平成29年度 都立大塚 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1216 176 359 549 629 736 1169 1704 1440 294
【定義】
平成29年度中に当院を退院した患者様の人数を、10歳刻みで集計しています。
【解説】
当院は、総合周産期母子医療センターがあることから、新生児科(NICU)及び小児科の患者様が多く、総合病院としては0歳から10歳までの比率が高くなっているのが特徴です。また、地域医療における連携体制の構築を行っており、慢性疾患を抱えた高齢者の比率も高くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 26.46 20.83 25.64 85.45
100380xxxxxxxx 体液量減少症 77 9.00 9.16 9.09 70.58
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 69 6.30 5.50 0.00 52.78
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)手術なし 59 2.98 3.02 0.00 77.88
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 3.76 3.03 1.72 70.40
【解説】
当院の診療基盤の中核として、質の高い「総合内科」診療を実践するとともに、専門的医療も提供しています。「体液量減少症」は、いわゆる脱水症状であり、「誤嚥性肺炎」とともに高齢者に多く見られます。「狭心症、慢性虚血性心疾患」は、心臓カテーテルの検査や治療となります。
他に消化器や腎臓の疾患等、幅広く対応しています。
リウマチ膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等22あり 30 25.83 23.43 3.33 73.17
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 27 23.52 17.16 0.00 56.93
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等26あり 18 2.11 2.90 0.00 63.00
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 8 46.00 19.65 0.00 65.38
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 8 35.00 12.34 12.50 77.13
【解説】
関節リウマチに加えて、感染症や治療薬の副作用で入院される患者様も多くなっております。
「全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患」には、全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群、皮膚筋炎等が含まれています。
整形外科やリハビリテーション科と連携して、患者様のニーズに応じた総合的なリウマチ医療を提供するとともに、全身自己免疫疾患による臓器障害には、各専門科が協力して診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 146 7.01 5.94 0.68 1.26
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 62 6.03 6.03 1.61 2.68
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 5.67 5.70 0.00 2.58
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 49 4.63 5.50 0.00 3.37
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 5.30 6.32 4.26 3.81
【解説】
当科は、地域の小児二次医療施設として、周辺の医療機関様より入院加療が必要な患者様をご紹介頂いております。
小児の場合、入院加療を要する疾患のほとんどが呼吸器および消化器感染症です。今年度の集計でも、診断群分類別入院患者数の上位4群は、いずれもこれら疾患群です。このほかに、気管支喘息発作や熱性痙攣の重積状態で入院する場合もあります。今年度の集計では、喘息発作群が5番目となっています。
当科の気管支炎群の平均在院日数は7.01日で、全国平均値5.94日よりも長くなっています。これは、当院は総合周産期母子医療センターであるため、通院されている重症心身障害児の患者様の数が多く、この方々が誤嚥性肺炎などの呼吸器感染症で入院された場合、合併症のない患者様に比し、退院までの日数が長くかかるためです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲腫瘍を伴わないもの等 85 5.09 5.56 0.00 34.18
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 38 8.16 7.01 0.00 31.61
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 7.23 8.98 2.86 68.94
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 34 5.94 6.64 0.00 59.32
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 31 5.39 4.88 0.00 74.97
【解説】
地域の総合診療基盤としての役割を果たすために、消化器外科・呼吸器外科・内分泌外科・乳腺外科・小児外科によって多岐にわたる治療を行っています。
腹腔鏡による急性虫垂炎、胆嚢疾患(胆嚢結石など)の手術の他、消化器系の悪性腫瘍の腹腔鏡手術も数多く行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 81 36.41 27.09 53.09 81.88
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 62 5.44 5.21 0.00 52.40
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 53 25.64 25.09 0.00 75.79
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死 股関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等 48 19.50 23.14 0.00 65.13
160700xx97xx0x 鎖骨骨折 肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 36 4.89 5.54 2.78 44.56
【解説】
股関節、膝関節といった関節疾患の治療が多く占めていますが、ほかにも外傷や脊椎疾患、関節リウマチなど幅広い分野に対する手術的治療や保存的治療を行っています。
手術後はリハビリ科と連携し、早期の社会復帰を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 26 5.15 5.80 0.00 53.04
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)その他の手術あり 手術・処置等1なし  26 3.69 4.86 0.00 45.08
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 13 6.54 3.29 0.00 72.08
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷含む)鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 6.08 5.60 0.00 46.23
