産婦人科コース
産婦人科コース  産婦人科コース
産婦人科コース

経尿道的前立腺切除術(TUR-P)について

 

【手術の目的

尿道から内視鏡を入れて、肥大した前立腺組織を切除し、尿道の閉塞を解除する手術です。当施設ではバイポーラー式電気メスを使って切除しています。

 

【手術方法と術後経過】

     麻酔薬を背中から注入する下半身麻酔(脊椎麻酔または硬膜外麻酔)もしくは全身麻酔で手術を行います。

     足を開いた体位をとって陰部を消毒したのち、尿道から内視鏡をいれて前立腺を切除(剥離・核出)します。生理食塩水を膀胱内に灌流しながらモニター画面を見て操作します。終了時に尿道にカテーテルを留置します。手術時間は1〜2時間半程度です。前立腺の大きさによって異なります。

     手術当日は禁食となりますので、朝から点滴を開始します。当日は抗生剤の点滴投与も行います。点滴は手術翌日に終了する予定です。

     手術後は翌朝までベッド上安静となります。翌朝から食事・歩行を再開します。尿道のカテーテルは、血尿の程度をみて抜去します。たいてい手術の翌々日以降に抜去します。通常、尿の出方や血尿の具合を数日確認して退院となります。

図
 【合併症について

手術中

出血: 通常輸血を要することは少ないですが、とても大きな前立腺や重度の貧血がある場合は輸血を必要とすることがあります。

前立腺被膜の穿孔: 手術では「腺腫」と呼ばれる内側の組織を切除し、その外側の「被膜」と呼ばれる組織を残すように切除しますが、ときに被膜まで切除が及ぶことがあります。小さな穴であれば問題ありませんが、程度によっては手術をいったん終了し、改めて再手術したほうが良い場合もあります。

膀胱壁の損傷: 膀胱の出口付近を切除する際や、切除した前立腺組織を膀胱内から細切器を用いて回収する際などに、膀胱壁を損傷する可能性があります。注意して手術操作していますが、このような場合には開腹手術で膀胱壁を修復したり、排液するためのチューブを腹部に挿入することがあります。

手術後

血尿: 手術後の血尿はすべての方にみられます。程度が強い場合は輸血や再手術が必要になる場合もあります。

尿道カテーテル留置に伴う痛み・いきみ感: 手術後は止血するために、数日間尿道にカテーテルを留置しておきます。痛みやいきみ感が強いときは鎮痛剤の坐薬などを使います。

感染: 予防的に抗生剤を投与しますが、まれに高熱や陰嚢内容の痛み・腫脹(前立腺炎、精巣上体炎)などを生じることがあります。その場合は抗生剤の点滴や内服を追加します。

排尿障害: 手術後に尿道カテーテルを抜去すると、尿漏れや排尿時痛などかえって排尿しづらくなることがあります。多くの方は自然に軽快しますが、長引く場合にはお薬や再手術をご提案させていただくことがあります。

頭痛、下肢の違和感: 麻酔の影響で起こることがあります。多くの方は自然に軽快します。

深部静脈血栓症(肺塞栓症): 手術中もしくは手術後の臥床中に足の血管内で血液の固まり(血栓)ができて、手術後に離床した時にそれが肺へ飛んで肺の血管を詰まらせる病気です。万が一、血栓症が発症した場合、抗凝固薬(血栓形成を抑制する)や血栓溶解薬(血栓を積極的に溶かす)を投与するとともに、1週間程度安静にする必要があります。程度によっては命に関わることもありますので、弾性ストッキングとフットポンプを両足に装着して予防します。

 

このほかにも手術に際してあなたの場合は下記のようなご病気があるために、ご病気のない方に比べて危険(リスク)を伴います。

あなたのほかの病気:

 

万全の注意を払って手術を行いますが、実際の手術には上記以外の予想し得ない合併症がおきることがあり得ます。万が一そのような合併症がおきた場合には、迅速に適切な対応をとらせていただきます。

 

【退院後の生活について】

     切除した部位の粘膜が修復されるまで、しばらくは血尿になります。血液の固まりで尿道が詰まってしまうことを予防するためにも、次回外来まで飲水量を通常よりも多めにお願いします。過度に排尿を我慢して膀胱を緊満させることは控えてください。逆に排尿回数を極端に増やす必要もありませんので、尿意に従って排尿してください。

     次回外来まで飲酒は控えてください。アルコールは血管を拡張する作用がありますので、再出血を助長する危険があります。

     自転車やバイクの乗車も、次回外来まではできるだけ控えてください。サドルがぶつかることによって、機械的に前立腺の出血を助長する危険があります。

     入浴は可能ですが、長時間の入浴は前立腺の出血を助長する危険がありますので控えてください。激しい運動や強く息張る行為もしばらく控えてください。

 

【手術後の予定】

採取した前立腺組織は病理検査に提出します。ホルマリンで固定した後、薄くスライスして染色し、がん細胞の有無などを顕微鏡で検索します。(まれに前立腺がん組織が見つかる場合があります。)病理検査の結果は1週間程度かかります。退院前もしくは次回の外来で担当医よりご説明します。術後の排尿状態や病理結果をふまえて、追加の治療や今後の通院スケジュールをご提案させていただきます。

 

BACK
大塚病院泌尿器科HPへ