診療のご案内

入院の種類

入院には、精神保健福祉法に基づき、「任意入院」、「医療保護入院」、「応急入院」、「措置入院」、「緊急措置入院」といった種類があります。

入院の種類

種類 内容
任意入院 当院の医師が治療のために必要と診断した場合に、ご本人の同意のもとに行っていただく入院です。ただし、72時間に限り、精神保健指定医の判断により退院を制限することがあります。
医療保護入院 患者さんご本人の同意がなくても、精神保健指定医が入院の必要性を認め、患者さんのご家族等のうちいずれかの方が入院に同意したときの入院です。精神保健福祉法に基づく家族等とは、次のような方です。(優先順位はありません。)

  • 配偶者
  • 父母(患者さんが未成年の場合:両親が望ましい)
  • 祖父母、子、孫、兄弟姉妹
  • 後見人又は保佐人、家庭裁判所が選任した扶養義務者

また、患者さんに上記の家族等がいない場合または家族等の全員が意思を表示することができない場合で、精神保健指定医が入院の必要性を認めたときは、患者さんの居住地の市区町村長の同意により医療保護入院となることがあります。

応急入院 患者さんご本人または保護者・扶養義務者の同意がなくても、精神保健指定医が緊急の入院が必要と認めたとき72時間を限度として行われる入院です。
措置入院 自傷他害のおそれがある場合で、知事の診察命令による2人以上の精神保健指定医の診察の結果が一致して入院が必要と認められた場合、知事の決定によって行われる入院です。
緊急措置入院 自傷他害のおそれがある場合で、正規の措置入院の手続きがとれず、しかも急速を要する場合、精神保健指定医1人の診察の結果に基づき知事の決定によって72時間を限度として行われる入院です。

詳しくは、担当医師にお尋ねください。