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 10 3.00 6.45 0.00 33.10
【解説】
皮膚・軟部組織の良性腫瘍や、悪性腫瘍の外科的治療と欠損部の再建術を行っています。
また、眼瞼下垂、顔面外傷(骨折を含む)や先天性障害の治療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 12.18 9.68 11.76 78.12
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 30 20.03 16.38 16.67 67.90
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 22.78 19.10 52.17 63.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 9.43 7.34 9.52 48.43
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 4.45 6.32 9.09 51.64
【解説】
外傷性の頭蓋内疾患が多くを占め、他に脳血管障害の治療が多く行われています。当院の重点医療である母子医療に基づき、新生児・小児の脳神経外科疾患が多く見られるのが特徴です。新生児科、小児科、小児外科、形成外科と協力して診療を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 59 2.85 2.43 0.00 34.39
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 10.47 9.91 0.00 44.15
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む)腹腔鏡によるもの等 37 6.89 6.37 0.00 37.08
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 36 6.36 6.28 0.00 39.86
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む)開腹によるもの等 30 10.90 10.27 0.00 47.13
【解説】
総合周産期母子医療センターの産科部門として、妊娠・分娩の管理を行うだけでなく、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症など良性疾患の治療や、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など悪性腫瘍の治療も数多く行っています。
特に良性疾患では、低侵襲で美容性の高い内視鏡手術を推進しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く)手術あり 24 2.21 3.28 0.00 24.71
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 20 2.40 3.29 0.00 78.45
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 7 1.86 2.85 0.00 73.00
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 5 2.20 7.31 0.00 71.60
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 4 4.00 7.38 0.00 74.75
【解説】
白内障手術、眼瞼手術、斜視手術、硝子体手術、緑内障手術を多く行っています。(当院で最も多い手術は白内障手術となりますが、「短期滞在手術基本料」を算定していたため集計対象外となります。)
術後の眼内炎発生率は0%です。他に、新生児の未熟児網膜症の治療および経過観察も行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 36 8.17 8.01 0.00 17.94
030240xx99xxxx 扁桃周囲腫瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 23 5.57 5.48 0.00 29.87
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 21 7.86 7.23 0.00 57.86
030428xxxxxxxx 突発性難聴 20 7.60 9.18 0.00 55.00
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 11 9.27 9.45 0.00 50.82
【解説】
急性、慢性の扁桃感染症の治療(手術も含む)、慢性副鼻腔炎(内視鏡手術)、突発性難聴、顔面神経麻痺などの治療に幅広く対応しています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 8 62.75 16.38 0.00 76.13
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 2 98.00 19.10 50.00 64.50
010060x2990411 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病1あり 2 87.00 18.34 0.00 82.00
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)頸部脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(他椎間または多椎弓の場合を含む) 2 161.00 22.08 0.00 82.00
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 2 46.50 9.68 0.00 70.50
【解説】
脳血管障害に対するリハビリ治療を最も多く行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 31 7.68 8.95 0.00 71.74
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 21 15.48 11.73 9.52 68.62
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 3 9.00 17.95 0.00 41.00
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 3 3.67 6.57 0.00 46.00
080090xxxxxxxx 紅斑症 3 7.00 10.37 0.00 42.67
【解説】
帯状疱疹の治療が最も多く、蜂窩織炎や丹毒といった「急性膿皮症」の治療も多く行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 141 5.85 5.75 0.71 61.19
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 63 6.92 7.31 0.00 73.65
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 29 11.17 11.31 0.00 70.52
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 26 3.65 7.20 0.00 51.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 7.63 12.34 0.00 71.05
【解説】
当院の泌尿器科の特徴は、尿路結石センターとして、腎結石・尿管結石に対する内視鏡手術を数多く行っています。
また、難治症例を診療圏外からも多く受け入れています。
膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症の治療も積極的に行っています。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出生体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 8.47 6.18 2.22 0.18
140010x199x2xx 妊娠期間短縮、低出生体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等22あり 1 30.00 17.25 0.00 0.00
140010x499x2xx 妊娠期間短縮、低出生体重に関連する障害(出生時体重1000g未満)手術なし 手術・処置等22あり 1 90.00 54.38 0.00 0.00
【解説】
総合周産期母子医療センターの新生児部門を担当しています。
早産児や新生児黄疸などの新生児疾患で「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害」による入院が多くを占めています。
他に重症例や救急搬送例も多く受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 3 8 24 12 30 1 6,7
大腸癌 14 33 35 28 23 164 1 6,7
乳癌 20 20 4 2 2 31 1 7
肺癌 5 0 7 2 2 13 1 6,7
肝癌 4 6 2 3 2 10 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【定義】
平成29年中に5大癌について、病期分類された患者様の人数を集計しています。
「初発」とは、当院で腫瘍の診断、初回治療を実施した場合、「再発」とは、当院または他院で初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
「初発」は、ステージⅠが最も早期でステージ数が増えるにつれて進行していることを表しています。
【解説】
当院では「初発」は胃癌、「再発」は大腸癌が最も多くなっています。
いずれも最新の治療のガイドラインに則り、早期癌から進行癌、そして再発癌の患者様へ標準的な正しい治療を行っています。
特に、胃癌、大腸癌では積極的に腹腔鏡手術を取り入れています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 7.92 45.77
中等症 79 23.94 80.05
重症 27 24.67 83.78
超重症 9 24.78 87.67
不明 0 0.00 0.00
【定義】
市中肺炎とは、通常の社会生活を送っていて発症する肺炎です。
A-DROPスコアという重症度分類を用いて、20歳以上の患者様を対象に4段階に分けて集計しています。
A-DROPスコア:①A(Age)年齢 ②D(Dehydration)脱水 ③R(Respiration)呼吸 ④O(Orientation)意識障害 ⑤P(Pressure)収縮期の血圧
【解説】
中等症の患者数が最も多く、全体の6割以上を占めます。
重症度と患者様の平均年齢が比例しています。また、重症になるほど平均年齢が高くなる傾向となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 127 36.99 73.24 28.26
その他 11 50.45 71.18 1.45
【定義】
発症時期を「3日以内」と「その他」にわけ、それぞれの「患者数」「平均在院日数」「平均年齢」「転院率」を集計しています。
【解説】
当院は、発症から3日以内の急性期脳梗塞の患者様が多いことが特徴です。
超急性期のt-PA製剤投与、血栓回収から慢性期の脳血管再建手術まで幅広く行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2㎝未満) 130 1.97 1.96 1.54 71.44
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 28 2.68 7.07 3.57 70.11
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 23 2.00 3.30 4.35 69.57
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 23 5.87 4.96 0.00 70.09
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20 0.45 5.40 0.00 74.75
【解説】
内視鏡的手術が多くを占めています。高齢の患者様が多いことから「内視鏡的大腸ポリープ切除術」は、外来ではなく多くの場合予定入院としています。
消化器の他にも、循環器や腎臓など各専門医による手術が数多く行われています。
小児科・新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 39 0.00 50.28 0.00 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 7 0.00 182.29 0.00 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 2 0.00 1.50 0.00 1.00
K1742 水頭症手術(シャント手術) 1 322.00 362.00 0.00 1.00
【解説】
新生児科では、早産等による低出生体重児に対する蘇生術を最も多く行っています。
小児科では手術は行いませんが、年に数件それに近い処置を行うことがあります。その代表例が「腸重積症整復」です。
腸重積というのは、腸管が何らかの原因で翻転してその内腔内に陥入してしまう怖い病気です。主として腸炎をおこしている乳幼児に時々みられます。間欠的な激しいお腹の痛みと血便が典型的な症状です。小児科では、このような症状の患者様のお尻からX線に写りやすい薬を混ぜた水を注入し、腸管が陥入していることを確認すると同時に、水圧で陥入した腸管を元通りに戻します。しかし、腸管が陥入してから相当な時間が経過しており、腸が既に破れている、あるいは水圧をかけると破れる可能性がある場合にはこのような処置は行わずに、外科の先生に手術をお願いすることになります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 106 1.86 2.71 0.00 64.38
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲腫瘍を伴わないもの) 84 0.60 3.26 0.00 33.52
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 69 2.36 4.55 1.45 60.65
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2㎝未満) 34 4.15 11.26 2.94 71.76
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 0.71 1.19 0.00 13.55
【解説】
胆嚢炎や胆嚢結石症などの胆嚢摘出術や、急性疾患の虫垂炎やヘルニアに対する手術は、ほぼ全例腹腔鏡にて行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 116 2.06 21.75 0.00 70.53
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 93 1.66 22.82 31.18 72.74
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 85 2.04 12.96 3.53 56.60
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 57 0.49 2.51 0.00 51.35
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他) 30 1.83 7.70 3.33 49.77
【解説】
