ページの先頭です
予約専用電話
03-3941-5489

受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分

ここからメインメニューです
ここから本文です

病院長あいさつ

院長 瀧川逸朗

院長 江川直人

院長 瀧川逸朗

大塚病院の前身は、関東大震災帝都復興事業の一環として昭和4年に開設された「東京市立大塚病院」です。昭和55年に改築のため一時閉院され、昭和62年に「『新』都立大塚病院」となり、高度専門医療を提供する都立の総合病院として再出発しました。その後、時代の要請と共に変化しつつ都の行政医療の一端を担う病院として発展してきました。

当院の最重点医療は総合周産期母子医療・小児医療です。近年の少子化は、社会的な問題だけではなく、晩婚化によるハイリスク妊娠や低出生体重児の増加など医療の現場にも大きな影響を与えています。これに反して、小児科や産婦人科の病院数は減少しており、当院の果たすべき役割はますます大きくなっています。当院では、ハイリスク妊娠に対する医療やNICU(新生児集中治療管理室)、GCU(中等症・回復期治療室)における新生児への高度な医療を提供しており、出生体重1,000g未満の超低出生体重児の入院診療数は、都内でも有数の実績を誇ります。小児医療でも、精神医療を含め各種専門外来を設け、さまざまな病状の患者さんに対応しています。

また、リウマチ・膠原病系難病診療とがん医療にも重点的に取り組み、高い評価を受けています。

こうした医療の推進には、総合診療基盤としての内科、外科を始めとする各診療科の力が大きく、救急医療の提供はもちろん、各科では症状や病態に応じて適切な診断、治療を提供できるようさまざまな専門外来も開設しています(専門外来一覧をご参照ください)。

一方、心身障害児、高齢者の在宅医療も最近のキーワードであり、地域医療機関との緊密な連携が一層重要となってきました。当院は、開設当初から地域医療連携を基本方針としてきましたが、今後も時代のニーズに応えるよう推進に努めてまいります。

私ども職員一同、「いつでも誰にでも、安全で良質な医療を提供し、都民に信頼される患者中心の医療」を実践し、皆様のご期待に応えられるよう心がけています。地域の皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

代表電話
03-3941-3211
予約専用
03-3941-5489
予約電話受付時間
平日9時から17時 土曜日9時から12時30分
日曜祝日と12月29日から1月3日はお休みです
大塚病院公式キャラクター アクセスマップ
PCサイトへ
スマホサイトへ
このページのトップへ
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る