58.16
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 74 7.34 7.59 0.00 73.09
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 26 2.23 2.89 0.00 52.42
【解説】
 泌尿器がん、尿路結石、排尿障害、尿路性器感染症を中心とした泌尿器科疾患全般の診療を行っています。尿路結石除去術や膀胱悪性腫瘍手術を多く行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 12 11 11 15 28 1 6.7
大腸癌 12 31 29 38 31 163 1 6.7
乳癌 15 24 12 8 1 37 1 6.7
肺癌 1 1 7 21 16 29 1 6.7
肝癌 3 5 1 0 5 26 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに当院で、5大癌について病期分類された患者さんの入院数です。(同じ患者さんが2回入院した場合は、2人とカウントします。)
初発とは、当院で腫瘍の診断、初回治療を実施した実施した場合です。
再発とは、当院または他院で初回治療が完了した後、当院で患者様を診療した場合、治療癌寛解後に局所再発、再燃、新たな遠隔転移をきたした場合です。
【解説】
 当院では、大腸癌が最も多く、次いで乳癌、胃癌の順となっています。
いずれの癌でも最新の治療のガイドラインに則り、早期癌から進行癌、そして再発癌の患者さんへも標準的な正しい治療を行います。
特に胃癌、大腸癌では、積極的に腹腔鏡手術を取り入れ、さまざまな合併症をもつ高齢の患者さんでも腹腔鏡手術をすすめています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 30 7.90 44.83
重症度 1 38 15.32 76.58
重症度 2 30 22.93 81.30
重症度 3 16 20.31 83.81
重症度 4 3 39.00 86.00
重症度 5 1 4.00 92.00
不明 6 32.17 86.00
【定義】
 平成27年中に入院契機病名及びもっとも医療資源を投入した傷病名が「肺炎」「急性気管支肺炎」の患者様について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表しています。
【解説】
 当院の特徴として、高齢者の患者様が多いことから、平均年齢、重症度が高く、平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 10.18 73.00 7.69
その他 2 14.00 73.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 3.00 57.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 103 45.22 73.93 8.87
その他 21 40.86 73.00 0.81
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 8.00 75.00 0.00
その他 9 44.33 74.11 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 2 2.00 65.50 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 3 8.00 34.33 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 1.00 7.00 0.00
【定義】
 平成27年中に退院した脳梗塞の患者様の、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
発症日から3日以内とそれ以外で分けて記載しています。
【解説】
 当院の脳神経外科及び神経内科では脳梗塞の患者様が多いのが特徴です。高齢者の患者様が多いことから、平均年齢、平均在院日数も長くなり、転院率は低くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 111 2.32 1.69 1.80 72.17
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 18 2.50 25.94 16.67 80.83
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 16 6.31 4.44 12.50 67.63
リウマチ膠原病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 5 8.00 9.40 0.00 72.80
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 2 2.50 114.50 0.00 38.00
K300 鼓膜切開術 2 18.00 52.00 0.00 65.50
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 79 0.00 59.15 7.59 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 13 0.00 118.46 7.69 0.00
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的)等 7 0.14 3.00 0.00 1.00
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 95 0.65 3.61 0.00 33.89
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 66 1.94 2.98 0.00 57.76
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 2.83 4.73 0.00 58.63
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩)等 87 2.13 24.74 5.75 71.32
K0462 骨折観血的手術(前腕)等 61 2.77 17.34 6.56 56.87
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 58 2.53 31.41 32.76 75.66
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 22 0.50 6.55 0.00 56.82
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 15 0.67 2.73 0.00 45.33
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 13 0.31 1.85 0.00 41.00
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)等 23 0.48 11.70 4.35 74.22
K1781 脳血管内手術(1箇所) 5 6.40 7.80 0.00 61.80
K1742 水頭症手術(シャント手術) 4 5.00 13.75 0.00 47.00
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 44 1.68 9.14 0.00 50.18
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 43 1.91 5.00 0.00 34.51
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 39 1.62 8.92 0.00 43.31
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 557 0.41 0.90 0.00 74.99
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 17 0.00 2.12 0.00 73.65
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 13 0.38 1.69 0.00 67.38
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)等 30 1.30 6.13 0.00 15.70
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 15 1.00 5.53 0.00 58.47
K319 鼓室形成手術 8 1.38 6.38 0.00 62.75
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)等 3 2.00 79.67 0.00 84.00
K0811 人工骨頭挿入術(肩)等 2 4.00 64.50 0.00 67.50
K1781 脳血管内手術(1箇所) 2 46.00 66.50 0.00 73.50
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 4 0.25 6.75 0.00 78.00
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 2 0.00 1.00 0.00 46.50
K0131 分層植皮術(25cm2未満) 2 0.50 11.00 0.00 84.50
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 94 1.54 3.27 0.00 58.16
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 74 1.86 4.74 0.00 72.82
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 42 0.81 6.81 0.00 64.31
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 6 0.07
180010 敗血症 同一 22 0.27
異なる 19 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 0.33
異なる 5 0.06
更新履歴