人工関節置換術の症例が最も多く、関節疾患や関節リウマチに対する手術を専門的に行っています。
また、脊椎疾患や四肢全般の外傷患者の手術も多く行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 23 0.83 3.04 0.00 52.70
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上4㎝未満) 11 0.09 1.27 0.00 39.09
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 10 0.10 5.60 0.00 73.20
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 9 0.33 1.56 0.00 45.44
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径3㎝以上6㎝未満) 9 0.78 2.78 0.00 56.33
【解説】
皮膚・軟部など良性腫瘍の摘出術が多く行われていますが、口唇裂や耳介、四肢の変形といった先天異常の修正術など、形成外科領域全般にわたり幅広く診療を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 34 0.65 11.15 11.76 76.15
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 4 1.75 43.00 100.00 64.50
K1742 水頭症手術(シャント手術) 4 5.00 24.00 25.00 57.25
K1781 脳血管内手術(1箇所) 4 2.00 25.50 50.00 71.25
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 3 0.67 27.33 33.33 66.67
【解説】
慢性硬膜下血腫は、麻痺などの症状が出てすぐに手術する症例が多く、救急入院が多くみられます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮付属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 47 1.23 4.74 0.00 36.17
K877 子宮全摘術 42 1.57 8.36 0.00 48.17
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 42 0.83 1.07 0.00 34.98
K867 子宮頸部(膣部)切除術 35 1.00 1.17 0.00 39.37
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 32 1.19 1.09 0.00 40.97
【解説】
子宮筋腫や子宮内膜症など良性疾患に対する手術だけでなく、子宮頸癌や子宮体癌といった悪性疾患の手術治療も積極的に行っています。
また、良性疾患は適応にもよりますが、子宮鏡、腹腔鏡等の低侵襲手術を行っており、比較的短期間での入院治療が可能となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 541 0.25 1.05 0.00 75.34
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 22 0.00 1.36 0.00 67.95
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 13 0.15 1.00 0.00 27.69
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 11 0.00 1.91 0.00 71.18
K2422 斜視手術(後転法) 8 0.25 1.00 0.00 19.00
【解説】
白内障の手術である「水晶体再建術」が最も多く行われています。患者さんの希望や状態により、片眼の場合は日帰り~2泊3日、両眼の場合は3泊4日~4泊5日となります。
他に眼瞼下垂、斜視手術は1泊2日の入院となります。
小児の全身麻酔下での手術も行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 27 1.00 6.15 0.00 27.70
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1.15 6.00 0.00 53.54
K370 アデノイド切除術 13 1.08 6.08 0.00 5.54
K368 扁桃周囲腫瘍切開術 6 2.00 3.50 0.00 39.50
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 5 0.80 5.20 0.00 71.00
【解説】
慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、歯性上顎洞炎などに対して低侵襲性の「内視鏡下鼻・副鼻腔手術」を行っています。
小児の睡眠時無呼吸症候群では、口蓋扁桃肥大やアデノイド肥大による閉塞性無呼吸が主因になっており、反復性の慢性扁桃炎、閉塞性無呼吸症候群に対して口蓋扁桃手術を行っています。
※「口蓋扁桃手術」と「アデノイド切除術」といったように、一度の入院で複数の手術を行った場合は、どちらか一方でカウントしています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上12㎝未満) 1 0.00 1.00 0.00 72.00
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 0.00 1.00 0.00 80.00
K0911 陥入爪手術(簡単) 1 0.00 5.00 0.00 43.00
【解説】
悪性、良性の皮膚腫瘍で大きなものについては、入院手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 141 1.18 3.54 0.71 60.99
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 64 1.34 4.53 0.00 73.55
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 43 0.79 4.98 2.33 57.53
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 18 0.00 1.00 0.00 54.22
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 17 0.82 21.18 17.65 67.24
【解説】
尿路結石に対する治療として、レーザーを用いた経尿道的内視鏡手術、経皮的内視鏡手術、さらに対外衝撃波による破砕術を行っています。
膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症の手術に加えて、腎盂・尿管癌に対する治療も積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 4 0.05
180010 敗血症 同一 21 0.25
異なる 16 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.34
異なる 1 0.01
【定義】
「同一」は、ある病気の診療目的で入院しその病気の治療を行った場合を表し、「異なる」は、ある病気の診療目的で入院したが、入院時から併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症し、その治療が主となった場合を表します。
【解説】
敗血症は、感染症をきっかけに病原菌が多量に血液の中に入り込むことで起こる重篤な全身の感染症です。
入院当初から重篤な患者様や、何かしらの原因をきっかけに敗血症ショックを発症するケースがみられます。
手術・処置等の合併症は、手術後すぐに起こる合併症とは限らず、透析シャント狭窄等時間の経過とともにおこる疾患や、関節、体内挿入物の弛み等も含まれます。
更新履歴