サマーセミナー2016

7月23日(土)に都立松沢病院サマーセミナー2016を開催しました。

 

松沢病院長講演「松沢病院が求める職員像」(動画)はこちら

ジュニアレジデント講演「初期臨床研修内容の紹介」(動画)はこちら

 

松沢病院では、毎年、医学生を対象としたサマーセミナーを開催しています。今年は、7月23日(土)に開催し、総勢34名の参加がありました。

当日は、齋藤院長をはじめとする各診療科の医師による講演、院内見学ツアー及び臨床研修制度の紹介を行いました。講演では、当院が求める職員像、松沢病院の医療の特色のほか、精神科医療、身体合併症の治療や認知症疾患センターの機能などについて紹介を行いました。また、東京都医学総合研究所の研究員に来ていただいて、最先端の精神医学研究の紹介も行い、参加者は熱心に耳を傾けていました。

さらに、お昼には、参加者と当院の幹部・レジデントが一堂に会して食事をとり、当院職員と直接交流できる機会を設けました。講演の中で質問できなかったことや、大学の講義などでは聞けないことをざっくばらんに話し、大いに盛り上がりました。

今後も、サマーセミナーを通じて松沢病院のPRを積極的に行っていくとともに、当セミナーが、参加者及び当院にとって有意義なものであり続けるよう、職員一丸となって取り組んでまいります。