ページの先頭です
ここから本文です

病院長あいさつ

院長 富山順治

院長 富山順治

院長 富山順治

大塚病院の前身は、関東大震災帝都復興事業の一環として、昭和4年に開設された「東京市立大塚病院」です。昭和55年に改築のため一時閉院され、昭和62年に「『新』大塚病院」となり、高度専門医療を提供する都立の総合病院として再出発しました。その後、時代の要請と共に変化しつつ、東京都の行政医療の一端を担う病院として発展してきました。

当院の最重点医療は、総合周産期母子医療・小児医療です。当院では、ハイリスク妊娠に対する医療や、NICU(新生児集中治療室)、GCU(中等症・回復期治療室)における新生児への高度な医療を提供しており、出生時体重1,000g未満の超低出生体重児の入院診療数や、母体搬送件数は、都内でも有数の実績があります。 地域の産婦人科医と連携して、「産婦人科地域医療連携システム(大塚モデル)」というセミオープンシステムを展開し、通常分娩は地元で、ハイリスク分娩は大塚病院でという役割分担が有効に機能し、連携協力医も増加しています。

小児医療では、二次救急までの小児救急患者に対応し、ここでも地域の小児科医が参加する、平日準夜間小児初期救急診療事業を展開し、地域との連携を密にしています。児童精神科医療は東京23区をカバーし、その他、小児外科や、重症心身障害児医療等、さまざまな病状の患者さんに対応しています。

こうした医療の推進には、総合診療基盤としての内科、外科をはじめとする各診療科の充実が重要です。当院は総合病院として各科専門分野を充実させ、各種がん専門医を配し、癌の診断・治療から緩和ケアまで、安心してがん医療を受けられる体制を整えています。また、リウマチ膠原病をはじめとする難病医療にも取り組んでいます。整形外科の「関節疾患治療センター」や泌尿器科の「尿路結石センター」では広く都内から多くの患者さんが受診いただいています。各科専門外来を充実させ(専門外来一覧をご覧ください)、外来抗がん剤・生物製剤治療、外来手術、日帰り手術等にも力を入れています。
二次救急医療機関として、「断らない救急」を実践し、休日夜間緊急手術や脳卒中救急にも力を入れています。地域医療機関から、各診療科医師へ直接電話が繋がる、緊急診療依頼直通電話(ゴールド電話)も活用し、救急車受入件数も年々伸びています。また、「女性と子どもに優しい病院」として、特に女性医療に力を入れ、女性専用外来をはじめ、女性外科外来や母性内科外来といった、各科が女性のライフステージに応じた医療が受けられる体制を整え、これからも東京都の女性医療の拠点となるべく、様々な施策を展開して行くつもりです。
当院は開設依頼、地域医療機関との連携を基本方針として運営しています。地域医療機関と連携した「在宅復帰支援システム・大塚医療ネットワーク」ではICTを活用した患者情報共有を図り、今後とも地域包括ケアシステムに貢献して行きます。
また、地元の豊島区唯一の災害拠点病院として、豊島区との合同防災訓練や、区西北部保健医療圏の合同防災訓練を通して、地域の災害対策に貢献して行きます。

当院は築30年以上が経過し、老朽化は否めず、療養環境の改善も必要で、2017年度から、病院運営を継続しながらの大規模改修工事を行っております。2022年度までの長い工事期間ですが、その間、当院の医療機能を保ちながら地域の皆様、医療機関と協力して安心安全な工事を心がけてまいりますので、皆様のご理解とご支援を宜しくお願い致します。

私ども職員一同、「いつでも誰にでも、安全で良質な医療を提供し、都民に信頼される患者中心の医療」を実践し、皆様のご期待に応えられるよう心がけています。当院は総合病院の強みを生かし、地域医療機関と密接に連携し、地元の患者さんは地元で診るという「地域完結型医療」を目指しておりますので、引き続き大塚病院を宜しくお願い致します。

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489ゴヨヤク
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る